流行している病気はインフルエンザだけ?

普通の風邪というのは少ない。インフルエンザのピークは1月の最終週から2月の始めと予想している。1月の最終週であるこの1週間のデータでは、インフルエンザが89名で、男女差はなく、80%がA型であった。インフルエンザにヘルペスを合併したり、溶連菌感染を併発した症例もあったが、基本的には抗インフルエンザ薬は有効であり、大半の症例が2日以内に解熱している。A型もB型も全身症状も良く、軽いという印象。
インフルエンザ以外の病気の流行はない。敢えて言うなら水痘で、この1週間で4例。今週のテーマはインフルエンザ、花粉症、アレルギー検査、予防接種である。

マイナス金利

日銀の当座預金のマイナス金利政策。いささか驚いた。マイナス金利で貸出金利は更に低くなるだろう。企業にとっては借りやすくなるのだろうが、何にお金を使うのかというテーマが不足していると思う。貯金する側から見ると、銀行に預けたお金の金利は、今でもほぼ0に近いのに、さらに限りなく0に近づき、いつかはマイナス金利になる?
私が子どもの頃は、億万長者という言葉があった。1億で金利が5%で、年に500万。お金に困らない悠々自適の生活が保証されていた。時代は流れ、右肩上がりの成長は夢のまた夢の時代に。金利が5%ではなく、ひょっとしたらマイナスに。成熟した社会では、悠々自適の生活はない。死ぬまで働く、一億総活躍社会が必然となる。何だか辻褄が合っているような気もする。

学級閉鎖

今日(金曜日)、明日は冷たい雨か雪の予報。インフルエンザによる学級閉鎖のデータが届いています。1月はB型が多かったのですが、先週からはA型が優位になっています。幸いなことに当院の近隣での発症は少なく、学級閉鎖には至っていません。
症状でA型とB型を鑑別することは出来ません。症状は発熱、セキ、倦怠感で同じ。タミフルもリレンザもイナビルも有効です。乳児で抗インフルエンザ薬を使わない症例もありますが、トラブルなく治癒しています。重症感はありませんね。いつものことながら、出席停止期間が長く、保護者の方の負担が大きい疾患です。
散歩をしていると、私も家内も目が痒くなってきました。花粉が飛び始めました。その前に雨と雪が問題でしょう。明日の朝は、また雪かき?今日は早く就寝ですね。

明日(金曜日)は雨?

少し気温が上がってきました。明日、あさっては小雨の予報。今日(木曜日)が午前中の診療です。午後に急用ができました。申し訳ないのですが早めの来院をお願いします。11時からは少し混み合いますので。
インフルエンザは急増はしていません。先週と同じか、やや少なめ。このまま拡大しないといいのですが。

インフルエンザの広がり

局地的に流行していたインフルエンザが、広がりを見せている。近隣のほとんどの保育園、こども園、幼稚園、小学校で、「少なくとも一人は発症」という状態となった。「すぎなみ」からのデータを見ると、かなり広範囲で「少なくとも一人」という状態であり、出席停止期間が長い事情から、散発的に学級閉鎖に追い込まれている。A型もB型も混在した状態である。
インフルエンザの流行のピークは今週末から来週になると予想している。しかし、他に病気の流行がないことが幸いして、診療が混乱する事態にはなっていない。待ち時間は短く、特に午後の診察をお薦めしたい。

校庭開放

昨日は3時すぎから、ハルとナツを連れて隣の上北沢小学校の校庭開放に参加。名前と電話番号を書いて、校庭で遊んだ。寒くて風の強い校庭で、子供たちも元気に身体を動かしていた。生徒が植えたチューリップの球根からは、しっかりとした芽が出ていて、春に何色の花が咲くのか楽しみ。昔はクロッカスやヒヤシンスの、水耕栽培をして、根の広がる様子に感動した記憶がある。
1月も終わりに近づき、スギ花粉の飛ぶ季節となった。今年は開花が早そうだが、この低温騒動で少し遅くなるのでは?既に目を痒がる子供たちも出てきたが。新年度や新入学の備えて、食物アレルギー検査が増えてきた。例年の事だが、3月末にバタバタするのは大変なので、早めに検査していただくのは、とても有り難い。
負荷試験をしてから、指示表を書くようにという自治体もある。「卵の入ったお菓子を食べて、痒がるなどの症状が出たら教えて下さい」と指導するのも、りっぱな負荷試験。全く食べていなかった子が、保育園で始めて卵を食べるというのは、いささか危険。家でどこまで食べることが出来るかを確かめるのがスジ。食べることが出来るかの判断材料の1つは、アレルギー検査。年齢や既往歴、症状や年齢を考慮して生活指導をすることに。家で食べて見るのも負荷試験。勝手な判断で食べさせるのは危険なので、その点は注意を。

