今年も大変お世話になりました。

今日は大晦日ですね。今年もお世話になりました。本当に有難うございました。
今年の元旦に、今年のテーマは「送る」であると、家族に告げていました。その1週間後に義母が急逝し、7月に私の母が他界しました。まだ手をつけていないテーマもあり、義父のもとへ家内は通っています。私としては「送る」を達成できたと思っています。達成と言っても、これは運命であり、私の力ではありません。しかし、その時々で家族が力を合わせて対応できたことについて、私は満足しています。来年のテーマは「育てる」です。戦力補充、戦力分担、新人育成、スタッフ教育、色々な意味があります。
年末の慰安婦問題の急展開、TPPの前進、テロの拡大、安全保障の問題、色々な事がありました。国力という意味では増したとは思うのですが、ほぼ独裁政治ですから。今後に待ち受けるのは、未曾有の少子高齢化と増税。世界的にみると豊かで安全な国。この平和が続くことを願っています。
仕事については、大きなトラブルもなく、静かな1年でした。35年以上も大きなトラブルなく仕事が出来ている幸運に感謝しています。また、多くの患者さんや、このブログに付き合っていただいた方々にも感謝の気持ちで一杯です。本当に有難うございました。来年も宜しくお願い致します。

喪中と初詣

今日は静かに仕事を終える事が出来ました。入院する患者さんもなく、患者さんが無事に年を越せる状況になり、嬉しく思っています。
昨日は「喪中で初詣に行ってもいいのか?」というテーマで、家内と話をしました。準備の良い家内は、すでに調べていたようで、基本的にはお寺のお参りはOK。神社については、最近では問題なしとのこと。死に対する考えの差のようですが。ところで、高尾山の薬王院はお寺?神社?という、今更ながらの質問を。家内は「お寺です」ときっぱり。「鳥居がないからお寺なんだ」と、本当にいい加減な反応をしてしまいました。大宮八幡、靖国、大國霊は神社。高幡不動はお寺。
元旦は予定通りに高尾山に登る予定です。ゆっくりお参りして、多くのお願いをすることになるのでしょうか。26回目の元旦登山。昨年は吹雪で大変でしたが、今年は穏やかそうで安心。何人で登ることになるのでしょうか?

残り1日

残り1日となった。入院となった患者さんは昨日1名、今日1名。この時期の入院は、何とか年内には退院できますので、むしろ早く入院する方がいいかも?病院での年越しは、あまりお薦めできません。
仕事も明日の午前中が最後です。今年も色々な事がありましたが、明日の午前中で仕事納め。宜しくお願いします。早めの来院をお願いします。

読み違い?

明日(29日)、明後日(30日)は午前中(11時30分まで受け付け)の診療となります。急患のみの対応です。
今日は流石に疲れましたね。午後はゆっくりできると予想していたのですが、午前中の診療に手こずって、午後の時間帯までかかり、そのままずれ込んで午後の診療に入りました。そのため、午後が混雑することに。インフルエンザもなく、静かに28日を終える予定が狂ってしまいました。待ち時間が長くなって、申し訳ありませんでした。私の読み違えですね。
明日と明後日は急患のみの診療ですから、今日ほど混雑することはないと思っています。「すぎなみ」は今日が御用納め。問題のある患者さんの申し送りを受けました。残り2日。よろしくお願いします。

年の瀬

明日は28日。当院も「すぎなみ」も通常通りの診療です。当院は29日、30日は午前中の診療となります。
東京から子供たちの姿が、本当に少なくなりました。歩いていても、公園に行っても、人の姿はまばら。環八は混雑していました。東京脱出?今年はインフルエンザの流行もなく、静かな年の瀬となりました。明日も混雑することはないでしょう。特に午後は来院される方は少ないはず。午後の来院がお薦めでしょうか。
開業して26年目ですが、毎年12月30日まで診療しています。1年目は私と家内だけの診療で、夕方までかかりました。半年ほど前、懐かしいお母さんが来院しました。思わず、「12月30日は大変でしたね」という話に。1990年の12月30日の最後は、重症の嘔吐下痢で点滴騒ぎになりました。仕事が終わったのは5時過ぎ。私も家内もクタクタで、娘達はほったらかし。仕事が終わって、家族で喫茶店に出かけました。来院された方は、その点滴騒動のお母さん。点滴になった本人も30歳近い大人になっているとのこと。こちらも年をとるはずですね。
大きなトラブルもなく、今年は終了する予定です。病気をすべて決着をつけて、新年を迎えてほしいと思っています。「思っています」というより、「迎えていただきます」という気持ちですが。残りは3日。

