4人目の孫

STAP細胞のニュースが駆け巡った。面白い発想に拍手。何事も単純な発想がいい。都知事選は盛り上がらず、深い議論はない。私はインフルエンザとアレルギー検査に振り回されているが、スギ花粉の飛散が少ないとの予想が朗報。
私事で恐縮なのだが、28日に三女が出産した。カイの弟の誕生である。母子ともに元気らしく、一安心。私も家内も忙しいので、迷惑にならないようにと静岡で出産。カイの面倒は父親が見ている模様。家内は飛んで行きたそうだが、色々な事情があって見合わせている。
現在、4人の孫のおじいちゃんである。男児3名、女児1名という布陣。家内とは「本当に年を取った」と笑っている。3月末には、三女夫婦も神奈川あたりに帰ってくるだろう。静かな生活は、まだ当分は送れそうにないのかな?

B型インフルエンザの流行

先週のインフルエンザの状況を、前々回のブログで書いた。先週はA型とB型が同数であった。インフルエンザの流行のピークは、今週から来週にかけてと予想している。マスコミではA型優勢と報じられているが、今週に入ってB型が優勢になってきた。B型はA型に比べて陽性率が低く、発症直後には陽性にならないことがある。
抗インフルエンザ薬の切れ味という点からは、B型のの方がやっかいである。微熱がダラダラ持続するケースが多い。流行しているA型もB型も、重症化や合併症が多いとは思っていない。問題は出席停止の長さ?流行を防止するという観点からは、停止期間が長いのは賛成だが、欠席者が増えて学級閉鎖になる確率が高くなった。この2週間はインフルエンザの流行と、学級閉鎖のために家で待機が問題になるだろう。今週末からは中学入試も始まる。受験生は人混みを避けるのが賢明かもしれない。

柑皮症

昨日、静岡に住む三女夫婦から、三ヶ日ミカンが送られてきた。私は大の果物好き。この時期はミカンがいい。正月に帰省した娘が、残り少なくなっていたミカンの在庫を見て、ミカンの手配をしてくれた。これで当分は大丈夫?
この時期は「黄疸ではありませんか?」「皮膚が黄色くなった」「ミカンの食べ過ぎでしょうか」という訴えが多くなる。ミカンのカロチノイド系色素が皮膚に沈着して、特に手のヒラや足の裏が黄色くなる。これを柑皮症と言う。赤い色の野菜ジュースの飲み過ぎも、原因となる。別に治療法はなく、このまま放置。
この柑皮症の訴えが、昔に比べて少なくなったと思う。これは単に私の感想であって、データの裏付けがある訳ではない。子供たちがミカンを食べなくなったのではないか?食の多様化、子供の嗜好の変化、お母さん世代のミカン離れ、皮むきが面倒、経済的な問題、買うと重い、など色々な原因があるのだろう。まあ、ミカンは必需品ではないので。娘から送ってもらったミカン、美味しく頂くことにしよう。

インフルエンザの流行

午後の強風の影響もあって(?)、ノンビリした診療となった。夜に家内と買い物に出かけたのだが、風が強く目が痒い、と言うより重くなってきた。この風に乗ってスギ花粉が飛んできたのだろう。春一番ではないのだが、いよいよ嫌な季節の到来である。そろそろ治療の準備が必要かな。
毎年のように、同じテーマでブログを書いている。単なる情報提供。
この1週間で、インフルエンザと診断した患者さんは111名であった。報道されている通り、流行が始まっている。検査に時期が早すぎて陰性という例も、おそらく10例ぐらいはあったのではないか?A型インフルエンザが55名、B型が56名。この近隣での流行は、AとBはほぼ同数。通常はA型が流行した後にB型が流行するのだが、今年は最初から平行して動いているのが特徴である。
他に流行している(発熱と咳の)病気はないので、インフルエンザの検査が陽性になる確率はかなり高い。他に嘔吐下痢症が散見される。ロタが4名。姿を見せていなかったロタが出てくるのか?ここ数年のデータを考えると、例年並みか、やや静かな1月というところか。終了間際を除けば、待ち時間は0から15分ぐらいと予想している。

