年末のお知らせ

今月の23日(金曜日、天皇誕生日)、24日(土曜日)、25日は飛び石連休です。先の話で申し訳ないのですが、まず、飛び石連休の予定を。
23日(金曜日):7時30分から11時まで診療(受付終了11時)。予防接種と健診は不可。
24日(土曜日):通常通り11日30分まで受け付け。
25日(日曜日):7時30分から11時まで診療。予防接種と健診は不可。
12月29日以後の予定は後日に。年末年始の予定を記載したパンフレットは、受付に置いてあります。
飛び石の谷間の土曜日はきつそうですね。少し分散できると、精神的にも肉体的にも楽になります。協力の程、お願いします。
嘔吐を主訴とする胃腸炎が、保育園や幼稚園で流行しています。早めの来院をお願いします。インフルエンザワクチンの接種を希望される方も早めに接種を。

インフルエンザワクチンの供給停滞

インフルエンザワクチンの入手が困難になってきた。今年生産予定のワクチンは、すべて製造が終わっている。原因はいくつかあるのだが、オーダーしても「手元にありません」「いつ入荷するかわかりません」との返答。ワクチンがどこにあるのか?今後入荷するのか?は誰もわからないのかもしれない。幸いなことに、当院も「すぎなみ」もすぐに困るという状況ではないので、年内は通常通り接種を継続できる予定。
13歳未満は2回接種なので、「2回目がない」という状況もでてくる可能性がある。2回目の接種が、どのくらい残っているかを計算するのは、今年は無理。例年ならば日曜日に接種日を設けていたのだが、今年は不可能。大変申し訳なく思っている。
嘔吐して脱水状態で来院される方が増えている。嘔吐の方は、早めの来院をお願いしたい。24時間以上吐き続けて、診療時間ぎりぎりに来院されても、さすがに点滴などの対応はできない。今年の嘔吐は大人に伝染することが多い。インフルエンザも少しずつ増えてきた。

少しずつ増えてきたインフルエンザ

インフルエンザA型が少し増えてきた。近隣の小学校でも、発症が始まった。今学期も残り少ないので、大流行にはならないと予想しているが、今週は少し増えるだろう。インフルエンザワクチン接種のピークは越えた。問題は嘔吐を主訴とする胃腸炎。今週は少なるなると期待している。
感染症で多い順に胃腸炎(100名以上)、溶連菌(30名以上)、インフルエンザ(12名)というところ。アデノ、RS、水痘、伝染性紅斑(りんご病)、オタフクカゼなどの症例もあり、種類としては多彩である。。
日本脳炎ワクチン、MRワクチンの流通は停滞している。今のところ不足には至っていないが、このままの状態が続くと、2月には不足状態になるだろう。「すぎなみ」と調整できるので助かる。

忘年会シーズン

ここ2週間は、何だか忙しい。仕事も忙しいのだが、会議や忘年会などの食事会が続いている。お酒は飲まないのだが、仕事が終わって、そのまま直行。最後にコーヒーを少し飲むと(飲まなければいいのだが、流れで飲んでしまう)、睡眠が浅くなる。これが続くと集中力が落ちてくる。幸い今夜は予定が入っていないので、夜は家内とゆっくりできるだろう。
皆さんも同じ状況だと思う。年末までは、餅つきやクリスマス、忘年会などの色々な行事で忙しいはず。無理せずにと言いたいところだが、なかなかそうはいかない。今日の仕事もバタバタしそうだが、集中力を高めて頑張ろう(と自分に言い聞かせている?)。

嘔吐と点滴

前々回のブログでも書いたが、今週になって「急に吐き始めた」「頻回に嘔吐した」と来院される患者さんが急増している。一部は溶連菌であり、一部は食中毒(細菌性胃腸炎)である。ロタやノロはほとんどいないが、その他のウイルス性胃腸炎も多い。嘔吐しても下痢はなく、熱も出ない症例が多い。
問題は脱水。脱水の最もわかりやすい症状は、「おしっこが少ない」「ぐったりして動かない」である。今日は午前中の診療で、点滴が4名。点滴ができる個室は2つ。2クールで点滴。部屋がなくて点滴を断念した方が2名。ここ数年は「点滴が少なくていいね」と話していたが、今週はかなり厳しい状況に。診療に追われている時の点滴は、時間的にも精神的にもきつい。主に三女の山角が対応してくれるので、助かってはいるが。
午前中は嘔吐、午後はインフルエンザなどの予防接種に追われている。この騒ぎが早く終息することを願っている。