26周目の走行

1990年7月1日に開業したので、残り1 日で25年が終わる。開業してちょうど25年。1つの区切りである。(昨年も同じことを書いた気がするが)この25年間大きなトラブルもなく仕事ができたことは、多くの患者さんのお陰である。改めて、感謝の意を伝えたい。
25年は流石に長い。開業当初によく使われていたが、今はほとんど使われなくなった薬も多いし、予防接種も様変わり。ポリオは生から不活化になり、4種混合として組み込まれた。BCGは個別接種となり、ヒブや肺炎球菌ワクチン、ロタワクチンなどの新参ワクチンが登場し、B型肝炎ワクチンの定期接種化が予定されている。
25年前の私と家内の写真を、久しぶりに見たら驚いた。当たり前のことだが若い。私の外見と同じぐらい、考え方も変ったと思う。子どもは自立し、親を見送る立場に立っている。立場が変れば、考え方が変る。また、患者さんの顔ぶれも、次の世代に移ってきた。まさに世代交代である。「三宅小児科すぎなみ」の開院から2年半。当院は年数的にはちょうど10倍。仕事面でも、世代交代が進んでいくのだろう。
私は過去を振り返る趣味はない。しかし、最近では過去を吟味しながら、今後の生き方を考えている。私の世代は、おそらく同じ事を考えているはず。「人に迷惑をかけない」「若い世代のサポートに徹する」この2つ。具体的にどのように生きるかは、ほぼ決まっている。それが出来るかは運次第。
明後日から26周目の走行が始まる。まだ体力と知力は残っているので、家内と併走しながら、ゆっくりと走って行く予定。もう少し、お付き合いの程、宜しくお願いしたい。

脱皮

この時期に流行するのがヘルパンギーナと手足口病。今年は少ない。ヘルパンギーナは10例弱で、手足口病も20例ぐらい。手足口病はコクサッキーA16型がほとんど。A6型らしい症例が2例。今週末は静かな予定。
昨年はオオクワガタを繁殖させる年。幼虫を育てて、菌糸ビンで育てていた。蛹室を作ったところで、眺めて楽しむ。幼虫から蛹に変化するのに要する時間は30分から1時間。蛹から成虫に変身する時間は1時間から2時間ぐらい。成虫になって1ヶ月で取り出すことになる。眺めていたオオクワガタは、昨日ですべて成虫になった。今年は全般的に小さい。
患者さんから頂いたノコギリクワガタの幼虫は、まだ蛹にはならない。ハルが駐車場のブロックの下で見つけた幼虫は、無事にコガネムシ(青銅金という名前のコガネムシ?)になって、ゼリーを食べている。キリギリスは最期の脱皮に失敗して、不完全形になった。まだ、鳴き始めるのは10日ぐらい先?先日、公園の田んぼで貰ったザリガニは、脱皮に成功した模様(ハルが管理している)。脱皮というか、変身というか、生き物の変化を眺めるのは、本当に神秘的だ。

リンゴ病(伝染性紅斑)警報

都内でリンゴ病が増えているため、東京都が初めての警報を出した。リンゴ病はヒトパルボウイルスによる感染症で、世田谷では4月から流行が始まっていた。すでにピークは越えた感じ?今週は3名の来院があった。
症状は頬が斑に赤くなって、上腕と大腿部に斑な(レース状と呼ぶ)発疹が出る。子どもでは発熱はなく、発疹に軽い痒みがある。大人は微熱が出て、関節痛を訴えることがある。妊娠初期の方の感染は要注意。
発疹がでた時には伝染性はほとんどないと考えられており、登園や登校はOKである。ということは、感染を防ぐ手立てはない?日差しが強い時期なので、日光に当たると発疹の赤みが増したり、一旦消えた発疹が再出現することがある。強い日差しは避ける方が好ましい。

