【2014年】夏休みのお知らせ

今年の夏休みのお知らせです。7月は通常の診療です。
左が当院、右がすぎなみです。

*お盆は通常通り診療します
*8月28日(木)~31日(日) 休診
*9月9日(火)午後~11日(木) 休診
  (9月9日(火)午前は診療します.)

臨時休診中お困りの方は、高井戸にある「三宅小児科すぎなみ」をご利用ください。9月10日(水曜日)は「すぎなみ」は診療しています

2014年夏

STAP細胞は存在しないという結論?

既に忘れ去られた感のあるSTAP細胞。日曜日の9時から、NHKで特集があった。この類いの報道は、素直に信じてはいけないのだが、ひねくれた見方をしても、「STAP細胞は存在しない」という結論になるのだろう。多くの野心を持った研究者がいて、陽の当たらない道を進んでいる。科学の虚光(これは造語)と陰を見る思いがした。
発想の突飛さ、実験の手際よさ、論文書きのうまさ、いずれも別の能力である。そこに科学者としての良心。すべてを兼ね備えることは不可能である。だから、違った能力が結集する必要がある。今回の事件は、お金と名誉を求める野心が生んだ、大きな失態である。大きな教訓になることを願うのだが。
完全に結論が出たわけではないが、STAP細胞は幻に終わるだろう。存在したら、多くの患者さんに応用できたはず。残念でならない。

今週の待ち時間

猛暑が続いています。今週も通常通りの診療。「すぎなみ」も通常通りの診療です。予防接種と健診がお薦めですが、気温との相談でしょうか?待ち時間は0から10分ぐらい?東京の子供人口は、激減ではないでしょうか?当院と「すぎなみ」の夏休みは後日に。お盆は通常通りの診療です。今日の夕方は雷雨の予報でしたが、幸い短かったですね。前回のような停電は困りますので。最終の新幹線で帰ってくる家内を待ちつつ読書、いや居眠りかな?

猛暑

暑い日が続いている。木曜日は落雷のお陰で(?)、ワクチンの避難訓練が出来た。緊急時に備えることは大事。1回目と2回目では、段取りが違う。朝まで停電という事態ではなく、本当に良かった。診療自体は静かで、問題はヘルパンギーナのみ。突然の高熱がでる疾患で、2歳から4歳が中心である。今年のように、手足口病がほとんど見られない年も珍しい。

停電

今日の夕方から世田谷は激しい雷雨。6時過ぎから停電に。ネットでは停電解消となっていたが、全く電気はつかず。懐中電灯での生活になった。冷房も効かず、食事も取れないし、洗濯もできない。電気の有り難さは身にしみたのだが、1時間経っても回復の兆しはない。
最大の問題はワクチン。冷蔵庫の温度が上がると、ワクチンは使えなくなる。土曜日に帰省予定の家内は、保冷パックを冷凍庫に多く保存していた。危険を感じて、「三宅小児科すぎなみ」のスタッフに携帯で連絡。杉並は停電していない事を確認した。家内とワクチンを保冷パックに入れて、雨の中車で「すぎなみ」に向かい、スタッフに保管を依頼した。
幸い、9時過ぎには電気が点った。明日と明後日は、「すぎなみ」は臨時休診。スタッフに運搬の手間をかける訳にはいかないので、再び車で回収に。すべてのワクチンを、当院の冷蔵庫に戻したところ。このような事態を想定して、「すぎなみ」の保管能力は高いのだが、起こってほしくない事態。今年の天気は異常だ。疲れた1日となった。
ワクチンは生ものだし、色々な生き物(ペット)もいるし、なかなか留守はできない。「すぎなみ」とお互いにカバーしあうのは、このような事情による。明日と明後日は、当院が「すぎなみ」の手助け。10時半になったが、そろそろ夕食を食べよう。

