裁量労働制

自由業の私は、裁量労働制についてはほとんど関心がない。弁護士や会計士、税理士などいわゆる士(師)族と呼ばれる職種は、裁量労働制の適応になる。ところが、看護師、医師、薬剤師は入っていない。医師で対象となるのは、大学教授や准教授、講師まで。研究職と思われている職種のみが、裁量労働制の対象となっている。助教以下は雑用係で、研究職とは認められていない。実態とはかなりかけ離れた制度だが、どこかで線引きをすべきだろう。
裁量労働制の対象である士族は、忙しい季節(時期)には忙しいが、仕事がない時期もあり、平均的に労働時間が長いとは限らない。暇な人と忙しい人との差が、とても大きい職種ではある。教授が研究職で、裁量労働制の対象となるのもいささか疑問。個人差があり過ぎだ。
医師を裁量労働制にしてもいいとは思っているが、真面目で有能な医師は過労死する危険があるので、外しておいた方がいいかなとは思う。

しんごくん

散歩していると、京王線の新型車両を見る機会が増えてきました。名前は「しんごくん」。夜に家内と二人で、カイとリクを連れて下高井戸まで歩いて、本屋に立ち寄りました。「よろしく!しんごくん」という本を見つけて買ってきました。「はしれ!けいたくん」「いのかしら7きょうだい」「はたらくしゃりょうたち」に次ぐ、4作目ですね。待合室に置きますので、ぜひ楽しんで下さい。

寒い1日

今日は1日を通して雨。気温も3度から4度。本当に寒い1日でした。インフルエンザが少なくなったため、待ち時間もほとんどゼロ。気持ちは楽ですね。
昨日のパシュートはすごいレースになりました。オランダ相手によく戦ったと思いました。もう少しでメダルが取れそうな競技も多そうですが、なかなか取れません。でも、日本も強くなりました。ナショナルチームとしてトレーニングをしている効果も出ていますね。
今日は午後からカイとリクと、少し接する時間がありました。私がワイルドライフを録画していることを知っているので、「ワイルドライフを見せて」と要求してきます。要求に負けて、「ヤンバルの王者」を。ヘビの映像です。

インフルエンザは少なくなりました。

今週の待ち時間は0から15分ぐらいで推移しています。午後は予防接種がお薦めです。インフルエンザは散発的な発生となりました。流行はほぼ終了です。少しゆっくりできそうです。
日本脳炎ワクチンの流通も回復しました。MRワクチンⅡ期をお忘れの方は、ぜひ接種して下さい。

実力通り

小平選手は頑張りましたね。本番で実力通りのスケートができて、本当に良かったと思いました。冬の競技も、日本は強くなりました。若い人(老人の言葉ですが)はインタビューの受け答えもしっかりしていて、メンタルが強くなったのか、本番でも実力を発揮できるところがすごいと思いました。精神的にもグローバル化しているのでしょう。
昨日の夕方は、静岡時代の患者さんである舞弥(ユカちゃん)のコンサートが、中野坂上のライブハウスMELODIA TOKYOで開催されました。このライブハウスの5周年イベントと、平尾昌晃さんの追悼公演を兼ねていました。西新宿から家内と歩いてライブハウスへ。ユカちゃんのお母さんとお祖母ちゃんに久しぶりに会って、開演までゆっくり話が出来ました。ジョイント公演で2時間半ほど楽しむことが出きました。演奏の方も患者さんのお父さんで、世の中は狭いと思いました。
ハルとナツの父母が信州大学出身なので、つい小平選手を応援してしまいます。松本の相澤病院には大学の同級生が勤務してたり、長女が時々仕事に出かけているようで、やはり世の中は狭いのかもしれませんね。