暖かな朝

昨夜は仕事を終えて、歯のチェックに出かけました。最近は年に3回は、真面目にチェック。歯も目も耳も、人間の部品ですから、高速道路や鉄道ではありませんが、安全点検は必要かな?と思うようになりました。自前の歯が何本残っているか?が問題となる年齢。40歳を過ぎたら、やっておくべきでしたね。
世田谷、杉並ではインフルエンザの流行が広がりを見せています。A香港、Aソ連、B型の3種類が流行しています。ということは、3回かかる可能性があるということ。出席停止期間が長く、復帰したと思ったら学級閉鎖という事態も。発熱を伴う病気が少ないので、発熱=インフルエンザという感じ。年度末で授業の進行に影響が出そうですね。保育園はさらに深刻。
昨夜は家内と、桜上水まで散歩。寒さも和らぎ、気持ちの良い散歩となりました。今日も気温が上がる予定。少し花粉が飛んでいる気配を感じるのですが。春は近い?アレルギーの指示書を書くことが多くなりました。2月中に来ていただけると助かります。

院長の単なる独り言(正解と回答)

センター試験も終わり、いよいよ大学入試の始まりである。高校も中学入試も始まっている。受験シーズン本番。テストの答えは、原則的に1つである。問題があって、点数がつく。その点数の基準は正解、または解答である。「正しい答え」「模範解答」は高校までかな?と期待していたところに、私には医師国家試験なるものがあって、本当にうんざりした。ひねくれ者の私は、「この世に正解はない」と思っていた。正解なんかあったら、この世の中は面白くない。
「病気は何ですか?」と聞かれたら、「カゼですよ」とか、「アトピーですね」などと言う私の返答は、いわゆる回答である。正解かどうかは、誰も証明できない。「俺の診断は正しい」などと思い込むのは、頭の構造上に問題がある人間。正解がないからこそ、人生は面白いのである。
「鼻水がでて苦しい」と訴えた、十年以上も花粉症で苦しんできた患者さん。「花粉症でしょう。いよいよ飛んできましたね」と言って、お互いに納得。治療で楽になれば、結果オーライ。正解であったかは不明だが、それでいい。まだ、花粉なんか飛んでいなくて、実は単なるカゼだったということもある。花粉症の薬もカゼ症状にも効くのだが、花粉症の治療で治らず、あげくに熱。インフルエンザだったということも。このような初歩的な診断だって正解はなく、患者さんが納得して、症状がなくなればそれでいい。私は患者さんの質問に対して、正解を述べているつもりはない。単なる回答?
人間は生きる上で、何事にも選択肢があり、自分で決定して責任を持たなくてはならない。最近の子供たちは、この意識に欠けると思うのは、私の思い過ごしだろうか?実際は良く考えていて、言葉に出さないだけ?「あの時にこうしておけば」と、私もいつも思う。しかし、それは結果論であり、それが正解だとは思えない。失敗してやむを得ず選んだ道が、ひょっとしたらベターな道?ということもある。
学校を出てからは、正解はない。失敗や落伍が結果的には良かったと思える事も多い。「成功に意味はない。失敗にこそ意味がある」と私は娘たちに教えている。

インフルエンザの流行

先週からインフルエンザの患者さんが増えてきた。今週になってさらに増加。症状に重症感はなく、抗インフルエンザ役も良く効いている。問題は出席停止期間が長いこと。4,5日も家の中で力を持てあます事態に。保護者の方の仕事への影響も問題。流行の広がりを防止する為にはやむを得ない事なのだが。
今週はA型とB型がほぼ同数。症状に差は感じられない。学校によってはAB混在もあり。今後、流行はさらに広がりを見せるだろう。

