公用車

ゴールデンウィークの予定は、前回のブログを参照して下さい。
公用車は事務所と同じか?仕事場から仕事場へ移動する場合には、事務所扱いになると思う。しかし、仕事場から遊び場に移動する時は、公用車を使ってはいけない。公私混同である。金曜日の午後から出発するのは、週休2日半。行かないのは、海外出張の時だけ。出張も常識はずれのホテル代。
テロ対策や天災の危険が取りざたされている時に、毎週末に東京を離れて温泉でゆっくりするのは、あまりにお粗末な危機感覚。これでは部下たちは言うことを聞かないだろう。新しい政策を打ち出した記憶もない。公用車で別荘通い、公用車は事務所発言。大きな問題に発展する可能性がある。

ソテツ

29日(祝日)は7時半から11時まで診療します。急患のみの対応です。明日(木曜日)は午前中の診療です。午前中はあいにくの雨?午後からは3回目の小学校の健診です。保育園でハナとセキの風邪が流行ってきました。ゴールデンウイークに入りますので、明日の午後は「すぎなみ」を利用して下さい。
入口に展示(?)していた魚たちは、気温が上昇してきたため、10月まで避難生活になります。オタマジャクシは足が生えてきたので、ここままでは溺れるため、捕獲地に返しました。キリギリスの仲間のクビキリギスも、松沢病院の草原に放しました。イネ科の植物を食べるので、最適の場所ですね。
ということで、入口が寂しくなりました。ナナフシの赤ちゃんは、元気に大きくなっています。ノコギリクワガタも活動を始める気温です。オオクワガタたちも産卵に入っています。ホームセンターでソテツの鉢植えを見つけました。小さなものですが、思わず衝動買い。ソテツは九州や沖縄に自生しています。宮崎の旅行に行った友人に、ソテツの種(大きな栗ぐらいの朱色の種)をもらったことがあります。育ててみようと何度か挑戦したのですが、一度も発芽しませんでした。
ソテツの種や幹(?)にはサイカシンという毒があり、そのまま食べることはできません。デンプンも多く含むため、食糧難の時にはサイカシンを解毒して食べたそうです。発芽したばかりのソテツですが、入口にありますので楽しんで下さい。こんなものを楽しめるのは、私だけかもしれませんが。

季節外れのインフルエンザ

4月に入っても、わずかながらインフルエンザの発症がある。A型とB型が拮抗しているが、子供はB型が多いという印象。いくつかの根拠があるのだが、3月初旬まで流行したB型と、3月下旬から流行したB型は違うと推測していた。今シーズンはA型2種とB型2種の流行?
2回目のB型にかかった患者さんが。2月に1回と4月に1回。A-A、A-B、B-A、A-A-Bのパターンは経験しているが、B-Bは初めて。ゴールデンウィークで流行は終わると期待しているので、あまり意味はないのだが。相変わらず、溶連菌感染症が多い。
(追加)
4月29日(金曜日)は7時半から11時まで診療します。28日が木曜日で午前中の診療。30日(土曜日)は通常通りの診療です。

義援金

今回の震災でもテレビの画面に、義援金の振り込み先が映し出されている。義捐金ではないのか?と老人の私は思ってしまう。まあ、これは本質的な問題ではない。支援物資の受け付けは、今は中止されている。
大分出身の私は、帰省した時に支援する機会があるだろうと、今回は高をくくっていた。地震が続く現状を見て、帰省は当分先になると判断した。慌ててネットで熊本と大分の振込先を調べ、気持ちばかりの送金を行った。毎回のことながら、家を失い、家族を失い、さらには故郷を失う悲しみとつらさは、私の想像を超えているだろう。
大きな被害を受けた熊本と、わが故郷の大分の、早い復興を願っている。その前に地震が収まることを。