思わぬ展開

今朝(日曜日)はうっすら雪景色?と思っていましたが、幸いなことに雨も雪もほとんど降らず、爽やかに晴れています。予報を信じてスケジュールを組みましたが、何だか肩すかし。安全が第一ですから、雪が降らずに良かったと思っています。映像を見ると、九州は雪が積もっていますね。
この1週間でのインフルエンザの患者数は61名。男女差はなく、A型18名で残りはB型。B型優位ですが、次第にA型が増えてきました。流行と呼べる状況ではなく、無風状態の1月です。溶連菌が僅かに見られますが、RSやアデノ、マイコはほとんど姿を消しています。「すぎなみ」からヒトメタニューモウイルスの報告が入っていますが、当院ではそれらしい患者さんはいません。
寒いのですが、この静かな季節は予防接種がお薦めです。化血研の問題で、B型肝炎ワクチンの入手が、まだ困難な状況です。当院も「すぎなみ」も3月までは、問題なく接種できます。それまでに入手できるようになるでしょう。
明日(月曜日)の待ち時間は5分から20分と予想しています。火曜日以降は0から15分ぐらいでしょうか。真夏よりゆっくりしていますね。

今夜からまた雪?

今夜から東京でも雪の予報です。前回ほどではないようですが、明日の朝はうっすらと積もる可能性があるとのこと。明日(日曜日)の朝は診療する予定でしたが、足元が危険になるため、患者さんとスタッフの安全を考えて、診療しないことに。体調の悪い方は、今日(土曜日)にぜひ来院して下さい。
今日は近隣の小学校の音楽会。私は歌うのも、演奏するのも大嫌いでした。人が集まって盛り上がるのは、大の苦手。今でも変わりませんが。最近の子供たちは(懐かしいフレーズですね)、積極的で偉いと思いますね。音楽会でも「やるぞ」という意気込みが伝わってきます。
問題は発熱などで、急に参加できなくなること。この季節はリスクは高いので。元気に乗り越えることを願っています。私は仕事で、聴きに行くことが出来ないのが残念です。

神経衰弱

認知症予防というか、進行を防ぐためにマージャンをする方もいる。4名が必要で、時間もかかるため、昔懐かしい神経衰弱が役に立つと思い、トランプを買ってきた。年末のことである。時間を見つけては、ハルと対戦している。
確かに記憶する力は落ちたと思う。年齢相応と思っているので、現状維持を試みている。ハルはちょうどいい相手。すぐに相手をしてくれる。最初の頃は五分五分だったが、ハルがコツを覚えてきたため、勝率が悪くなった。発展途上と認知力低下の差は、かなりはっきりしていると思う。まあ、楽しい短時間での脳トレ。少し懐かしさを感じる。寒い日は、コタツに入って神経衰弱。
気温が低い日が続いている。インフルエンザも姿を見せてきたが、他に病気はないので、本当に静か。予防接種がお薦め。脳トレの一貫として、このブログも活躍している。

解散

今年の上半期の流行語は解散?解散総選挙、ダブル選挙、18歳からの参政権。解散という言葉を、政治的に使って、若年層の支持を得ようとする下心。なかなかしたたか?解散してもしなくても、私はどちらでもいいのだが、選挙は確実に近づいている。日本は一強支配の中にある。
原油の下落で運送費や光熱費は安くなった。株価や為替の動きを見ると、何だか地殻変動が起こっていると感じるのだが。日本の解散騒動は平和な証拠?
私の仕事もノンビリしている。インフルエンザで学級閉鎖が出てきてはいるが、患者数は例年に比べて少ない。ピークは2週間後ぐらいになるのか。私の仕事の30%は予防接種と健診。待ち時間はほぼ0。これも平和な証拠かもしれない。