サクランボ

九州は大雨が続いている模様。東京も明日の夕方から、土曜日にかけて雨の予報だが、大雨にはならない?今夜は上弦の月が、雲間から見えた。
6月はサクランボの季節。スイカやメロンも美味しく、果物が好物の私は、朝は果物が主食。但し、歯の事情を考えて、バーミックスで砕いて食べている。味気ないと思うのだが、慣れるととても便利で美味しい。
ここ数年、果物アレルギーが増えていると思う。外来で普通に出会うアレルギーである。すべての果物でアレルギーが起こる。珍しいのはブドウと柿とミカン。バラ科の果物は共通のアレルギーで、最も症状が強いのがサクランボ。血液検査ではサクランボアレルギーは証明できないが、リンゴで代用できる。
サクランボに次いで、症状が重いのはリンゴと桃。ビワ、梨、イチゴと続く。ノドが痒くなるようなら、その果物は除去。加熱すると、アレルギーは起こさない。このアレルギーはスギ花粉、カバ属(シラカンバやハンノキ)の花粉症を合併し、ヘーゼルナッツアレルギーを併発する。濃い豆乳でノドがイガイガすることも。
私はエビやカニなどの甲殻類と、イカやタコなどの軟体類にアレルギーがあるが、果物アレルギーはない。大好物のサクランボを食べて、次は桃。これでは体重は減らない。2キロの減量目標は、当分は達成できそうにない。

手記

以前に伝記は事実を美化していて、とても信用できないと書いた。小学生の頃、図書館は伝記で溢れていた。でも、何だか変?都合の良い所を、美化して書いていると感じた。伝記とは第三者が資料や聞き取りでデータを集めて、それを組み合わせて書いた本。多くのデータの中から、第三者が自分で取捨選択して、いわゆる美談を作り上げたものと感じていた。中には、重厚で客観的な本もあるので、これはあくまで一般論である。
手記は本人が回想的に勝手に書いた本。人間の記憶とは、都合の悪い記憶は薄れ、都合の良い記憶は強く残る。ギャンブルでも勝った記憶は残るが、負けた記憶はほとんど残らない。残った記憶でも、自分の都合の良い解釈で、どうしても歪められてしまう。その意味でも、手記は伝記より信用できない。伝記の内容の60%、手記の90%は嘘と、私は勝手に解釈している。
手記はノンフィクションではなく、フィクションの世界と考えるべきだ。問題は手記を出す目的である。目的は1つしかない。自分の為。自分を正当化するか、自慢するか、自虐的で同情を買うか、そのあたりである。手記も1つの参考意見としては、意味があるかもしれないが、私はお金を出してまで、著者の懐に協力する気にはなれない。図書館で購入して、多くの人が読むのは悪い方法ではないかも。
先日読んだ「家族という病」。この本は手記である。放置していた本を娘も読んだようで、「両親の介護の経験なく、兄の死も事後報告。家族を語る資格はないね」と。私は単なるタイトルの誤りだと思っている。「私という病」という内容。まあ、手記は「どこに嘘があるか?」と考えながら読むのが、一番面白いと思うのだが。

今週の待ち時間

今週の待ち時間は5分から15分ぐらいです。待ち時間が長くなると、患者さんも私もストレスになりますので、この待ち時間がベストでしょうか。
昨夜は用事があって、新宿に出かけたのですが、外国人が多いですね。エレベーターに乗っても、日本語はほとんど聞かれません。スーパーでの消費は伸びていると感じるのですが、デパートは外国人頼み?と感じています。これはあくまでも私の感覚であって、統計的には違った結果になるかもしれません。
感覚と統計は、必ずしも一致しません。どちらが正しいか?と言えば、統計に軍配が上がります。サンプリングの数と広さが違いますので、統計の方が正しいはず。でも、私にとっては統計はあくまで参考値。自己中心的な性格ですから、自分の感覚を信じています。仕事も同じで、病気の接近を肌で感じる、この感覚が大事。感覚と言っても、単なる感想や予想ではありません。経験と近隣のデータを頭に入れて判断するのですから、自分の感覚を信じますね。
今年の夏は、静かな夏になると感じています。大きな病気の流行はない予定。ヘルパンギーナ、手足口病、アデノなどは小さな流行になるはず。