かたばみ

新学期になってまだ日は浅いのだが、溶連菌感染症が増えてきた。学期末にピークを迎える予定なので、今年は当たり年?今後も広がりを見せるだろう。発熱、嘔吐、頭痛、咽頭痛が主な症状である。
春になると道端にはカタバミ(片喰)の花が咲いている。ハートの形をした葉が3枚。3枚で1つの葉?葉の下の茎(葉柄)をかむと、酸っぱい味がする(人体に害があるので食べるのはNG)。この酸っぱい味で、虫がカタバミの葉を食べるのを防いでいるのだろう。この酸っぱさはシュウ酸(oxalic acid.)。カタバミの学名はOxalis。このカタバミを摘んで、古くなった10円硬貨を磨くとピカピカになる。シュウ酸の効能である。ハツとナツはこの10円磨きの凝っている。自然界の力を知る、1つの実験である。
家には家紋がある。私の記憶が正しければ、三宅の家紋は剣片喰(けんかたばみ)、3枚の葉の間に、3本の剣が描かれていた。立派な重箱に、剣片喰が記されていた。家紋など全く興味がなかったのだが、ハルたちとカタバミで遊んでいて、ふと記憶が蘇った。皆さんもカタバミを摘んで、10円玉磨きに挑戦してはいかが?

ゴールデンウィークのお知らせ

し早いのですが、ゴールデンウィークのお知らせです。
4月29日(祝日):7時半から11時まで診療。
4月30日(土曜日):通常通り診療。
5月1日(日曜日):7時半から11時まで診療。
5月2日(月曜日):通常通り診療。
5月3日(祝日):休診。
5月4日(祝日):7時半から11時まで診療。
5月5日(祝日):休診。
5月6日からは通常通り診療します。
5月17日(火曜日)から19日(木曜日)の3日間は、診療室の工事のため診療できません。この3日間は「三宅小児科すぎなみ」が診療しています。ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。

結婚記念日雑感(長い付き合い)

4月20日で36回目の結婚記念日。1980年の4月に結婚。今朝は目が覚めてから握手。「長いね、よろしくね」と声をかけました。仕事も同じ場所なので、一緒にいる時間は本当に長いですね。我が家の特徴は話すテーマが多いこと。同業者なので共通の話題は豊富です。良い面も悪い面もあるのですが、仕事にからんだ話題は、生活を豊かにすると思っています。仕事の話になると、真剣になりますので。その意味で娘たちとも共通の話題が多いので、生活が豊かになります。
家内とは議論をすることはありますが、いわゆる夫婦喧嘩はしたことはありません。阿吽の呼吸で、相手の考えが通じるので、話の食い違いは非常に少ないので、楽ではありますね。私も家内も虚弱高齢者の仲間入りする年齢になります。二人でスローライフを楽しみたいと思っていますが、なかなかそうはいかなでしょうね。
今日は初夏を思わせる、爽やかで暖かい日でした。36年前の4月20日(日)も同じように爽やかな日でした。婚姻届けを出した後、二人で彦根市の芹川の畔を散歩しました。結婚式も新婚旅行もありませんでしたが、晴れ晴れとした気持でした。時は流れ、今日は保育園の健診に、徒歩で出かけました。仕事は家内と三女の山角に任せて。隣を歩いていたのが、家内ではなく次女の神尾。時の流れを感じながら、楽しい散歩(?)になりました。
帰宅して「結婚記念日だよ」と言ったら、神尾が「母の忍耐の36年」と言いました。私は否定しませんね。こここから本当にチームワークを問われると思っています。できる限り長く、タッグを組んでいたいと思っています。

保育園の健診

しつこいタイトルで申し訳ありません。明日(水曜日)は9時45分から11時頃まで、私は不在となります。よろしくお願いします。詳しくは前回のブログを参照して下さい。
家内と次女の神尾と、ハルとナツは、日曜日に日帰りで広島の祖父のもとへ。強風のため飛行機が飛ぶかを心配しましたが、1時間遅れで11頃に東京に戻ってきました。疲労を心配していますが、幸いなことに仕事は今週も静かです。インフルエンザが1日に3名ぐらいで、A型とB型が拮抗しています。溶連菌感染は多いですね。
九州の地震、なかなか落ち着きません。地震自体が収まらないと、次に進めません。母の一周忌も控えているのですが、安全第一だと思っています。道路も寸断されて、移動が難しそうですね。少し落ち着いてからの帰省になりそうです。

