季節外れの寒さ

桜が凍ってしまった。東京でもミゾレがふり、痛ましい雪崩災害の報道もあった。昨日と今日は気温が低く、冷たい雨が降っている。病気も少なく、この天気では予防接種や健診のために外出するわけにはいかないだろう。昨夜、雨の中を家内と散歩したのだが、将軍池公園の近くで、やせたヒキガエルを見つけた。冬眠から出てきたのはいいのだが、真冬の寒さで体がほとんど動かなかった。カラスに食べられないように、道の脇に移動させた。
小学校も幼稚園も春休み。来週からは桜が咲き、保育園の新学期が始まる。4月は小学校や保育園で、新年度の健診が始まる。いつもとは違った忙しさになるのだろう。

アンチワクチン

保育園や小学校の入学前健診で、ワクチンを全く接種していない子供に出会うと聞く。私も母子手帳をみて驚いた経験がある。「ワクチンは怖い」「知り合いの子供が予防接種の副反応で」「自然にかかった方が免疫がしっかりつくので」という主張。大胆に「私はワクチンは接種しない主義で」とくる。人の考えをとやかく言うつもりもないし、堂々巡りは時間の無駄なので、「お子さんのためには、MRワクチンとDPT-IPV4種混合は、少なくとも接種すべきですよ」と話す。できれば水痘ワクチンやオタフクカゼワクチンも接種してほしい。
アンチワクチン派と議論しても、平行線になるので意味はない。罹患した時の危険度、公衆衛生学的な見地と、「万一、わが子に」という各論の議論である。この議論の結論は出ない。私はこの議論をする意味を感じていないし、時間の無駄だと思っている。昔は保険証も持たず、「予防接種をする必要はないですね」という話をするために来院した方もいた。話自体をとやかく言うつもりはないのだが、待合室に多くの患者さんが待っている状態で、「自分の考えは正しい」ということに、単に同意を求めて自分の責任を軽くするためだけの目的で、無料相談に来る。診察中に意味のない無料相談をする時間はないので、私は相手にしないことにしている。
面白いのは、私より若い「すぎなみ」の神尾に話が行くようだ。若いしすれていない分、丁寧に対応し、必要最低限の予防接種を推奨している。報告を受けるたびに、「意味のない相談は受けつける必要なし」と伝えている。30分以上の意味のない無料相談は、他の患者さんの迷惑になるからだ。
渡航者の麻疹感染が問題となっている。都内で今月は4名発症したとのこと。ワクチン接種で99%以上予防できる病気だ。麻疹は重症で、死亡率も高い。先天性風疹症候群の問題もあり、公衆衛生学的にも風疹ワクチンも接種すべきだろう。デメリットとメリットのバランス。それが予防接種に対する考え方だ。

卒業式

このブログを書き始めたところで、外から子供たちの声が聞こえてきた。今日は小学校の卒業式。式が終わって記念撮影が始まったようだ。ここで、私はお祝いを言うために、校門の前に出かけてこよう。卒業式に招待されていたのだが、仕事で参加できなかったので。
正門の前で、記念写真を撮っている方も多く、子供たちも保護者の方もにこやかに笑っていた。50年以上前の私の卒業式は、1時間以上も方を寄せ合って泣いていた。正門に向かって歩き始めて、涙が込み上げてきた。「三宅、お前が泣くと、みんな泣くから」と言われたところから、全員が大泣きすることに。保護者は声もかけられず、茫然としていた。一生分の涙を流したのか、それ以来、泣いた記憶はない。
爽やかな卒業式。日本の平和が続いてほしいと思った。

健診の多い1日

連休、雨と続いたためか、晴れた今日は健診の方が多く来院された。6か月健診、9か月健診、1歳半健診と、久しぶりに健診が続いた。時間的に余裕があるので、健診は大歓迎。日本脳炎ワクチンの接種も増えてきた。
診療は食物アレルギーと花粉症が多く、新学期に向けて、検査を行い診断書を書く作業が主な仕事である。ここからは移動のシーズンとなる。今日もいくつかの別れがあった。4月になると、新たな出会いがあるのだろう。静かな3月。もうすぐ桜が咲き始めるのだろう。

きょうのお母さんはマル

昨日は連休前の土曜日で、年度末でもあり診断書きもあって、最も忙しいはずの日。ところが、12時半過ぎには仕事は終了。幸いと言うべきか、拍子抜けというべきか。これで忙しい半年は終了です。幼稚園も春休み。今週で小学校も終了。転勤等で引っ越しされる方も多く、幼稚園や保育園に入園する子供たちにとっても、ここから忙しい季節となります。時間がある時には、予防接種をお忘れなく。
ゴルデンウィークまでは予防接種と健診が主な仕事となります。先週はインフルエンザも30名ぐらいで、ほぼ流行は終了です。繰り返しになりますが、MRワクチンのⅡ期を忘れている方は接種をお願いします。5歳児(4月から年長さんになるお子さん)は4月から、MRワクチンⅡ期の接種が始まります。MRワクチンの流通は、今のところ問題ありません。当院も分院も在庫はありますので、早めの接種をお願いします。流通で問題のワクチンは日本脳炎ワクチンです。今のところ問題なく入荷していますので、当院も分院もいつでも可能な状態です。
前にも書いた記憶があるのですが、八幡山に星和書店という精神科領域を専門にした出版社があります、先週2冊の新刊を送っていただきました(正確に言うと家内に送られてきたのですが)。「ADHDタイプの大人のための時間管理ワークブック」「きょうのお母さんはマル、お母さんはバツ」というタイトルの2冊です。ADHDタイプの大人である私には、前者の本はとても興味深い、というより「片付けられない」点に問題がある?私は約束を忘れたり、時間が守れないという弱点はないのですが。
後者は朝日新聞にも取り上げられていましたが、双極性障害(躁鬱病)のお母さんの、子育てを取り上げた珍しい絵本(?)。読むと勉強になりますね。今週には店頭に並ぶ予定の2冊です。待合室に置いていますので、興味のある方はお読み下さい。