カンピロバクター腸炎の増加

中国で賞味期限切れの鶏肉の加工が、問題となっている。鶏肉と言えばカンピロバクター。7月に入って、カンピロによる食中毒が、急に増えてきた。ほとんどが鶏肉。鳥刺し、バーベキュー、焼く鳥屋などでの感染が中心。戸外でのイベントが増える季節。鶏肉の扱いや、食べ方には十分に注意してほしい。
触ったら手を洗う。必ず加熱する。子供には生肉は接触させないことが基本。下痢が続く時、発熱と下痢の組み合わせ、食べた物に思い当たる点がある場合には、必ず医療機関を受診してほしい。下痢には注意は必要だ。

聖蹟桜ヶ丘

今日は昼に仕事を終え、家内と電車で聖蹟桜ヶ丘に。今回は都立桜ヶ丘公園から、若葉台経由、京王永山までのウォーキング。道に迷いながらのウォーキングで、およそ2万歩。多摩丘陵はアップダウンがきつく、気温が高いこともあって、予想外の疲労。
都立桜ヶ丘公園の中に、旧多摩聖蹟記念館があった。聖蹟とは?と思っていたのだが、「天皇が訪れた場所」という意味らしい。明治天皇が兎狩りに4回訪れたので聖蹟となった。また、桜の木が多く、聖蹟桜ヶ丘と呼ばれるようになったのだろう。
若葉台や永山も高層マンション群で、まさに新しい多摩ニュータウンに変貌していた。永山駅でアイスコーヒーを飲んで、帰路についた。たまにはこのような企画も面白い。地図を見ながら、道を間違えながらのウォーキングは、認知症の予防になるかも?
明日には「関東の梅雨明け」になるだろう。前回のブログでもお知らせしたが、「「三宅小児科すぎなみ」は水曜日は診療で、金曜日と土曜日は臨時休診。家内は週末に帰省する予定。土曜日は11時までの診療。私は通常通りに診療。バタバタした1週間になりそうですが、夏休みで子供たちも東京には少ない?診療自体は静かな1週間になると予想。予防接種がお薦めです。

今週の予定

火曜日以降は、当院は通常通りの診療となります。8月の末に帰省する予定。その時には「三宅小児科すぎなみ」がカバーします。
「三宅小児科すぎなみ」は水曜日は休診日ですが、今週は平日と同じで4時まで診療します。「すぎなみ」は25日(金曜日)と26日(土曜日)は臨時休診になります。身内の冠婚葬祭は避けられませんので、ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。25日と26日は当院がカバーしますので。
今朝は家内と神田川を散歩。セミの抜け殻を見つけました。アブラゼミやミンミンゼミも、少しですが鳴き始めました。いよいよ夏本番でしょうか。小学校も夏休み。環八も車は少なく、子供の姿もほとんど見かけません。東京から人がいなくなりますね。私も家内も、ノンビリ仕事でしょうか?

海の日

今日のテーマはヘルパンギーナ?高熱と喉に水疱ができる病気です。コクサッキーウイルスが原因ですが、今年は流行が遅く、今日あたりがピークになりそうです。
扶養家族(虫や魚)が増えてきました。先日、患者さんからキアゲハの幼虫をいただきました。食草はパセリ、芹、アシタバなど。
キアゲハ幼虫
綺麗な幼虫です。2日後には蛹に。

