真夏のような暑さ

今日は真夏のような暑さ。診察室の入り口に飼っていたドジョウや金魚を、涼しい場所に避難させました。昨年の10月から7か月以上も展示(?)していたことに。これからは虫の季節ですが、今年は虫が少なく、成長も遅い模様。我が家のクワガタの幼虫たちは、順調に蛹になっています。カブトムシも蛹室をお作り始めました。スイカが美味しい季節ですね。
今週の土曜日は、多くの小学校で運動会が開催されます。ハルも初めての運動会。今週の土曜日の診療は、そのため「すぎなみ」は山角が代行します。私も家内も仕事のため、残念ながら見に行くことはできません。ただし、雨天の場合は日曜日に順延となりますので、見に行くことはできるかも?その場合は、土曜日は通常通り、「すぎなみ」は神尾が診察となります。長期予報は晴れですね。
近隣に新設の保育園が2つ。4月から園医や校医の仕事が入り、何だかバタバタしています。4月、5月は仕方がないところでしょうか。人口が増え、活気があるのは喜ぶべきこと?。
問題の日本脳炎ワクチンは、接種者が少ないことも幸いして、当院も「すぎなみ」も8月までは、接種できそうです。少しほっとしています。2回目の接種が可能かを心配されている方がおられますので、蛇足ながら。

溶連菌の増加

今年は溶連菌のあたり年のようだ。他の病気が少ないこともあって、溶連菌が目立ってきた。幼稚園から中学生世代を中心に広がっている。発熱とノドの痛み、嘔気に注意。大人の方も多くなっている。0歳から3歳では、アデノ、RSがみられる。インフルエンザは姿を消した。ロタなどの嘔吐下痢も少なくなった。近隣の小学校では、もうすぐ運動会。大きな掛け声や、軽快な音楽が校庭から流れてくる。
昨日は午後から激しい雨が降った。今日は一転して快晴で、気温が上がりそうだ。診療自体はとても静か。天気が良いので、予防接種が中心の診療になるのだろう。

不足する可能性のあるワクチン

当院も「すぎなみ」も不足しているワクチンは、今のところありません。予約制ではありませんので、確認の電話は必要ありません。早めの接種をお薦めします。
1)日本脳炎ワクチン:年内は入手はかなり難しい状況です。慢性的な不足になる見込みです。
2)オタフクカゼワクチン:9月までは品薄になります。6月から9月は一時的に不足する可能性があります。
3)MRワクチン:慢性的に品薄状態が続いています。真夏は需要が減るため、大きな問題にはならないと予想しています。

受動喫煙防止法への賛同署名

昨日の夕方、買い物を兼ねて、家内と桜上水に散歩に出かけた。駅前のATMに立ち寄ったのだが、ATMから出るとタバコの煙が襲ってきた。横のベンチでプカプカ。まともに煙を吸ってしまった。上水公園を通って帰ったのだが、そこでもベンチでプカプカ、歩きながらプカプカ。ベンチの前には5、6本の吸い殻が散乱していた。流石にマナーの悪さに驚いた。公園のいたるところに「犬の散歩は禁止」と書かれているのに、平気で犬を散歩させているし、糞の処理もされていない。先週の早朝に塚山公園を散歩した時も、公園管理をしている人が「自転車は危ないので乗らないで押してください」と大きな声をかけた。公園には「自転車の立ち入り禁止」という張り紙が。当事者は全く無視。振り向きもせずに、自転車に乗って立ち去って行った。
家内とたまに外食する時は、禁煙が条件となる。匂いもさることながら、受動喫煙の問題もある。逆に喫煙者がたむろする飲食店もある。世界的な情勢だけでなく、受動喫煙の問題を考えるならば、受動喫煙防止法はやむを得ないだろう。先週、日本禁煙学会か「賛同署名のお願い」が送られてきた。喘息、アレルギーの関連団体や、肺がん患者連絡会からも要望書がでているようだ。仕事場での受動喫煙も大きな問題である。まず、私が署名した。マナーの悪さが目立つと感じるのは私だけ?

今年も溶連菌が多い?

小学生を中心に、溶連菌感染が流行しています。ノドの痛み、発熱、嘔気、嘔吐、倦怠感が主な症状です。保育園や幼稚園でのロタやRS、インフルエンザはかなり少なくなりました。この1週間(来週)は予防接種と健診がお薦めです。
日本脳炎ワクチンやMRワクチン、オタフクカゼワクチンの入荷制限は続いていますが、当院も分院も、今のところは接種可能な状態です。何とかしのげるといいのですが。