20日(水曜日)の午前中(9時45分から11時まで)院長不在

新学期の健診が始まった。先週の木曜日は、小学校の2学年の健診。今週も来週も検診が続く。木曜日の午後なので、診療には影響がない。世田谷は子供の数が増えている。上北沢小学校は、校区に新しいマンションが建たないこともあって、子供の数は微増に留まっている。1学年が3クラスなので、適した人数だと思う。
小学校の健診は、三女の山角(やまずみ)がカバン持ち兼、記録係として参加している。問題は保育園の健診。昼食と昼寝の関係で、午前中に行わなくてはならない。20日(水曜日)の10時から、健診が始まる。私は9時45分から11時頃まで不在となる。「三宅小児科すぎなみ」(水曜日が休診日)の神尾が私の手伝いとして参加する予定。私の代診は山角となる。神尾を私の代診にとも考えたが、当院が休診の木曜日に、保育園でアクシデントが発生した時に、「すぎなみ」で対応しなくてはならない。神尾が「情報を共有したい」との申し出があり、私と神尾が保育園の健診に行くことになった。
個人的には大の健診嫌いで、病気の診察が大好きなのだが、周りの状況を考えると、好き嫌いを言うべきではないと思っている。これからは私も家内も、神尾も山角もお互いに協力して、子供たちの成長のサポートをしていく必要がある。神尾が困った時には、杉並区の保育園を本院でカバーすることになる。これはお互いさま。「これからは総力戦になる」と伝えている。

さらなる地震が起こらないことを。

私のホームグラウンドである由布鶴見は、有数の活火山である。阿蘇から九重、由布、鶴見、伽藍と活火山が並んでいる。この島原ー別府ルートに沿って、震源地が動いている。移動に伴って、犠牲になった方の人数が増えている。お悔やみ申し上げたい。
今回の地震は、回数と移動という意味で、異例の群発地震だ。温泉地は火山の噴火と地震とは隣合わせ。いつかは起こると頭では思っていたが、正直のところ私が生きている間にはないと、楽観的に思っていた。
今のところ、私の友人、知人は無事の模様。幸いというべきか。さらなる地震が起きないことを、被害が広がらないことを願っている。

熊本地震

地震は予想していない所で起こる。熊本の、それもほぼ直下型地震。地震の強さに比べて、被害は少ない方だと思うのだが。日本は火山の国。地震とは隣合わせだ。必ず起こると言われる静岡や東京は、難を逃れている。10年、20年というスパンは、地球や地学という観点からは、瞬きするぐらいの時間。いつかは必ず起こるのだろう。私が出会うかは、神のみぞ知る。
九州の友人には、みんな無事とのこと。九州は明日から天気が崩れるとの予報。余震や雨による二次災害が起こらないことを願っている。

クビキリギス

先日の夜、次女の神尾と松沢病院の周りを散歩していると、病院の草むらから「ジージー」という虫の声。「何の声?」と聞かれて、「アオマツムシかな」と答えたのですが、アオマツムシが鳴くのは6月。はまだ早すぎます。昨夜、散歩をしていると、鳴き声の主が姿を現してくれました。キリギリスより少し細め。口は口紅をさしたように赤。
名前はクビキリギス。車にひかれそうなので、捕まえてカゴに入れました。暗くすると「ジージー」と鳴いていました。キリギリスの仲間で、成虫で越冬する虫です。この季節に鳴く虫は成虫越冬組ですね。キリギリスの仲間は雑食で凶暴。噛みつくと首がとれても離さないことから、この名前が付いたようです。