ハトバス

今日で61歳になった。東京に24年以上も住んでいるが、観光地はほとんど行ったことがない。というより、行く時間がない。ディズニーシーに1度行ったことがあるぐらい?別府という観光地で生まれ育ち、学生時代も観光地の京都。どうも観光する気になれない。
集団行動が全く苦手な私は、バスツアーや集団での観光旅行も、大の苦手。修学旅行など意味が分らないと思っていた。バスから降りて、勝手に行動していた。この歳になって、「それではいけない」と反省。集団観光を試みようと思った矢先に、家内が「ハトバスに乗らない?」と誘ってきた。渡りに船と賛成。時間がないので、「サンセットークルーズ&スカイツリー」コースを選んだ。
先週の木曜日は時間があったので、先週に行く予定だったが、台風直撃で中止。1週間の延期に。家内は「ちょうど誕生日。ピッタリね」よ大喜び。天気予報は雷雨。今日は午後の用事を済ませて、3時過ぎに東京駅。ハトバスツアーとなった。
幸い、雨も降らず、船も揺れず、スカイツリーも人も少なく、まさに絶景。9時半に東京着で、10時半に帰宅となった。
集団行動はペースがゆっくりで、どうも調子が出ない。家内も「ペースが合わないわ。いつもバタバタ、ゴリゴリ歩くから」と。しかし、家内とゆっくり話が出来た。「楽しい、記念の誕生日になったわね」と言われて、「記憶に残る誕生日だね」。おそらく二度と行く事はないだろうスカイツリーの最上階まで上ったのだから。私も家内も、集団生活には適さない事を実感した1日でもあった。でも、企画してくれた家内に感謝かな?

2つの虹

私事ながら、明日(17日)で61歳になる。この歳になると、嬉しくもない。テーマは先日も書いた健康寿命かな?後日、感想を書きたいと思う(まだ、60歳なので)。
連休のお知らせを。20日は用事があり、全く時間が取れない。
1)19日(土曜日)は通常通りの診療。
2)20日(日曜日)は休診。
虹1
先週の夕方、雷雨の後の空に2本の虹が浮かんだ。

個人情報の流出

子供の個人情報が流出したことは、大きな問題である。さらにお、その情報が高値で取引されている。子供の情報は、教育だけでなく、色々なグッズを販売する上で、大きな力を持つ。つまり、お金になるというlこと。子供にかけるお金は、大人の出費以上の価値があるのだろう。
私の孫たちも、神奈川の水族館で、アンケートに答えて景品を貰ったようだ。親も子供も殺到していたらしい。このイベントも個人情報を得る手段。いい加減な娘は、適当な名前を書いたらしく、後日その名前で学習販売のカタログが送られてきた。どうも私の住所を書いたらしい。「やはり、この名前で送られてきた」と、娘は納得していた。当然、この情報も流出しているのだろう。
「京大の近くに、いい投資物件が」とか、下品な関西弁での投資の誘い電話が、昔は時々かかっていた。どこかで名簿が流出しているはず。大人の情報は、ほとんどザル状態であり、情報自体には価格はないのか。子供の情報を入手するのは困難なのだろう。今回の問題は、大きな意味を持つ。もっと深く調べる必要がある。

ヘルパンギーナもどき?

発熱を伴う風邪(?)の流行が始まった。高熱とノドが赤いのが特徴。ヘルパンギーナかな?とも思うのだが、ノドに典型的な潰瘍を作るケースは少ない。コクサッキーウイルスだろうと推測するのだが、何ともすっきりしない。典型的な手足口病は、ほとんど姿を見せていない。
ここ数年、真夏に流行していたRSはなく、アデノも溶連菌も少なくなった。今週で幼稚園も学校も終わり、来週からは合宿などの移動が始まるのだろう。高速道路や遊園地は混雑し、東京からは子供たちの姿は少なくなるはず。いよいよ夏休み。その前に、梅雨明けしてほしいところ。今週もノンビリと仕事の予定。予防接種と健診がお薦めなのだが、天候と気温がどうなるのかな?

トイレの改装

昨日(土曜日)から日曜日にかけて、トイレの改装を行った。25年前にはチャイルドプロテクションチェアなどはなく、古い型のトイレであった。いつかは改装を、という思いがあったのだが、全面改装には時間がかかる。今年は珍しく時間的に余裕がある。またとないチャンスと思い、昨日からの工事となった。
工事の際には、水回りが一時的に止まる。患者さんに迷惑をかけないように配慮して、工事をしてもらい、今日の7時近くに無事終了した。1階と2階部分のトイレ完全改装。利便性が増したと思っている。先日は網戸と冷房に手を加え、第三診察室もリニューアル。次は待合室の椅子かな?今年は古い部分から、順番に改装していく予定。まあ、出来る範囲で。
診療には影響が出ないように、できる限り工夫する予定だが、もしも機材の搬送や騒音で、迷惑をおかけすることがあるかもしれない。その際はお許し願いたい。