嘔吐下痢の増加

年の瀬になって嘔吐下痢が多くなりました。ウイルス性や細菌性の嘔吐下痢。ロタやノロではなさそう。ここ数日は要注意というところかな?小学校も休みに入り、残るは保育園のみ。保育園も28日が最後ですね。
当院の仕事は、子供たちが無事にお正月を迎えることができるようにすることです。1月の初めは、最も病気の少ない時期。特にインフルエンザの流行がない今年は、更に静かになるはずです。30日までは最後の山登りとなります。待ち時間が長くなりますが、お付き合いの程、宜しくお願いします。

昨日はイブ

昨日は静かな診察の予定が、前日の休みと午前診療が重なって、待ち時間が長くなってしまった。この時期は一時帰国の方や、久しぶりに顔を見せてくれる方も多く、つい話し込んでしまう。
昨夜はクリスマスイブ。ハルとナツが立ち寄って、一緒にフライドチキンを食べた。将軍池公園まで散歩して、、静かなイブを楽しんだ。時間の経つのは早いものだ。
25日(金曜日):通常通りの診療です。
26日(土曜日):午前中の診療です。
27日(日曜日):7時半から9時までの診療です。
28日(月曜日):通常通り午後まで。
29日(火曜日):午前中の診療です(11時30分までの受付)
30日(水曜日):同じく午前中の診療です。
31日から1月3日までは休みです。
1月4日(月曜日)は通常通りの診療です。
1月5日)(火曜日)通常通りの診療です。
1月6日、7日は臨時休診です。
「三宅小児科すぎなみ」は12月28日までの診療。1月4日から通常通りの診療です。6日、7日は診療していますので、ご利用下さい。

タイリクバラタナゴ

入り口の水槽に、新しい仲間が1匹。タイリクバラタナゴでこの水槽の中では、最も大きい(長さではドジョウがトップ)。おそらく♂。静岡で暮らしていた頃、病院の横を流れる巴川で捕まえて、飼っていたことがある。かわいい魚だ。外来種になるのか?雑種のメダカ、タイリクバラタナゴ、マドジョウ、ヒドジョウ、シマドジョウ、スジシマドジョウなどが、狭くて浅い水槽の中で泳いでいる。子ども達が喜んでくれると嬉しいのですが。
今年は本当に静かです。午前中の終了間際を避けていただければ、全く問題は無いと思っています。
24日(木曜日):午前中の診療です。
25日(金曜日):通常通りの診療です。
26日(土曜日):午前中の診療です。
27日(日曜日):7時半から9時までの診療です。
28日(月曜日):通常通り午後まで。
29日(火曜日):午前中の診療です(11時30分までの受付)
30日(水曜日):同じく午前中の診療です。
31日から1月3日までは休みです。
1月4日(月曜日)は通常通りの診療です。
1月5日)(火曜日)通常通りの診療です。
1月6日、7日は臨時休診です。
「三宅小児科すぎなみ」は12月28日までの診療。1月4日から通常通りの診療です。6日、7日は診療していますので、ご利用下さい。

天皇誕生日

今日は冬至。この時期は寒さの影響で、午前中の終わり頃(11時から11時半)が混雑します。この時間帯を外していただけると助かります。年末までは、午後は待ち時間が短くなります。といっても、午後の診療は今日と、金曜日、月曜日の3日ですが。
木曜日、土曜日、火曜日(29日)、水曜日(30日)は午前中の診療(受付11時30分まで)となります。
インフルエンザワクチンの2回目を希望される方は、午後の時間帯がお薦めです。

電話の不具合(回復しました)

留守電にしていた電話を解除したところ、電話が話し中のままフリーズ。日曜日で修復できないため、明日の午前中までは、電話が話し中のままで、繋がらない状態となってしまいました。迷惑をおかけして申し訳ありませんが、復旧するまでお待ち下さい。(午前中に回復しました)
この1週間で、溶連菌42名、胃腸炎42名、アデノウイルス感染11名、RSウイルス感染6名、マイコプラズマ肺炎8名、オタフクカゼ2名というところ。マイコは要注意でしょうか?
ほとんどの幼稚園も修了。いよいよ冬休みです。23日(天皇誕生日)は7時30分から10時まで診療します。この3日が最後の山?今年は静かな年末ですね。残り10日、お付き合いほど宜しくお願いします。

暖冬?