「三宅小児科すぎなみ」開院1周年

今日は母の(おそらく)93歳の誕生日である。母の誕生日の翌日に、「三宅小児科すぎなみ」は開院した。開院してちょうど1年経過した。多くの方にお世話になり、患者さんからは暖かい応援をいただいた。月並みではあるが、この場を借りて、感謝の意を伝えたいと思う。至らなかった点も多くあったと推測している。お許し願いたい。
私の診療の手伝いをしていた神尾には、「病気の診断をしっかりつける」、「患者さんの名前を覚える」、この2つを学べと指示していた。溶連菌、アデノ、RS,インフルエンザ、マイコ、ヒトメタニューモ、ロタ、ノロ、アトピー、喘息ーーーの診断。患者さんの名前と病歴を頭に入れる。これは小学生レベル。つまり初級である。
次に病気の経過予想、データの変化の予測、ノドや呼吸音、皮膚の状態を記憶して、次回の来院時に比較できる能力、この3つをマスターするようにと指示していた。これが中級である。この段階になると、自分でトレーニングをするしかない。私と議論しながら、そして水曜日(すぎなみの休診日)に私の外来を手伝いながら、中級のトレーニングをしてきた。ほぼ合格かな?と思っている。
上級は「待つ事を学ぶ」「相手の心の機微を読む」「自分の精神状態をコントロールする」ことである。これは開業して初めて学べる事だ。この1年は、この3つを中心にトレーニングしてきた。これは、私の勝手なカリキュラムであり、神尾自身がどう思っているかは、本人しか解らないのだが。そして、「患者さんに感謝の気持ちを忘れるな」「病気は自分で決着をつけよ」と教えてきた。
神尾は子育て中であり、皆さんと同じで時間を自由に使うことはできない。思い通りに働けないという気持ちもあるだろう。本人は「自分は恵まれていると思うよ。同情される理由はない」というのが口癖。私も同じ気持ちだ。
長々と雑談を書いてしまった。静かに1年を過ごせたことに感謝。待ち時間がほとんどなく、ゆっくりとした診察と、予防接種が出来るクリニックであってほしいと願っている。2年目の走行、宜しくお願いしたい。

アレルギー疾患生活管理指導表

木曜日の夜は、次女の神尾の運転で、狛江の慈恵医大に出かけた。アナフィラキシーの対応についての講演を聞くために。一昨年の12月に起こった、乳製品(チジミ)による不幸な事故の現場。気の毒な事故ではあるが、この事故が与えた教育現場、医療現場への影響は、非常に大きなものであった。給食の提供の方法、除去食の対応、誤食後の処置、事故のセイフティーネットの必要性など、多くの議論がなされたようだ。
学校や自治体への非難が強く、アレルギー対応の進歩というより、逆行を招いたのではないかと危惧していた。保育園や幼稚園、小学校、中学校でのアレルギー食の対応が厳しくなった。私は神尾に世田谷区、杉並区、調布市、狛江市、三鷹市、武蔵野市のアレルギー児に対する対応の変化を調べるように指示していた。
慈恵に向かう車で、その報告書を受け取り、内容の説明を受けた。私も神尾も「アレルギー疾患生活管理指導表」という、手間と責任のかかる作業が間近に迫っている。各自治体の対応の変化を知っておく必要があった。「最も厳しくなったのは、やはり調布。次いで杉並。自治体によって問題意識に温度差が大きい」というコメントを受けた。問題は牛乳の除去だと思う。除去対応が厳しくなったというより、除去する作業を省略する動き。手間がかかって、あげくに非難されてはたまらないという意識か?今回の騒動については、私は学校側に同情的であり、極端な対応もやむを得ないと思っていた。
「生活管理指導表」を書く時は、昨年に比べて内容の詰めと手間がかかるだろう。アレルギー検査をする必要も出てくるはず。帰りの車で、神尾とその相談。データと年齢、過去の症状で判断していくしか方法はない。3月は駆け込みで忙しくなる。早めの対応が有り難いのだが、保育園の入園が決まるのが2月。3月が忙しくなるのはしかたがないのか?書類が手元にある方は、できる限り早めに来院を。「三宅小児科すぎなみ」も利用していただけると助かる。気の重い年度末ではある。

ノロの集団感染?