ヤブキリとキリギリス

育てていたバッタくんは、最期の脱皮で何とすべてヤブキリに変身。オスは1週間前から「ジージー」と鳴いている。個人的には、良い声だと思う。キリギリスより早く成虫になり、早く天寿を全うするので、慌ててキリギリスのオスを手配した。夏の声は「ギーチョン、ギーチョン」かな?何だかやけに扶養家族が多いのだが。
当分は静かな診療が続く予定。予防接種がお薦め。予防接種の種類が多くなり、BCGが個別接種となったため、診療における予防接種の占める割合が大きくなった。さらに、予防接種のお陰で、麻疹や風疹は幻の病気となり、水痘やオタフクカゼも少なくなった。その意味でも、予防接種の意義は大きいと思う。
風疹や麻疹の大流行を2、3度経験したが、若い医師が風疹や麻疹に出会うことはまずないだろう。喜ばしい事なのだが、「たまには診察したい」という不謹慎な感情が沸いてくる。この感情は郷愁なのかな?

耳下腺炎

溶連菌感染が僅かに見られるのみ。アデノも手足口病も、ほとんど姿を消した。静かな診療である。
以前にも書いたことがあるのだが、オタフクカゼの診断は難しい。耳下腺(耳の下)が腫れただけでは、オタフクカゼの診断はまずできない。予防接種をしたことがあるか?近くで流行があるか?などの情報は参考になる。両側が腫れている場合は、オタフクカゼの可能性が高くなる。
この2週間で、5名の方が「耳の下が腫れた」と来院された。結論的に言うと、1名がオタフクカゼ。残りの4名はオタフクカゼではなかった。オタフクカゼの診断は、本当に難しいと再認識。症状だけで診断するのは、まず不可能だと思う。

日本脳炎ワクチン接種の18歳児への勧奨

日本脳炎ワクチンは平成22年に、新しいワクチンが登場するまで、一時的に接種が中止となっていた。そのため、接種漏れの方が存在することに。
世田谷区は、本年度に18歳になる方を対象に、接種票を送るとの連絡があった。
1)対象:平成9年4月2日から平成10年4月1日生まれの6309名。
2)発送予定日:6月30日
3)日本脳炎ワクチンⅠ期(2回+追加1回)、Ⅱ期を接種されている方は接種の必要なし。主にⅡ期を忘れている方の救済。一度も接種していない方は、Ⅰ期から接種を。
つまり、世田谷の高校3年生全員に、日本脳炎ワクチンの問診票は送られてくる。母子手帳を確認の上、接種漏れの場合に接種を勧奨する。当院でも「三宅小児科すぎなみ」でも接種可能。
6月、7月は季節柄か日本脳炎ワクチンの接種が増えている。とりあえずお知らせまで。

18歳からの選挙権

選挙権が20歳から18歳に引き下げられた。私は賛成である。18歳になれば、ある程度の分別はつく。分別というより、他人事であった選挙が、自分の責任になるのだから、政治が興味の対象となるし、考えるきっかけにもなるはず。
公平な選挙と言っても、20歳から30歳の若者の投票率は20%から30%のことが多く、60歳から80歳では70%前後である。これでは選挙ですべての世代の意見を反映という訳にはいかない。自衛権の問題にしても、実際に参加するのは若者であり、選挙で決定するのは、私も含めた高齢者という構図になる。
若者の意見を反映させるには、投票率を上げるか、投票年齢を下げるしか方法はない。年齢を下げることで、政治に対する興味がわいて、将来的にも投票率が少し向上するのでは?と期待してしまう。言葉は悪いのだが、「老人が決定し、壮年が指揮して、若者が死んでいく」という戦争は、避けなくてはならない。私は18歳から選挙権に賛成である。

ミッションコンプリート(mission complete)