暖冬で雪が降らないので、スキー場は困っているとのこと。冬休みのスキーツアーにも影響が出そう?と言っても、朝晩は寒く、散歩おっくうになりますね。日曜日は7時半では寒すぎるので、30分ほど時間を変更しました。23日(天皇誕生日)は7時半から10時まで診療します。今年は荒れませんので、問題はないと思っています。
トップは溶連菌、順にマイコプラズマ感染、胃腸炎、アデノ、RSがが問題でしょうか?健診やインフルエンザワクチン以外の予防接種が多い週でした。年末年始はバタバタしますので、時間に余裕がある時に予防接種を。
ビームゲンは1月に出荷されることになりそう。良かったですね。

B型肝炎ワクチン

昨夜は医師会で開催された、B型肝炎ワクチンについての講演会に、家内と参加しました。寒空の中、家内と散歩ならぬドライブとなりました。日本ではビームゲンとヘプタバックスⅡという、2つのワクチンが使われています。計3回の接種が基本。今回の化血研の問題で、ビームゲンが出荷規制になっており、1月には在庫がなくなると予想されています。当分は入手出来ない見込みで、先の見えない状況が続いています。国産のビームゲンが80%以上のシェアを占めていましたので、この影響は大きい。特に複数回の接種のため今の状態が続けば、大きな影響が出るはずです。
今回の講演で1回目ビームゲン、2回目ヘプタバックスという接種は、実際のデータがないため、できる限り避けるべきという話が出ました。交互接種というプログラムの研究は、実際は無理ですね。ビームゲンの不足で、同じワクチンを3回接種という訳にはいかないケースが出てくるでしょう。最もビームゲン不足の影響で、ヘプタバックスも入手困難になっているようですが。
私は30歳代の前半に、B型肝炎ワクチンを3回接種しました。抗体は十分に上昇しましたが、40代、50代の医療従事者は、抗体の上昇が悪かったと記憶しています。今回の講演でも、0歳児が抗体の産生が良く、年齢とともに免疫が獲得しにくいというデータが示されました。ワクチンによってB型肝炎ウイルスによっておこる肝癌は、100%予防出来る事も示されました。
問題は4月に定期接種化される予定が、ワクチン不足によって先送りとなり、6月になるのか?8月になるのか?10月になるのか?見通しが立たない状況に追い込まれたことです。0歳児が対象なので、大きな影響がでそうです。「もうすぐ定期接種化になりますから」という説明は、もう出来ませんね。予算は通っているらしいのですが。

溶連菌感染症に注意

学期末に増えてくる溶連菌。この2週間で増えてきた。今週がピークになる予定。発熱、ノドの痛み、嘔気や嘔吐が主な症状である。年齢的には小学生の世代が中心。インフルエンザはほとんどいない。
アデノが増加、RSが減少、嘔吐下痢の胃腸炎は横ばいというところか。昨年に比べると、病気の流行は少なく静かな12月。
今日は当院は通常通り午前中の診療。「すぎなみ」は都合により午前中は休診で、午後からの診療となる。午前中は当院、午後は分院の利用を。

今年の一文字が「安」に決まった。私には余りピンとこないのだが、安全保障が大きな問題となったから?戦争のない安心で安全な世界となり、経済も安定し、人々が安息の日々を送り、将来的にも安泰であり、心静かに安眠できることが理想なのだが。
私の今年のテーマは「送」であった。義母と母を送ることが、最も大きなテーマとなった。安置された安らかな母の顔を見て、一抹の安堵感が心に残った。そのように考えると、私の一文字も「安」に通じるのかもしれない。

ラストスパート

12月もちょうど半ば。クリスマスなどのイベントの季節。今週で冬休みに入る幼稚園も多い。来週から少しずつ移動が始まるのだろう。私の当面の仕事は、子供たちが無事にお正月を過ごせるように協力すること。今週の後半から、スピードアップ?トラック競技に例えるなら、最後の1周というところか?
マスコミで騒がれているように、B型肝炎ワクチンの入手が困難になってきた。1月までは当院も「すぎなみ」も、何とかなると思っているが、この問題は少し長引くかもしれない。そのためB型肝炎ワクチンの定期接種化が遅れる可能性が高くなった。4月からの定期接種化は不可能だろう。
年末は忙しくなるので、予防接種は早めの来院がお薦めです。