浜松で1000名近い小学生と先生が、嘔吐下痢症状を訴えていると報道されている。11名の便からノロウイルスが検出されたとのこと。複数の小学校で起こっている集団食中毒。異常事態ではある。さらに原因を特定する必要があるが、データを見る限り、ノロが有力な原因であろう。この嘔吐下痢は、人から人へ感染したとは考えにくく、食物等が感染源と推測される。
人から人への感染という意味では、この冬はノロもロタも少ない。当院も「三宅小児科すぎなみ」も、疑わしい症例には検査を行っているが、ノロが3名、ロタも3名ぐらいの発症数であり、流行と呼べる状態ではない。ロタは症状が重く、ノロは症状が軽い。浜松の感染も、報道では入院する症例はないとのこと。
ノロの検査は諸刃の剣だ。症状は重くないのだが、陽性になると社会的に問題となる。本人の通園だけではなく、保護者の方の仕事にも影響する。特に食品関係の仕事の場合は、対応が厳しくなる。今回の騒動を見ると、厳しい対応の方が、結果的には安全なのかも?と思ってしまう。しかし、患者さんの知りたくない権利を尊重している私は、ノロの検査をためらうことがある。「すぎなみ」の神尾にも、「ノロは深追いするな」と指示している。
ノロは症状が軽いといっても、嘔気嘔吐はつらい。1000名近い感染は、あってはならない事態。今回の集団感染は、給食との因果関係を明確にすべきだろう。

風疹ワクチンの助成

高山先生のブログに風疹ワクチンの助成の話が書かれていた。一時は風疹単独ワクチンが不足していたが、現在では問題なく入手出来る。一応、助成は3月末まで。接種対象となる方はお忘れなく。

先天性風疹症候群の予防を目的として、これまでに風疹にかかったことがなく、かつ、風疹の予防接種を一度も受けたことがない方で、妊娠を予定または希望している19歳以上の女性が対象となる(助成期間は平成26年3月31日まで)。

杉並区について、
接種日現在、杉並区に住民登録のある方
助成金額:ワクチン接種費用の実費(上限10500円)。風疹単独ワクチンでもMRワクチンでも可。
申請方法
以下の①②を杉並保健所保健予防課に郵送。後日指定口座に振込。
必要書類
①予防接種助成金交付申請書(保健予防課、各保健センター、保健福祉部管理課 地域福祉課にあります。区の公式ホームページからもダウンロード可能)
②予防接種領収書原本(返却しません)
申請期間
26年4月10日まで(消印有効)
問合せ先
杉並保健所保健予防課 予防接種担当03-3391-1025

世田谷区について
風疹単独ワクチンかMRワクチンの、一方の予防接種費用の一部を助成します。区の助成金額の差額を、受診した指定医療機関にお支払いください。
助成金額(1回のみ)
風疹単独ワクチン:3000円
MRワクチン:5000円
申請・利用方法: 平成25年4月15日(月曜日)(予定)以降、区内の指定医療機関へ順次助成券を設置します。助成券に必要事項を記入し、住所と生年月日がわかるもの(健康保険証など)と一緒に窓口へ提出してください。
注意:事前にご希望の指定医療機関へ電話の上、受診してください。また、区の指定医療機関以外で接種した場合は費用助成の対象とはなりませんのでご注意ください。当院は指定医療機関です。

雪?

寒い日が続いている。低温と乾燥は、インフルエンザの流行の引き金になる。学校が始まって1週間。インフルエンザの流行が始まった。大流行になるのか?小流行になるのか?は解らないが、大流行にはならないと推測している。相変わらずA型とB型が混在。
今日は午前中は、雪がパラつく予報。昨年の大雪で、予報が外れて大ブーイングを受けた経験から、天気予報は少しオーバーになった。悪い予報が外れたら、喜ばれることはあっても、非難はされない。今日は静かかな?
72歳が75歳を担ぐ。何故、若い自分が出ないのか?脱原発は日本全体の問題。東京イコール日本という感覚。何だか不思議な都知事選挙になってきた。アスペルガーっぽい人間も危険なのだが。もっとまともな候補者はいないのかな(これ独り言)。

