保育園の健診

昨日は「すぎなみ」の神尾と二人で、歩いて保育園に出かけました。この季節はハナやセキが出ている子供が多いのですが、みんな風邪症状もほとんどなく元気。安心しました。局地的には多彩な病気が流行していますが、私が担当している保育園は問題なさそうです。行き返りに神尾とゆっくり話が出来ました。代診の山角からは、溶連菌の報告を受けました。
小学校でインフルエンザA型、B型が少し広がりを見せているのが気がかりですが。29日の土曜日は、10時までの診療となります。早めの来院をお願いします。

連休前は忙しい?

昨日は少し待ち時間が長くなって申し訳ありませんでした。小学校でインフルエンザがパラパラ。A型もB型もあります。ロタやヒトメタニューモウイルス感染も少し。ハナとセキのいわゆる普通の風邪が多くなっています。今週は少しバタバタしそうです。
明日は8時45分から10時半まで、保育園の健診のため不在となります(保育園との打ち合わせがあるため、11時まで不在になる可能性があり)。山角が私の代診となります。宜しくお願いします。
今週の土曜日は祝日ですが、10時まで診療します。病気の流行が始まっていますが、連休は元気に過ごしてほしいものです。

26日は保育園の健診(8時45分から10時30分まで不在)

26日(水曜日)は保育園の健診のため、8時45分から10時30分頃まで不在となります。私の代診は山角が行います。副院長は診療で、私と「すぎなみ」の神尾が健診に出かけます。水曜日は「すぎなみ」が休診日のため、神尾が私の助っ人に。保育園の健診は、食事と昼寝の時間を避けたいので、どうしても午前中になります。私が忙しい時には、水曜日に神尾がカバーすることが多くなります。26日はご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。
保育園の園医は私や神尾、山角で5つ、小学校1つという状況。さらに増える可能性があり、保健センターの出務も重なって、私の苦手な仕事が増えてきました。この時代の流れでは、やむを得ないと思っていますが、神尾と山角が分担してくれるので、本当に助かっています。私は病気を診るのは大好きなのですが、健診は気が乗らない性格なもので。
ついでにゴールデンウィークの予定ですが。来週の後半に、病気の流行がピークになるのでしょう。ロタとインフルエンザは避けたいところですが。
29日(土曜日、昭和の日):7時半から10時まで診療します。
5月4日(木曜日、緑の日):7時半から11時まで診療します。

ロタウイルス感染の流行

2月頃からロタウイルス感染の小流行があると、このブログで書いた。0歳から3歳に多いロタが、今年は小学生を中心に流行している。新学期早々に学級閉鎖になっ学校もあるようだ。新生児期のロタワクチンの効果かもしれないが、発症の高年齢化は明らかだ。といっても、ロタワクチンの効果も限定的で、ワクチンを飲んでもかかっている子も多い。2度かかった子も。印象としては、ロタリックス、ロタテックで、予防効果に大きな差はなさそう。とにかく、小学生のロタには注意が必要だ。症状は重い。
今夜は医師会で熱性けいれんの講演があった。熱性けいれんは遺伝的な疾患で、日本人には特に多く、7-10%の乳幼児が熱性けいれんを経験している。抗ヒスタミン剤を使っていると痙攣の時間が長くなる?「解熱剤を使うと痙攣が起きやすい」はウソ?抗痙攣剤は予防的に使う必要はない?いずれにしてもエビデンスに乏しく、頻度の高い疾患であるにもかかわらず、科学的根拠がないという、これは居眠りをしていた、私のいい加減な感想である。
10時に家に帰って、家内と松沢病院を一周。白のハナミズキがきれいに咲いていた。もう初夏である。

結婚記念日雑感(ここからは運次第)

私事で恐縮ですが、4月20日は結婚記念日。結婚して37年が経過したことに。一緒に過ごす時間が長いので、通常の結婚生活の2倍以上は一緒に過ごしてきたのではないでしょうか?「まあ、よく飽きもせず」と笑っていますが。
娘たちは独立し、孫4名(ハルは1年生ですから)。そして、今年は義父が旅立ち、いよいよわれわれ夫婦に順番がまわってきました。年齢的には健康面が最も大きな問題となります。あと何年、二人で健康に生活できるか?目標はないのですが、目標は語呂の良い50周年というところでしょうか。ここからは運次第、神のみぞ知るですね。
人生の残りの時間をどのように使うかは、家内と話題となります。子供が独立して、定年になった夫婦は、おそらく違った過ごし方をするはず。属するコミュニティーが違ってくるので、距離を置いた生活がベストでしょう。ところが、我が家はコニュニティーがかなり近いため、何だかお互いの依存度が高い。ここが我々の弱点かもしれません。
「37年だね」「これからも宜しくね」という会話に。「私をみとってね」というのが家内の口癖ですが、長寿の家系出身の家内に付き合う体力はありませんね。「認知症は嫌だね」という常識的な(?)会話もあります。認知症は栄養と刺激、運動が関係していると、勝手に信じていますので、二人で栄養を取っていますが、その結果が体重増加。すると、足腰に負担がくる?
スローライフを楽しみたいと思っているのですが、なかなか思うようにはいきません。それが人生だと、半ばあきらめ気味。残りの人生を、家内と一緒に楽しく生きるのが願いです。