夜の散歩

昨夜はハルとナツのパジャマを買うために、次女の神尾とハル、ナツの4人で買い物に。ついでに松沢病院を一周ほど散歩。寒くはなかったが、生き物の姿はなく、将軍池公園の赤や黄色の紅葉が、ライトアップされて見応えがあった。次女とは仕事の話ばかりになるが、共通のテーマがあることは、脳の刺激になる。幸せなことだ。化血研の問題で、B型肝炎ワクチンの入手が困難になると予想される。ワクチンの確保をどうするかも、1つのテーマであった。
歩くことは脳の刺激となる。重い物を持って歩くと、膝の関節に負担がかかるので、極力避けている。ライフスタイルウォーキングと言うらしいが、1日1万歩が目標。通勤もなく、座ってばかりの仕事なので、この目標はかなり高い。今年も残り20日。今年は目標をクリアできそうだ。歩いて、景色を見て、会話をするのは一石三鳥というところ。この平凡過ぎる生活が、私の人生だと割り切って生活している。前にも書いたが、幸福度、満足度はあくまでも主観的なものなのだから。

明日はインフルエンザワクチンの接種日

今年の12月は、幸いなことにテーマはありません。現時点でのテーマは溶連菌感染症で、4歳から10歳で流行しています。嘔吐を主訴とする胃腸炎も流行していますが、大きな流行にはならないと思っています。「すぎなみ」からは「アデノ注意」の連絡が。2歳から3歳の高熱は要注意というところでしょうか?マイコもパラパラ。
この調子でいくと、ここ10年で最も静かな年末になりそうです。疲れ切るより、少し余力を残しての年越しが理想的。インフルエンザワクチンの接種も、主に2回目のお子さんが中心となってきました。今年はワクチンの問題がクローズアップされ、また価格も上がりましたので、接種される方は少ないですね。自分の年齢相応の仕事量に近づいたことは、喜ばしいことかもしれません。

紀尾井ホール

夕方から家内と新宿で待ち合わせ、丸ノ内線で赤坂見附まで。弁慶橋を渡って、紀尾井ホールを目指した。早く着きすぎたので、上智大学の横の桜並木を散歩。学会で東京に出てきた時には、この道を散歩する事が何度かあった。
小林愛実ちゃんのピアノリサイタルが紀尾井ホールで。7時からの演奏で、およそ2時間。力強いと同時に、大人の演奏に変貌していた。国際ショパンコンクールの結果は予想外だったが、これは国家間の問題。私は演奏を楽しむだけ。アンコールに何度も答えてくれた。家内も私も大満足。
来年の4月20日にオペラシティーで、7月13日にみなとみらいホールでリサイタルが予定されているのだが、日中の時間帯のため鑑賞できないのが残念。
ホールから出ると雨が降っていた。10時前の帰宅となった。明日は雨で忙しくはないと思っているのだが。高熱が持続している患者さんが数人。気になるところだが。今年の年末は中島みゆきさんのコンサートと愛実ちゃんのピアノリサイタル。たまには文化的な生活もいいのかな?

インフルエンザの現状

インフルエンザの流行は、ほとんどないと言ってもいいだろう。今シーズンで診断した患者さんは10名。すべてA型であり、小学生と大人が中心である。わずか10名なので何とも言えないのだが、症状は軽く、発熱期間も短い。微熱だけという患者さんもいて、検査するか迷う症例もあった。もうすぐ冬休みなので、拡大することはないと思っている。インフルエンザワクチンも最終段階(2回目の接種が中心)となっている。
(年末年始の予定は前回のブログを参照して下さい)

年末年始のお知らせ

13日(日曜日)は4時30分から6時まで、インフルエンザの接種を行います。時の経つのは早く、もうすぐ子供たちは冬休みですね。
1)28日(月曜日)までは通常通りの診療です。
2)29日、30日は午前中(11時30分までの受付)の診療となります。
3)31日から1月3日までは休診です。
4)1月4日から診療を開始します。
5)1月6日(水曜日)、7日(木曜日)は臨時休診させていただきます。
6)「すぎなみ」は水曜日が休診日ですが、1月6日は診療します。
7)「すぎなみ」の診療は12月28日までです。1月4日から通常通りの診療です。