昨日は予想より静かで、午前中は12時過ぎに、午後は6時に仕事は終了した。土日が睡眠不足で、時間に追われる生活であったため、忙しくても通常の生活は有り難いと思う。
昨夜、友人から突然のメール。退職の知らせであった。突然のことで驚いたのだが、その業界で40年働き、業務の区切りがついたのだろう。退職しても、おそらく引く手あまた。今までの経験を生かして、まだまだ活躍するはず。第二の人生に拍手を送りたい。
その突然のメールの中に、「ミッションコンプリート」という言葉が。任務完了。彼らしい言葉であり、その中に含まれる意味を、私なりに感じ取っていた。この1年で、彼の最後の大きな仕事が終わったのだろう。次の指令が、すぐに来るはずなので、つかの間の休養を取って欲しい。
60歳を過ぎると、退職の話が多くなる。勤務医の退職は65歳が多いので、これから益々増えてくる予定。残念ながら、いや幸いなことに、自営業の私の退職は自分で決めるしかない。これは、本当に困った問題である。体力と知力と、人生に対する考え方の問題とも言える。
昨夜散歩しながら、「僕もミッションコンプリートかな?」と真面目に言ったのだが、家内は「20年早いんじゃないの」と全く相手にしてくれなかった。「まあ、必要とされる間はね」と私。帰って、友人に「ご苦労様でした」とメールを送った。

ご迷惑をおかけしました。

飛行機の遅れもあって、8時過ぎにタクシーで帰宅できたのですが、新しい道路ができて、時間は短縮されましたね。今までならプラス30分というところでしょうか。機内は40%は小児科医?という状態でした。
土曜日の3時前に、「すぎなみ」の神尾から詳細な連絡が入りました。こんな静かな時期ですが、思わぬ事もあり、ある程度予想された(?)トラブルありで、本当に申し訳ないと思いました。神尾がカバーしてくれたので助かったのですが、待ち時間が長くなり、「すぎなみ」をかかりつけにしていただいている患者さんにも、大変迷惑をおかけしました。
途中から娘たちも合流して、賑やかなイベントになりましたが、この年になると移動は疲れますね。これから風呂と食事です。明日は色々あるはず。早く寝て、明日に備えたいと思っています。

土曜日は休診になります。

13日(土曜日)は休診となります。お困りの方は「三宅小児科すぎなみ」を利用して下さい。当日の「すぎなみ」は受付時間は、8時45分から12時30分までとなります。
アデノ(プール熱)と溶連菌の小流行はありますが、至って静かな診療です。「すぎなみ」の近くで流行していたアデノが、少し近づいてきた感じ?今年はやり残していたテーマを、少しずつ消化していく年。今回の学会もその1つです。大変ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。

立葵(たちあおい)

何度も繰り返して申し訳ないのだが、13日(土曜日)、14日(日曜日)は学会のため不在。13日は臨時休診となる。ご迷惑をおかけするが、お許し願いたい。いくつかの義理と用事が重なってしまった。「三宅小児科すぎなみ」が受付時間を12時30分までに延長して対応する。お困りの方は、「すぎなみ」を利用していただければ嬉しい。
昨夜は紫陽花を見たいと思って、家内と上水公園を桜上水まで散歩。紫陽花というと赤、ピンク、紫が定番なのだが、白の紫陽花が多くなった。夜の散歩なので、紫よりも白が綺麗に見える。咲いているのは白いクチナシの花と立葵。立葵は背丈が1.5Mぐらいで、真っ直ぐに伸びた茎には赤やピンクの花が。初夏の風物詩である。
病気の流行もなく、静かな診療。予防接種が主な仕事。本を読んだり、虫の世話をしたり、散歩したり、年相応の生活を楽しんでいる。社会人になってちょうど35年目が終わる。人生の節目?