カラスの鳴き声

今朝4時過ぎに、カラスの鳴き声で目が覚めた。数羽のカラスが、警戒の鳴き声。その異常さで目覚めた数分後に、地震の揺れを感じた。揺れ自体は僅かで1分ぐらいで治まったのだが、「何故、カラスが大騒ぎを?」と思ってしまった。地震の後、すぐにカラスの声は小さくなった。その直後から、土砂降りの雨。雷雨である。慌てて窓を閉めた。何とも騒がしい朝となったのだが、4時22分に岩手、福島を中心に、大きな地震(マグニチュード6.8)が発生したことを知った。東京は微震だったが、東北を中心に大きな地震が起きていた。テレビはその報道一色である。
大雨と台風、そして雷雨と地震。その後に猛暑が来るのだろう。農作物の被害も大きい。異常気象が続いている。今日は雷雨の後の高温。湿度が高くなるはず。熱中症に注意だ。

脱法ドラッグの新名称?

台風が去って、天気は回復。当地では大きな被害はなく、一安心ですね。フェーン現象で蒸し暑くなりそう。雷雨の危険があり、洗濯物の外干しは迷うところですが。プール熱はパラパラありますが、静かな診療が続いています。待ち時間は0から10分ぐらい。このような夏も珍しい?当院の夏休みは、8月末と9月の上旬になります。
脱法ドラッグによる交通事故の報道が多くなりましたが、単に注目されるようになっただけかも?交通事故だけでなく、色々なトラブルを起こしていた可能性はありますね。新名称の募集よりも、麻薬類似の副作用のある代物は、すべて禁止薬剤にする法律が先では?あっさり危険薬物と改名するのが、妥当ではないでしょうか。禁止予定薬剤とか麻薬類似薬剤とか、何でもかまいません。法的な取り締まりが、早く出来るといいのですが。

金曜日は台風?

大型の台風が近づいている。木曜日と金曜日に襲来と思っていたが、速度が低下。金曜日が本番となりそうだ。土曜日には通り過ぎてほしい。梅雨前線の影響もあって、昨夜は雨が降っていた。今日も天気は悪いが、木金はさらに天気は悪くなる予報。今日の方が、来院には安全かもしれない。早く梅雨が明けて、台風も去ってほしい。

さくらんぼアレルギー

私の大好きなサクランボと桃のおいしい季節。この時期に多いのが、「サクランボを食べると口が痒くなる」「モモを食べると、ノドがイガイガする」という訴え。この症状はアレルギーである。
血液検査でサクランボのアレルギーを証明する事はできないが、モモやリンゴ、シラカバの花粉で代用できる。前にも書いたが、サクランボ、モモ、リンゴ、ナシ、イチゴは1つのアレルギーであり、アレルギー症状の強い順に並べている。サクランボにアレルギーがあると、いずれリンゴがダメになって、最後はイチゴとなる。豆乳が絡むことも。
サクランボやモモは季節の食べ物であり、アレルギー症状を感じたら、除去することをお薦めしたい。但し、加熱すれば食べることができるので、缶詰やシロップ漬けはOK。また、アメリカンチェリーはアレルギー的には異なるようで、アメリカンチェリーは食べることが出来る場合はある。イチゴまでいくと生活上で差し障りがあるのだが、そのような症例は稀である。
スイカやメロンのアレルギーもこの季節。「食べたいから確かめたい」という希望がある場合には、検査で確認することをお薦めしたい。