大分トリニータ

私は集団生活だけでなく、集団行動も大嫌い。小学生の頃はサッカーの存在すら知らなかった。野球が唯一のスポーツ。集団行動が苦手ながら、仕方なく草野球の参加していた。今でもマラソンや登山が好きだ。
患者さんと話をしていると、野球かサッカーの話題になる。サッカーの方が運動量が多いのか、スポーツとしてはサッカーに人気があるようだ。隣の上北沢小学校のグランドでも、土日はボールを蹴る子供たちや、ゴロを取って投げる子供たちの姿が見られる。
サッカーの試合を見たことはないし、私も家内もサッカーの話題はほとんどしない。母が存命の頃、入院先の病院に行く途中に大きなドームがあり、「運動公園」という看板があった。そのドームが大分トリニータの本拠地の大分銀行ドームであった(らしい)。昔はJ1に所属しており、今はJ2のチーム。私が大分出身という縁と、患者さんにチームの関係者がいたという縁で、トリニータの戦績は気にしていた。
今年は下位に低迷し、J3への降格が決まった。J2よりJ3が格下というぐらいの知識しかないのだが、何だか残念。逆に、家内の故郷のサンフレッチェ広島はJ1優勝。「広島は強いね」と言ったら、「盛り上がるのはいいね」との返事。家内がサンフレッチェを応援していたという記憶はないのだが。変なところで、故郷の事が気にかかる。故郷はきっと、心の片隅にあるのだろう。

法律違反

クイの問題にしても、今回の化血研の問題にしても、法律違反であることは事実。確信犯かどうか?ここは意見が分かれるでしょうが、おそらく確信犯。犯人は誰かという問題ではなく、会社の方針と監督省庁の責任の問題。傾かなければ発覚しなかったはず。化血研の問題は、医療事故がきっかけではないので、内部告発でしょうか?実際に法律を遵守しているかを確認するのは、まず不可能。性善説か性悪説かという問題になりますね。

使用しているワクチンの製造元

「拍手のコメント」に質問があったので、お答えしたい。化血研の問題が背景にあるのだろう。ワクチンについては、製造過程に問題がないとの判断で、出荷は開始されている。
インフルエンザワクチン:化血研の問題で、10月下旬まで出荷が停止されていた。最初は阪大微研の通常のワクチンと、フルービック(微研)というチメロサールフリーのワクチンを使用していた。現在は化血研のワクチンとフルービックの2種類を使用している。2つ用意している理由は、接種部位の腫れなどの副作用があった場合に、ワクチンを変更することがあるため。
4種混合ワクチン:当院では微研の製品(テトラビック)を使用している。お陰で(?)今回の不足騒ぎには巻き込まれなかった。巻き込まれなかったのはただ偶然の産物?
日本脳炎ワクチン:2社で製造されている。化血研(エンセバック)を使用している。
B型肝炎ワクチン:ビームゲン(化血研)、ヘプタバックスの2種類を用意している。小児用の0.25mlのバイアルはビームゲンだけなので、ビームゲンを接種することが多い。今回の騒動で、ビームゲンも品不足となった。
企業モラルの問題はあるが、いずれも複数回接種するワクチン。途中でワクチン接種を中断したり、ワクチンの種類を変更する事態は、副作用がない限り避けたい。また、ワクチンの選択肢も少なく、入手困難な面もある。
接種ワクチンは母子手帳に、記載している(インフルエンザについては希望者のみ)。入手しやすさ、副作用、ワクチンの接種しやすさなどの問題もあり、ワクチンの選択をしている。皆さんの考えに沿って、接種していただきたい。

もう師走?

インフルエンザは広がりをみせていません。胃腸炎も少なく、静かな12月の始まり。個人的には、何だかバタバタして時間がありません。皆さんもイベントが多く、忙しい日々を送られているのでは?
今年も残り1ヶ月。アデノ、マイコプラズマ、RS、インフルなどが見られるものの、症例数は少ない。この状態が年末まで続くと、平和な年の瀬になるのですが。気温の割には寒く感じられ、筋肉が硬くなって、関節の動きが悪くなります。ストレッチをする時間が必要かな?もともと硬い身体が、年齢と気温の影響でさらに硬くなります。
数日前に、マイナンバーが届いた。この数字は暗記できませんね。