アメリカザリガニ

日曜日の午前中は、急病センターの仕事が入っていた。「三宅小児科すぎなみ」の神尾が、「私が行くよ」と言ってくれたので、神尾に任せることに。午前中はフリーと喜んだのだが、ハルとナツの相手をするのは誰?ハルの父親も仕事。この2人の相手は、家内だけではいささかきつい。そこで私も参戦することに。後で思ったのだが、仕事の方が楽かも?
早朝は将軍池公園をハルと散歩。ナメクジとダンゴムシがテーマ。8時を過ぎて、4人で散歩に出かけた。公園に立ち寄り、紫陽花を楽しみながらの散歩は楽しい。途中で田んぼがあった。仕事をしている人に、「ザリガニがいますか?」と聞いた。「たくさんいるよ」との返事。アメリカザリガニはイネの根っ子を切るため、駆除対象の外来種。バケツに処分されるザリガニが5匹。
「1匹貰っていいですか?」と聞くと、「不要になっても、池などに逃がさないでね」という条件で、一番小さいザリガニを貰ってきた。ハルとナツは大喜び。自宅で飼うことに。2匹で飼うと共食いするので、1匹で十分。娘達が小さかった頃、ザリガニを釣って、飼っていたことを思い出した。
今日はザリガニのエサと、ザリガニが隠れるグッズを数点購入。今は小さくて地味だが、脱皮を繰り返して、赤みの強い立派なザリガニに成長するといいのだが。大学生の頃、哲学の道に沿った琵琶湖疎水で大量発生したザリガニを釣って、ボイルして食べた、正確に言うならば、友人に食べさせた記憶がある。私はアレルギーがあるため、食べることはできず。何だか懐かしかった。

鉄砲玉

今週の土曜日は臨時休診となります。「三宅小児科すぎなみ」をご利用下さい。
本院は溶連菌、分院はアデノ(プール熱)がテーマですが、全体としては静かな6月です。予防接種と健診がお薦めです。
前回のブログで過分数が出てきましたが、私のもう1つのあだ名は鉄砲玉。母は私の事を鉄砲玉と呼んでいました。「君は本当に鉄砲玉のような子だね」と。その心は、「一度飛び出すと、戻ってくることはない」。早朝から飛び出すと、日が暮れるまで帰ってこない。食事は弁当持ちのことも、現地調達のことも。夏は昆虫採集、冬は鳥を捕まえ、春と秋は山菜採りと釣り。本当に面白かったですね。
当然、怪我などのトラブルは多かったのですが、事故や人災という意味では、今の方が危険が多いと思いますね。1人で勝手に野や山へ、という訳にはいかない時代ですから。母は家内と初めて会った時に、「この子は本当に遊び過ぎた。あとは仕事しかない。育った時代が良かったからね」と言いました。私は「何が仕事だ」と内心思っていましたが、母の予言は当たるので。
私が「遊び足らないなあ」と言うたびに、家内は「お母さんは仕事しかないと言ってたよ」と、必ず釘を刺してきます。母に「仕事は十分にやったよ」と報告出来るといいのですが。

過分数

来週の土曜日は、学会のため臨時休診となります。ご了承下さい。
あだ名は悪意のあるものから、親しみを込めたものまである。小学校卒業の時に、文集作成係は私。コピーなどない時代で、ガリ版に傷を付け、インクをつけたローラーで印刷するという手間のかかる作業。私は名簿に「あだ名」という項目を設けた。
全員のあだ名を書くのだが、静かで余りしゃべらない女の子がいた。その子にはあだ名が付いていない。そこで私は「クチナシ」と勝手に書いた。当然のことながら非難続出(私は白いクチナシの花をかけていたのだが、面倒なのでその説明はせず)。書き換えるハメになった。ちなみに私のあだ名はミケネコ。家の中での私のあだ名(愛称?)は過分数。頭が大きいのと、理屈ばかりこね回すという意味。過分数とは、分子が分母より大きい分数のこと。
昨日は仕事の最後に1歳半健診を行った。そのまま白衣(スクラブ)のポケットに、頭囲や胸囲を測定する時に使ったメジャーが入っていた。自分の頭囲など測ったことがなかったので、家内に「測定してくれる?」と依頼。「腹囲ね」と悪い冗談が返ってきた。測定したら59.3センチ。「成人の正常値はいくら?」という話になった。まあ、この歳になったら、頭の大きさではなく、脳の大きさが問題。50歳を過ぎると、脳は萎縮し始め、小さな脳梗塞も起こってくる。そして、海馬が萎縮して認知症になる予定なのだが。癌などの病気で死なないという前提で。
49歳の時に頭部CTを撮ったことがある。その時は、萎縮も梗塞もなかったが、この年齢になるとそうはいかないだろう。家内に「頭の大きさではなく、中身の問題だね」と話した。腹囲を測定しなかった事は言うまでもない。