たまには

今週は1年間で最も静かな週となります。待ち時間はほとんどありません。今年は特に静かですね。
「この前の土曜日は臨時休診でしたね」と、2人のお母さんから言われました。臨時休診ではなかったのですが、駐車場に車はなく、当院の前に自転車はなく、全く人の気配がなかったようで、休診だと判断して帰宅されたようです。「やってましたよ。患者さんがいなかっただけですよ」と答えました。こればかりは、私が努力してどうなるものでもない?たまには事もあるんですね。
私は本を読んだり、虫や魚の世話を楽しんでいます。明日の午後は学校の検診。来週も保育園と小学校の検診。春の行事です。5月の中旬に改装工事を予定。3日ぐらい臨時休診になる予定です。

しつこい花粉症

暖かい日が続いていましたが、昨日は一転気温が低下。風も強く、寒さが身にしみました。気温が低い影響もあって、今年は桜の花が長持ち。僅かですが、花びらが残っています。ということは、スギの花も長持ち?この2日は花粉症がひどい。ヒノキの花粉の影響もあるかもしれませんが。
今週からは小学校の健診が始まります。3週連続で、木曜日の午後に行いますので、診療に影響はありません。ただ、保育園の園医の仕事も入っています。園児は昼食とお昼寝の関係で、午前中に健診を行わなくてはなりません。20日(水曜日)の10時から健診が始まります。20日は9時45分から11時頃まで、私は不在となります。私の代診は、三女の山角が行う予定です。ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。

「紹介状なし」の自己負担

友人の高山先生が、「特定機能病院における紹介状なし患者の定額負担額」の話を書かれていました(たかやま小児科のブログ)。以下、高山先生の文章の引用です。
「たとえば、紹介なしで宮崎大学付属病院を受診すると初診の場合5,400円、再診で2,700円の自己負担が生じます。これは、軽症患者の大病院受診を抑制し、特定機能病院としてより高度な医療を提供するために病診連携を図る目的です。」
宮崎大学付属病院を成育医療センター、東京医大病院、杏林大学病院、日赤医療センターに置き換えることができます。軽症患者さんの安易な受診を抑制するのが目的。重症の患者さんにしわ寄せが行くのを防ぐ効果があります。
注意してほしいことは、紹介状が必要かは医師の判断に委ねられていることです。「高熱が出た。○○病院にかかりたいので、紹介状を書いてほしい」はNG。重症で紹介状が必要な場合には、医師の裁量で紹介状を書きます。「お金がかかるので、紹介状だけ書いてくれ」という無茶な要求は、受ける事はできません。急病センターなどで、このような要求があるとも聞いています。医療費の無駄遣いになりますので、あくまでも「紹介状は医師の判断で書く」ことをお忘れなく。
(追加)
高山先生が宮崎県の小児科医会の会長に選任されたとの連絡を受けました。宮崎の子供たちのために、ぜひ頑張ってほしいと思っています。激務なので体調は心配です。東京への出張が増えると予測。私は会う機会が増えるので、個人的には嬉しく思っています。

日本脳炎ワクチンの特例措置(追加措置)

日本脳炎ワクチン(以下日脳と略す)は2005年5月から2009年6月まで、接種が中止されていた歴史がある。それを前提に「平成7年4月2日から19年4月1日生まれの方は、不足接種分を定期接種として、20歳未満まで接種できる」という、追加措置がある。今回は、更なる追加接種である。
日脳のⅡ期はおおまかに言えば、日脳Ⅰ期を3回接種している9歳から13歳未満の方が対象である。9歳までにⅡ期の問診票が送られてくる。さあ、Ⅱ期をと思って母子手帳を見ると、Ⅰ期が完了していないことに気づく。つまりⅡ期の接種の対象にならない。そこで、
1)平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方が対象。
2)経過措置予診票を取寄せることによって、不足分の接種を定期接種として接種できる。
3)接種可能の期間は、「9歳の誕生日の前日から13歳の誕生日の前々日まで」。
ここで注意してほしいポイントは、3)の接種可能期間である。この特例接種は「9歳を過ぎた方」が、接種の対象となる。この特例に当てはまる方は多くはないだろう。
ヒブや肺炎球菌ワクチン、ロタワクチンなど多くのワクチンが接種でるようになった。接種可能期間や接種間隔などの誤りが起きやすい環境にある。我々も十分な注意をしているつもりだが、人間のやることは100%ということはない。予防接種の説明書を十分に読んでいただき、年齢と接種間隔をもう一度確認して頂きたい。そうすることによって、接種ミスの可能性を減らすことができると思う。

