FC2ブログ

A型インフルエンザの存在

9月末から杉並区の小学校でA型インフルエンザが流行したり、大人で散発的に発生しているという報告は受けていた。当院では幸いなことに患者さんの来院はない。インフルエンザワクチン接種の多いこの時期に、インフルエンザが発症しても困る。
世田谷区の小児でも、A型インフルエンザの発生が報告され始めている。診察するにあたって、インフルエンザも除外診断の1つとして、頭に入れておかなくてはならない。

るるぶ京都

11月3日に用事があるので、2日の夜遅くに新幹線で移動する予定にしています。3日には帰ってくるので、ほぼ日帰り状態ですが、久しぶりの京都で、地下鉄に乗るのも初めて。どこからどこまで地下鉄が走っているかもわからず。この時期の京都は、紅葉の季節で移動は大変。
そこで一通りの情報を得ようと、夕方書店に出かけました。買ってきたのは「るるぶ京都奈良」という観光本。新しいお土産屋、甘味処が多いのにびっくり。私は進々堂でモーニングを食べたいと思っています。
昨日は「すぎなみ」は遅くまでかかったようで、仕事の報告に神尾は立ち寄りました。今日はカイのサッカーの試合があって、家内はチヒロの相手を。少し暑く感じましたが、爽やかな秋晴れ。桜の葉が少し色づいてきました。

ジュリー

私が中学生の頃は、グループサウンズの全盛期であった。中学校2年生の夏休みの記憶は、国蝶のオオムラサキを追っかけていたことと、ブルーコメッツのブルーシャトウがBGMに流れていたことだ。別府の杉乃井ホテルの棚湯がある場所には、ビアガーデンがあってエレキギター(古い!)の演奏が、我が家にも届いていた。グループサウンズで最も人気のあったのがタイガース(阪神ではない)で、そのボーカルがジュリーであった。
ジュリーという言葉で、私が最も反応するのが、大学時代の記憶である。私は哲学の道の途中に下宿していた。近くの白川通りこは銀閣寺バス停(市電の駅も)があった。そのバス停の近くを歩いていると(なぜ昼間にそんな所を歩いているのかも問題なのだが)、通りに面した一軒家の前で、修学旅行の自由時間と思しき高校生の女の子が、記念写真を撮っていた。「なぜ、こんな所で?」という疑問を2年間ぐらい持っていた。
ある時、思い立って「ここでどうして写真を撮るの」と聞いた。帰ってきた言葉に驚いた。「ジュリー生家」。そういえば、ジュリーは京都生まれ?当時はグループサウンズの時代は終わり、ジュリーもソロで活躍していた。私が驚いたのは、当時もまだ人気があるという事実だった。時は流れ、私もジュリーも年を取った。当たり前の事だが。

明日は冷たい雨?

今週はほぼ毎日、少量ではあるが雨が降っている。朝は寒く、本格的に雨が降る予報。金曜日に雨が降ると、土曜日が忙しくなる?明日の夜は講演会に出かける予定(と言っても、寝る可能性が高いのだが)。明日は忙しくない予定なので、インフルエンザなどの予防接種がお薦め?
地面師という古い言葉が出てきた。やっと捕まって良かったと思うのだが、だまし取られたお金は霧散して、ほとんど戻ってはこないだろう。何とも手の込んだ仕組みで、だまし取ったものだ。
(追加)
午前中は雨は降りませんでした。午後も降ってほしくないですね。
明日(土曜日)は通常通りの診療です。「すぎなみ」は午前中は休診で、午後1時30分から4時までの受付です。都合の良い方を利用して下さい。

ナミアゲハ

9月の始めに、リクと散歩に出かけた時に見つけた、アゲハ蝶の幼虫が2つ蛹になっていました。。昨夜1匹がナミアゲハとなって、無事に羽化しました。リクに放蝶してほしいと、今朝メールを送りました。ナミアゲハとは黄色い普通のアゲハ蝶のことです。数日後にはもう1匹、羽化する予定です。これで扶養家族が1つ減ることに。アカアシクワガタの♂は寿命を全うし、繁殖には成功しました。将軍池公園のカブトムシが至って元気にしています。入口にいますので楽しんで下さい。
仕事はのんびりしています。山角と神尾は保育園などの健診で忙しそう。私の主な仕事は予防接種。RSの小流行は続いています。伝染性紅斑(リンゴ病)も散見されます。