将軍池公園のカラス

松沢病院に隣接している将軍池公園。奥の方にポンプ式の井戸がある。その周りは大きな広葉樹の森。その中にカラスの巣があるようで、近くを歩くと威嚇してくる。頭上に飛んできたり、足の爪で頭をひっかいたりすることもあるようだ。夕方にハルとナツを連れて散歩したのだが、夫婦とおぼしきカラスが、木の上から見張ってる。
昨年も数羽のカラスが巣立ちをした。石原都政の功績は、カラスを減らしたこと。再び、カラスが増えてきた。松沢病院で普通に見られたカタツムリの全滅。バッタなどの昆虫も、ほぼ全滅している。生態系のトップにいるのは、人間ではなくカラス。将軍池公園を昼間に散歩する時には、頭上に注意が必要である。

組体操による事故

昨年の5月19日のブログで、運動会の組体操は危険で、私は反対だと書いた。今回、組体操による事故の件数が6533件であり、跳び箱運動、バスケットについで3番目に事故が多いという報告があった。組体操は運動会前の短期間に行う、特殊な運動(運動ではなく、肉体に加重をかけるだけ?)であり、参加する学年も限られている。その点を考えるならば最も危険な競技と言ってもいいだろう。
1年前にブログを書いてから、色々な意見を聞いた。私に賛成の意見もあったが、「組体操は運動会の花形」「一体感が良い」という意見も。リレーは選ばれた人だけの競技。高学年全員参加の組体操は、確かに花形であり、心を1つにという印象を受ける。同じ感覚は大縄飛びでも?
今回の報告でも、骨折などの大きな外傷が報告されている。経験的にも骨折や捻挫、打撲などのトラブルは多い。運動に危険はつきものなのだが、組体操が運動で、身体に良いスポーツかと言われると?がつく。野球やサッカーなどのスポーツと、組体操とは全く異なるもの。大縄飛びと同じで、一体感というより、イジメと差別の温床だと感じている。決して身体にもプラスにならない。子どもの肉体的、精神的健康を考えると、私は組体操に反対である。先生方にも大きな負担となっているのではないかと思うのだが。
(内田良氏の文より)
小学校の体育的活動(体育の授業、学校行事、特別活動 ※ここでは部活動は含まない)における組体操の負傷事故件数を調べてみた。以下のデータは、筆者が、日本スポーツ振興センター『学校の管理下の災害〔平成25年版〕』を参照し、独自に分析したものである。統計資料が必ずしも細かいものではないため、分析には制約がある。
単純に事故の件数の大小を比べてみると,2012年度、組体操中の事故は、跳箱運動とバスケットボールに続いて3番目に多い。なお,ここで気をつけなければならないのは、小学校の学習指導要領において、跳箱運動は1~6年で扱うべき種目、バスケットボールは5~6年(※3・4年でもバスケットボールの要素を含んだ「ゴール型ゲーム」がおこなわれる)で扱うべき種目となっているが、組体操はそもそも学習指導要領の本文ならびに解説には、いっさい記載がない。体育でおこなうものとしては位置づけられていないうえに、教育委員会によっては禁止しているところさえある。

もうすぐ梅雨?

真夏の様な暑さが続いています。明日からは、曇りや雨の日が多くなる予報ですね。梅雨前線が北上して、今週には梅雨入り?
アデノと溶連菌以外は、病気の流行はありません。梅雨入り前に、予防接種を済ませてはいかがでしょうか。
杉並区の方は、BCG、ロタウイルスワクチン、オタフクカゼワクチンについては接種出来ませんのでご了承下さい。ロタとオタフクに関しては、杉並区独自の助成があるためです。杉並区の医療機関でしか、その助成を受ける事が出来ません。「三宅小児科すぎなみ」を利用して下さい。
くり返しになりますが、6月13日(土曜日)は臨時休診となります。「すぎなみ」が診療時間を少し延長して(12時半受け付け終了)対応する予定です。宜しくお願いします。