雪の明神岳

昨日の診療は静かに終わった。ほぼ無風状態。アデノとインフルエンザが僅かに見られるのみ。今週の待ち時間は5分から15分と予想。但し、気温の上がる11時からは混雑するかも?昨年の記憶では、成人の日は大雪。この雪の影響で、月曜日から木曜日までは、患者さんが少なかった(来れなかった?)。今年は雪が降らないだけ幸せかな。気温が低い日が続いている。水曜日は雪が降る可能性も。
夕方に家内が帰ってきた。電気毛布が入ったスポーツバックは重く、また寒さも厳しく大変だったようだ。新宿まで迎えに行った。家に帰ると、ハルとナツが顔を見せた。家内はほっとした様子。ゆっくり風呂に入って、少し疲れが取れたようだ。
myoujinn.jpg
明神が岳山頂。ガスがかかって、少しぼやけた写真。先週の水曜日、木曜日は休みを頂いた。水曜日は曇りのち雨の予報。湯河原の幕山から南郷山に登ろうかと思っていたが、天気の崩れが早そうなので、2年前と同じ明神が岳に登ることに。大雄山最乗寺から、2年前とは逆のコースを。流石に一人も出会うことはなかった。6合目からは雪が積もって滑る滑る。さらに頂上近くは関東ローム層で滑る。頂上は風が強く、雲の中。何とも楽しい登山となった。人に会わないのは最高である。12時に下山してホテルへ。暖かいコーヒーと甘いケーキ。この楽しみのために、山登りをするようなもの?

一人の生活

家内が帰省する事があるため、珍しく一人で生活することが多くなった。多くなったといっても、年間で10日ぐらいかな?結婚してから、ほとんど一緒にいるため、一人の生活が何だかなじめない。昔は一人で生活する事に憧れ、一人の生活を楽しんでいた。人間、慣れや習慣は恐ろしいものかもしれない。
食事の問題から洗濯、片付けから火の用心まで、やることが多いのには驚かされる。昔は平気でやっていたのに。夫婦はどちらかが先に旅立つ。どちらかが一人暮らしをする運命?そのような一人暮らしの方は、もっと増えていくだろう。最も気を使うのは火の用心。火をつけて忘れる危険性がある。風呂を沸かすのも、気を遣うし面倒。
孤老のトレーニングと思って生活しているのだが。北陸や東北では、雪かきが加わる。もっと大変だろうと、勝手に推測している。明日の夕方に家内は帰ってくる。義父母には申し訳ないのだが、早く帰ってほしいと思っている。

逃走?

今日は11時までは、本当に静かで、「お茶でも」と家内に声をかける余裕。親切な患者さんが、「京王線は人身事故で止まっていますよ」と教えてくれた。家内が帰省する事を知っての情報提供。中央線も人身事故で危ない?11時頃から京王線が動き出した。その影響かは不明だが、最後に急に混み始め、待ち時間が長くなってしまった。でも、真夏よりも静かか?
テレビを付けると、逃走経路の話題ばかり。捕まったのだから、どうでもいいのではと、私は思ってしまった。脱走を可能にした背景を説明する義務があるのではないか?へそ曲がりな見方をするなら、監視や警護体制がきちっとしていたならば、罪を重ねる事はなかったのでは?と思ってしまう。まあ、捕まって良かったのだが。
都知事選の候補選びの過程もひどい。というより、後出しジャンケンの、後の方がひどいと言うべきか?敵方にいた隠居を推薦したり、除名処分者を推薦したり、論点が曖昧である。知名度と当選の確率で判断?そこに脱原発。仕事は現役がやるべきだと思うのだが。隠居や評論家の出番ではないはず。おっと、政治の話はタブー。これは独り言。

お休みを頂き、有り難うございました。

お陰様で、友人と情報交換ができ、有意義な時間を持つことができました。ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。雑談になると、年齢と親の介護の話題になりますね。雑談もストレス発散、気分転換になります。専門の科が違うと、異なる視点で物事を見るので、色々な点で参考になります。
明日からは、気分一新で仕事ですね。今週末は連休です。今年のカレンダーを見ていた家内は、「連休が少ないので、なかなか帰省出来ない」と嘆いていました。それを聞いていた次女の神尾が、「私が出来る限り、代診で頑張るよ」と。
週末は帰省のため、家内の診療は11時15分までとなります。早めの来院をお願いします。私はとことんお付き合いさせていただきます。日月は連休ですが、日曜日の3時から6時まで診療します(月曜日は休診)。神尾が家内の代診を勤めますので、宜しくお願い致します。急患のみの診療です。予防接種やアレルギーの診療は出来ませんので、ご了承下さい。