「三宅小児科すぎなみ」がオープンして3年

3年前の1月21日に、「三宅小児科すぎなみ」がオープンしました。明日(20日)は水曜日なので、今日で3年間が終了したことになります。当院が休診の時や予防接種などで、多くの方に利用していただき、本当に有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。
世田谷区と杉並区の予防接種には、助成の点で差があります。現在でもBCGは各区での個別接種であり、杉並区はオタフクカゼワクチン、ロタウイルスワクチンについては助成が行われています。この助成は杉並区だけの限定であり、子育て応援券も杉並区特有の制度です。そのため、杉並区在住の方の要望には十分に対応できないため、「すぎなみ」はの立ち上げは良かったと思っています。
私にとっては病気の流行を含め、杉並の医療事情も把握できるため、情報量が増えました。また、院長の神尾とは、1日に2回は連絡をとって、情報の交換をしています。たまに神尾と散歩するのですが、ほとんど仕事の話。共通の話題があることは、楽しいことです。
休診日をお互いにカバーできるのは、私と家内にとって精神的に楽になりました。当院の患者さんにとっても、神尾が安心できる存在であると思っています。繰り返しになりますが、「すぎなみ」を今後とも宜しくお願い致します。

雪景色

年のせいなのか、雪が気になったのか、3時過ぎに目が覚めた。外がやけに明るい。車の音が全く聞こえない。4時過ぎに窓を開けると、目の前は雪景色。まだ、雪が降り続いていた。家内に「風呂を沸かしておいて」と頼んで、カッパを着て、雪かき用のスコップを手に外へ。
重い雪。午前中はまだ積もる可能性があるので、出来る範囲で雪かき。クリニックの前と、通学用の道路の一部しか出来なかったが。途中で家内も参加、。1時間で切り上げて、家内の作ってくれた暖かいお汁粉を食べて風呂に。今日は車も自転車も使えないそうにない。電車も間引き運転で、スタッフからも遅れるとの電話。
今日は流石に開店休業。仕事は雪かきのみ?今日は足元に注意!
(追加)
京王線を含め、交通機関は大混乱に。午前中に雪から雨に。午後からは雨も上がった。雪かきの効果もあって、車は普通に走っている。明日の朝は凍結に注意。

インフルエンザの症状

流行と呼べるほどではないが、インフルエンザの患者さんが、少しずつ増えてきた。A型とB型の混在であり、発症数的には拮抗してきた。A型は学童や成人に多く、B型は幼児に多い。子どもがB型になっても、両親にはほとんど伝染していないことを考えると、現在流行しているB型は、過去に流行した型であり、成人の多くは既に抗体を持っていると推測される。そのため、B型は低年齢層で発症が見られるのだろう。A型は大人から、次第に子どもに広がると推測される。
症状はA型とB型で差を感じていない。セキは比較的少なく、熱もインフルエンザとしては低めである。全身倦怠や関節痛、筋肉痛も少ない。タミフル、リレンザ、イナビル、いずれも有効であり、2日前後で解熱している。セキが残るが、軽い印象。出席停止期間が長いことが、最大の問題点である。

歯の健診

来週は大寒波、月曜日は雨という予報。そこに「インフルエンザの流行始まる」という話。仕事は忙しくないのだが、予防接種を含め、明日(土曜日)の来院をお薦めしたい。あまり静かなので、日曜日は仕事をしないつもりだったが、雨と寒波とインフルエンザの予報(?)があったので、7時30分から9時まで診察する予定。戦隊物や仮面ライダーの時間で、そして寒い時間で申し訳ないのだが。
この歳になると、色々な部品にガタがくるので、メインテナンスの重要性を感じている。歯のチェックも年に3回は行うように心がけている。今日の夕方は今年1回目の健診。問題無く終了して一安心。全く関係ない話だが、健診と検診の違いは?健診とは「健康であるかを全体的にチェックすること」。検診は「特定の目標臓器に対してチェックをすること」。3歳児健診、肺がん検診、乳がん検診となる。今回の私の場合は、歯の健診ではなく、歯の検診?昔のことだが、論文を書いた時に、検診と健診を間違っていることに気がついたのだが、既に掲載された後。何人も目を通したはずなのだが、スルーされたようだ。その後から「けんしん」と聞くと、どちらだろうと考えてしまう。

寒梅

寒くなりました。梅が僅かですが咲いています。今年に入ってインフルエンザの発症は、A型3名、B型8名ぐらい。ほとんど無風の状況です。流行は2月になりそうですね。溶連菌が見られるものの、RSやマイコプラズマも数例のみ。
待ち時間も0から15分で推移しています。主な仕事は予防接種と健診。B型肝炎ワクチンの不足も、当院も分院もほぼ解決したと思っています。寒い季節ですが、インフルエンザが流行する前に予防接種はいかがでしょうか?