健康寿命

健康寿命とは日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間のこと。健康年齢と言うことも。私の年齢になると、単なる寿命よりも、健康寿命が問題となるし、家内ともこの話題になる。
直近の日本のデータは、大まかに男性は70歳、女性は73歳である。寿命から考えると、男性はマイナス9歳、女性は13歳となる。このデータは女性の方が、介護対象となる時間が長い事を意味している。男性の方が動けなくなったら、ポックリ死に易いのか?それにしても、9年と13年は長いと思ってしまう。私の祖母の介護期間はちょうど13年。
もうすぐ61歳になる私は、平均的に見ると、あと10年かなと思ってしまう。癌になることもあるだろうし、脳梗塞や心筋梗塞もありかな?とも思う。当然、認知症もあるだろうし、膝や股関節が傷害されて、動けなくなることもある。まあ、この歳になれば、何でもあり。内科の友人が、「80歳で認知症のない人はいないよ」と断言していた。どんなに頭が良くても、70歳を過ぎれば、大なり小なり知的なハンディーを背負う。さらに精神的なストレスは、認知症を加速させる。
「学校の成績が良い」などは、18歳までの話。学童期の話なので、僅か12年。大学を入れても16年。学生時代にどんなに頭が良くても、まあこの歳になると全く関係がなくなる。寿命と健康寿命の差を考えると、学生時代の成績など、ほとんど意味がないと思ってしまう。
自分の健康寿命を、どこまで延ばす事ができるのか?私は60歳を過ぎて、これを1つのテーマとして捕らえている。大まかな結論は出たかな?後は実証してみるしかない。もうすぐ、61歳である。

梅雨明けは?

今日は夕方まで雨模様。明日は少し晴れるのかな?今日は梅雨らしいシトシトと降る雨。いささかうんざり。余り暑いのも嫌だが、これほどの長雨は、いささか飽きてきた?仕事は静かで、夏風邪の流行もほとんどない。汗疹や虫刺されなどの皮膚のトラブルも、この天気では少ない。今日も静かに仕事を終える予定。

低身長

今夜は家内と、低身長をテーマとした講演会に出席した、ほとんど眠らずに(5分ぐらいは居眠りしたかな?)、興味深い話を聞くことが出来た。私の専門外であり、経験のない分野には手は出さないのだが、どのタイミングで紹介するか?というテーマは避けて通れない。健診などでも、相談を受ける。
治療することで、将来5センチ伸びるならば、治療する価値はあると思ってしまう。出生時体重の低下は、身長にも影響し、小さく産まれて、小さく育つケースが多くなっている。良い勉強になった。身長を伸ばすサプリ、成長ホルモン入りのグッズは、理論的には全く効果がないとのこと。この手のグッズには、手を出してはならない。

スクラブ

6月からウルトラクールビズのスタイルになっています。上着はスクラブという手術着1枚。毎日、違った色を楽しむ事ができます。私も家内も、10種類近くの色のスクラブがあって、気分によって色を選択しています。いささかラフ過ぎるかな?とは思うのですが、気楽に色を選べることは、気分転換になります。
今年のように時間があると、虫の世話や、メダカを眺める余裕があっていいものです。私はノンビリしていますが、集団的自衛権の問題が、一方的に決定。国民に信を問うというステップは踏まず。これが世界的な抑止力になるのか?医療費の急増の抑制も、急務。しかし、医療費とい言っても、医師の関わらない、いわゆるブラックな部も多いので、まずその部分を掃除すべきかなと、私は思っています。まあ、このブログで政治の話はタブー。突っ込んでを書くわけにはいかない?

7月1日

今日から25年目ですね。静かな幕開け。この1週間は、例年ならば手足口病とヘルパンギーナがテーマですが、今年は全く姿を見せず。逆に例年以上の、突然の雨。今朝は日がさしていますが、夜中は降ったようですね。
昨夜は家内と、神田川沿いを散歩しながら、24年間を振り返っていました。途中で雨がパラパラ。紫陽花も終わりに近い状態。早く梅雨が終わるといいのですが。7月と8月はいつものように、小さなオモチャを用意しています。夏の風物詩かな?少し楽しんで下さいね。