8日(水曜日)、9日(木曜日)は臨時休診になります。

8日、9日は本院は臨時休診です。この2日間は「三宅小児科すぎなみ」が診療していますので、お困りの方は利用して下さい。
今シーズンのインフルエンザの流行上状況を見ると、患者数は43名で、昨年末が26名、今年に入って(と言ってもまだ日が浅いのだが)17名で、インフルエンザの流行の気配を感じている。A型インフルエンザが23名、B型が20名であり、ほぼ同数。AとBの流行が、同時にに始まるのは珍しい(?)。
A型インフルエンザウイルスでタミフル耐性の報告があるが、私の経験した範囲では、A型にタミフルは良く効いている。むしろ、B型の方が効きが悪い印象を受けているのだが?ワクチンの接種歴も検討しているが、接種された方も罹患しているのが現状。まあ、この患者数でとやかく言ってもしかたがない。もう少しデータを集める必要がある。
インフルエンザの発症は徐々に増えてくるだろう。

冷凍食品と嘔吐下痢

8日、9日は本院は臨時休診です。この2日間は「三宅小児科すぎなみ」が診療していますので、お困りの方は利用して下さい。
昨日から診療していますが、冬休みを挟んで、病気の流行は一旦小休止といったところ?インフルエンザが5名、アデノが2名ぐらい。今週は静かな予定。休診でご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。
マルハニチロの農薬(マラチオン)混入問題。出荷された食品の数量を考えると、問題は大きいと思う。症状が「吐き気、嘔吐、腹痛、下痢」という、この時期としてはややこしい症状。この時期はウイルス性の嘔吐下痢の流行期。「昨夜は何を食べましたか?」とか、周りに「嘔吐下痢の流行がありますか」と聞くのだが、「マルハの冷凍食品を食べましたか?」という質問が必要になった。この1ヶ月で、かなりの嘔吐下痢の患者さんを診察したので、見逃しがあるかも?と不安になる。早急に自主回収!絶対に食べていけない。

4日から仕事始めになります。

当院も「三宅小児科すぎなみ」も、4日(土曜日)から診療を開始します。8日(水曜日)と9日(木曜日)は臨時休診になります。ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。水曜日が定休日の「すぎなみ」は、8日も診療します。お困りの方は「杉並」を利用していただけると助かります。
通常、年始は静かです。少し忙しいのは4日の土曜日だけでしょうね。インフルエンザも正月を挟んで、一旦終息するはず。忙しくなるのは、15日を過ぎてからでしょう。
肉眼的にはスギ花粉は少なそう?気温が低いため、花の成長が遅いだけかも。静かな年始になりそうです。明日から宜しくお願い致します。

明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。今日は9時過ぎの京王線で、高尾山薬王院に初詣に出かけました。最初に初詣に行った時も午年。今回は3回目の午年です。ということは24回目。1度も欠かすことなく、稲荷山コースを登り、薬王院でお参りしながら下山したことに。雪が積もっていたことが1度ありましたが、天気には恵まれていましたね。
今年は長女と次女(神尾)とハルとナツが参戦。ハルの父親は当直で参加できないので、前倒しで昨日登ったとのこと。ハルは頂上まで歩いて登りました。最後の220段の階段も文句を言わずに登りました。残念ながら、富士山には雲がかかっていました。ハルとナツはケーブルカーで、私と家内は琵琶滝コースを歩いて下山。風は強かったのですが、暖かな登山となりました。頂上は本当に人が多くなりましたね。24回目は流石に感慨深い?
色々お願いしてきましたが、やはり家族の健康が一番かな?仕事の無事が2番目。健康なくして、仕事はできませんから。これからゆっくり、年賀状を読もうと思っています。繰り返しになりますが、今年も宜しくお願い致します。
高尾山
高尾山山頂。ハル(3歳)とナツ(1歳)と記念撮影。暖かいので、私はコートを腰に巻いて。山頂からは新宿が見えました。今年も良い年でありますように。