百条委員会

インフルエンザは先週は73名で、本当に少なくなった。ほぼ流行は終了といったところか。アレルギー検査が多く、この1か月半は診断書を書く作業に追われることになるのだろう。ワクチンの不足もほぼ解決し、問題なく接種ができている。MRワクチンの不足も解消されたが、入手できるワクチンの有効期限が短い?という印象を受ける。出荷制限減がかかっていた影響ではないのか?問題なく、有効期限内に消費(?)できる予定だが。
今日は急病センターの出務が入っていたが、私は用事があり次女の神尾に代行を頼んだ。「点滴あり」との連絡を受けたが、嘔吐で点滴が必要という症例も、先週は数例あった。立川で集団食中毒の騒ぎもあったが、「良く加熱する」「生肉に触らせない」ことが基本。
東京都の百条委員会が開催されるかも?そこまで行くのは珍しいことだが、早く移転問題を決着するには、百条委員会の踏み絵は必要だろう。立ち往生している多くの関係者にとって、時間の無駄であり、税金の無駄でもある。経緯を明らかにして、一歩でも前に進めるといいのだが。

春一番が吹く?

今日は暖かく、春一番が吹くかもしれませんね。朝起きると洗濯物をそとに干すのですが、今日からは中止。私にとっても憂鬱な季節です。昔、アレグラというタイトルでブログを書いたのですが、花粉症治療薬でお馴染みのアレグラは、医療機関で処方される薬の名前というよりは、薬局で買う薬の名前になってしまいました。ジェネリックの普及によって、フェキソフェナジンという名前が、一般的な名前として通用するようになりました。これも時代の流れでしょう。
花粉症の薬は季節限定。高血圧や糖尿病の薬とは違って、ジェネリックでいいという方が多いので、私はできる限りジェネリックを推奨しています。自己負担が少ないし、医療費の抑制にもなります。ジェネリックのない薬もありますが。私は既に治療を始めています。
朝は家内と朝食を作って、一緒に食べます。今の季節は柑橘類が中心。4種類ぐらいは食べるでしょうか。定番のバナナ、リンゴ、キウイがそれに加わります。今日は納豆とヤキイモも加わりました。花粉症以外は、とても良い季節だと思うのですが。

流行している病気

診療は全く忙しくはないのですが、雑用に追われる毎日で、ゆっくりする時間がありませんね。家内と散歩する時間がないのが、いささか困るのですが。年齢的にはゆっくりした生活を送りたいのですが、どうも性格に合わないようで、ますます色々な仕事が溜まってきます。
病気の流行はほとんどありませんが、トップはインフルエンザでA型が主流です。次いで胃腸炎、溶連菌感染と続きます。わずかですがロタ、アデノ、ヒトメタニューモウイルス感染が見られます。静かな2月というところでしょうか?
何度も書きますが、MRワクチンの2期をお忘れなく。

アレルギー検査をお早めに

予想に反して(幸いにというべきか)、連休明けの月曜日の診療は静かに終わりました。インフルエンザも少なくなって、アレルギーが中心の診療に移行いています。先日、雪が降って花粉は飛ばないと思って、景信山から高尾山まで歩いた時に、途中でくしゃみが出始めて、慌てて薬を飲みました。スギ花粉の上に雪が積もっていましたが。
待ち時間はほとんどありません。予防接種がお薦めです。花粉症の季節は身体が重く感じられるので、仕事の負担が少ないのは助かります。

明日は少し忙しいかも?

土日の連休は本当に久しぶり。いくら病気が少ないといっても、明日はさすがに少しバタバタするだろう。待ち時間が少し長くなる可能性はあるかも?
友人の母上が他界したとの知らせを受けた。明日の葬儀には出席できないので、夕方から車で通夜祭に出かけた。通夜祭と呼ぶだけあって、とても盛大なお通夜であった。8時過ぎに帰宅したところ。年齢から考えると大往生と言えるだろう。友人家族に挨拶できて、家内も私も何だかほっとした感じ。今年になって喪服を着るのは2度目。
今日は早く寝て、明日に備えよう。明日はギアを1つアップしての仕事になる予定だ。