イチゴの日

土曜日の夜、久しぶりに帰国した患者さんと話ができた。開院時に0歳児だったので、26年近い付き合いになる。月曜日には再び渡米とのこと。2時間ほど話し込んでしまった。義理堅い彼は、手土産にイチゴを持ってきてくれた。箱の表面にはりっぱなクマモン。熊本県産の巨大で、立派なイチゴであった。
イチゴはヘタの方から食べるのが通常の食べ方。とても甘味のあるイチゴ。それに巨大なクマモンの顔。こころのこもった手土産。26年の歳月を感じる一時でもあった。
月曜日は成人の日。昔は1月15日が成人の日と決まっていたが、日曜日とくっついて連休になってしまった。1月15日は「イチゴの日」だ。「いーイチゴ」という洒落。まあ、毎月の15日をそのまま「イチゴの日」としてもいいのだが、真夏にイチゴは似合わない?最近では一年中イチゴを食べる事が出来る。
イチゴのショートケーキはいつでも店頭にある。カレンダーで15日の下は、7を足して22日。イチゴ(15日)がのっている22日は、ショートケーキの日と呼ばれるらしい。毎月なので年に12回ある。何だか、商売が上手い?先日、下山した時に、家内とケーキセットを頼んだのだが、いつもは私はモンブラン。しかし、気が変わって「イチゴのショートケーキ」とオーダーした。何と家内はモンブランを指定。結局、半分ずつ食べることになった。

寒中見舞い

今週の待ち時間は5分から15分と予想しています。診療終了間際は少し長くなるかもしれません。テーマは予防接種です。
今年も多くの方から年賀状を頂きました。最近はほとんどが写真入り。かわいい顔や懐かしい顔、成長した姿を楽しみました。私も家内も慣例とか恒例を気にする性格ではないのですが、心苦しいのですが、喪中なのでさすがに返信はできません。「寒中お見舞い申し上げます」。
家内と娘は広島に帰省中。久しぶりに1人の生活です。あまり静かすぎても、熟睡できないものですね。今日は義父の誕生日。「おめでとうと伝えて」とメールを送りました。個人的には静かな年始というところでしょうか?
手塚治虫氏のカレンダーをいただきました。いつものように待合室に掲示しています。お楽しみ下さい。

連休の予定

3連休の方も多いのでは?当院も「すぎなみ」も、土曜日は通常通りの診療です。ここ数年は1月の始めはインフルエンザの患者さんが多く来院されましたが、今年はインフルエンザの流行はありません。今週の主なテーマは予防接種?平和な年明けです。
土曜日:通常通りの診療です。テーマは予防接種です。
日曜日:休診です。
月曜日(成人の日):7時30分から10時まで診療します(私1人の診療)。急患のみの対応です。
家内は連休を利用して帰省する予定で、月曜日は私だけの診療になります。義母の一周忌を兼ねて、次女とハルとナツと一緒に、日曜日の早朝に空路で広島へ。ハルとナツも行くので、義父も大変喜ぶことでしょう。私は留守番になります。月曜日はノンビリと、診療を楽しみたいと思っています。
繰り返しになるのですが、化血研の営業停止は頭が痛いですね。110日もの営業停止は、B型肝炎ワクチンの入手に大きな影響が出るはず。現在の出荷自粛が続けば、当院でも3月の後半には影響が出てきそうです。一応、国は「ワクチンについては自粛解除」という方針なので、2月にはこの問題は解決されるはずですが。
今年は天気も穏やかですね。広島空港は山間にあるので、雪の心配がなくてほっとしています。

ご迷惑をおかけしました。

この2日の休みを頂き、本当に有難うございました。大雄山最乗寺にお参りかたがた、明神ヶ岳と明星ヶ岳に登ってきました。誰もいない山は、気分転換になります。年始は静かですが、今年はと特に病気が少なく、気分的には楽な年明けです。
環八の中央分離帯の木に、カイガラムシの1種がいっぱいくっついていました。当院の前に勝手に育った(ヒヨドリが運んだ種が自生した?)ピラカンサにも、カイガラムシが付着しています。カイガラムシで連想するのは口紅。真っ赤な口紅の原料はコチニール。カイガラムシから作った色素です。「口紅を塗るのは、カイガラムシを食べているようなもの」と、鮮やかな赤の口紅を見ると思ってしまうのですが。
太陽光と二酸化炭素、窒素で炭水化物やアミノ酸が植物で作られ、それを食べて昆虫や魚、動物が生活するという自然。確かに肉や魚より効率が良いのは昆虫。昆虫が主な蛋白源という時代が来るのかもしれません。私は全く抵抗はないのですが。
コチニールは稀にアレルギーを起こします。アナフィラキシーの報告もあるぐらいですから。口紅の赤。カイガラムシを連想すると楽しいかもしれませんね。
(追加)
B型肝炎ワクチンの入荷が難しい状態です。当院も「すぎなみ」も今のところ在庫はありますが、接種を希望される方は、「今日、B型肝炎ワクチン接種を希望します。在庫はありますか?」と事前に連絡して下さい。宜しくお願いします。

6日(水曜日)、7日(木曜日)は臨時休診となります。

昨日は予想以上に待ち時間が長くなり、ご迷惑をおかけしました。アデノ8名、溶連菌8名、RS1名、インフルは0でした。忙しかったのは、他のクリニックがまだ正月休みお影響なのでしょうか。大変申し訳ないのですが、6日と7日は用事があり、臨時休診させていただきます。
「すぎなみ」は水曜日は臨時に診療しますので、6日と7日は「すぎなみ」を利用していただければ幸いです。化血研の影響もあって、B型肝炎ワクチンの定期接種化は10月になりそうですね。0歳が対象なので、待たれていた方も、対象から外れる可能性が出てきました。
B型肝炎ワクチンが品不足となっています。当院も「すぎなみ」も切迫してはいませんが、接種する当日に、「今日、B型肝炎ワクチンの接種を希望します。ワクチンの在庫はありますか?」とだけ、電話していただけると助かります。宜しくお願いします。

仕事始め

今日も快晴ですね。今日から仕事開始です。子ども達の姿も少なく、病気の流行もなく、静かな年明けになる予定です。幼稚園や小学校は今週の後半から始まるのでしょうか。今年も宜しくお願いします。

お雑煮

昨日の高尾山登山は、私と家内にとって結構身体に堪えました。下りが道路の1号路で、膝に負担がかかったところに、ウロチョロする孫たちの手を引いたり抱っこしたりで、通常は3時間コースを6時間かけて歩いたことに。夜はテレビも見ずに、9時に布団には入り、珍しく7時まで寝てしまいました。「こんなに遅くまで寝たのは、何年ぶり?」という話に。
起床してゆっくり食事。果物と雑煮。我が家はカツオと鶏肉のダシで醤油味、モチとキノコ類、百合根、和人参(花形)、結びミツバ、鳴門巻という布陣。雑煮の味は家庭で違いますが、我が家はこの味。朝食を時間をかけて食べるのも、とても珍しいこと。ゆっくり寝て、ゆっくり食べることは幸せですね。
4日から仕事は始まります。6日(水曜日)、7日(木曜日)は用事があり、当院は臨時休診となります。6日は「すぎなみ」の休診日ですが、臨時に診療します。6日と7日は「すぎなみ」をご利用下さい。

今年も宜しくお願いします。

昨年とは違って、快晴の元旦です。昨日は午後から、コタツで居眠り。疲れが取れました。睡眠は十分ですが、食べ過ぎですね。
喪中では「おめでとうございます」は使わない(と言いながら書いていますが)とのこと。一応、慣習にに乗っ取って。患者さんから年賀状が多く届いています。私も家内も楽しく読ませていただき、喜んでいるのですが、すぐには返信を書けないのが残念で、申し訳なく思っています。
お雑煮を食べながら、娘が「今年のテーマは?」と聞いてきました。「育てるだよ」と答えると、「メダカ?クワガタ?」という、とんちんかんな答えが返ってきました。
今年も「健康で楽しく」生活するのが目標です。仕事をして、寝て、食べて、歩いてという、とてもシンプルな日常の繰り返し。それに意味があるのか?楽しいのか?幸せなのか?と考えることはありませんね。放浪する事が好きな愚かな性格、色々な仕事や経験を積みたいと考える事、変凡な日常を楽しむ性格、人それぞれです。多くの人生を見てきましたが、性癖はDNAですから。
気持ちを新たに、新年を迎えました。恒例の高尾山登山。稲荷山コースから1号路を降りてきました。ハルもカイも、ナツもリクも参加。今年は穏やかな天気で、富士山もくっきり見えました。心機一転、当院も「すぎなみ」も4日から仕事が始まります。本年も宜しくお願い致します。
RIMG3002.jpg
今年が爽やかで、穏やかな年になりますように。