新型プリウス

若者の車離れが続いている。6割近い若者が、車を持つ意思がないとのこと。環境的な面を考えても、車を運転しないことは賛成。車を運転しないことが、最も安全だと思う。特に都会は利便性が高く、車の必要性が低い。問題となっているのは、高齢者の運転。交通の不便な所に住んでいると、車は必需品となる。
私は車の運転が大嫌い。家内も好きではない。必要最低限の運転にとどめている。気にするのは燃費。環境に悪いだけではなく、ガソリンを入れるのが面倒。そういう理由で、車はプリウス。エコカーの方が格好がいい。車が古くなった事情もあり、また燃費がさらに良くなったということで、新型プリウスを発注していた。
今日の夕方に車が届いた。新型は機能だけ進して、外見は変らないと勝手に思っていたが、スポーツカータイプに変身していた。だいたい、カタログの写真を見ずにオーダーすること自体が変?これでガソリンを入れる手間がもっと少なくなると期待している。

賭博

私の仕事は至って平和。スポーツ選手の違法賭博。オリンピックで活躍が期待されただけに残念に思う。スポーツ選手が麻薬や賭博で話題を提供している。本人の意思の強さと常識の問題もあるが、誘惑が多い環境なのだろう。健全な肉体に、健全な精神が宿る訳ではない。宿って欲しいという願望にすぎない。麻薬も違法賭博も、同情の余地はないと思う。
パナマ文書の流失は大変である。リークされた情報が膨大で、何が出てくるか解らない。日本人や日本の企業の名前も上がっている。外国の要人の名前も。陰謀説もあるが、陰謀ではないだろう。タックスヘイブン=悪ではないが、要人が関わっている場合には、大きな意味を持つ。政治家や企業に健全な精神が宿る訳ではない。この問題はどこでフタができるか?この流失したデータ、私は詳しく解析して、開示してほしいと思っている。多くの国が混乱するかもしれないが。

快晴の入学式

久しぶりの快晴。今日は小学校の始業式と入学式。新緑と桜のピンクのコントラストの中、入学おめでとうございます。
仕事をしていると、校庭から始業式の声とピアノの伴奏が聞こえてきました。窓を開けて、始業式の雰囲気を楽しみました。窓からは爽やかな風が。いよいよ、新年度の始まりです。この時期は私の仕事はいたって静か。
開業して25年を過ぎて、少しずつ改装する時期になりました。ゴルデンウィーク明けの5月中旬に、3日ほど臨時休診して工事を行いたいと思っています。先の話なので、詳細は後ほど。人間も同じですが、メインテナンスは必要ですね。

今週の待ち時間

明日から新学期という学校も多いのでは?今日の仕事は予防接種が中心でした。日本脳炎、DT2種混合、MRワクチンⅡ期の3つが多かったですね。ここからは予防接種も少なくなって、全くテーマはなくなります。
今週の待ち時間は0から10分ぐらいと予想しています。私は雑用の片付けと読書の生活です。今年は内装工事や、帰省もありそう。9月までは少し不規則な診療になるかもしれません。ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。

BCGの接種拡大(23区在住の方に)

定期接種であるBCGは、世田谷在住の方は世田谷の医療機関で、杉並在住の方は杉並の医療機関で接種が行われていた。4月からは23区内に在住の方は、23区内のどの医療機関で接種してもOKとなった。残念ながら、BCGについては調布市、狛江市、三鷹市の方は接種できない。B型肝炎ワクチンの定期接種化は10月から。対象は4月以降に生まれた乳児。
春休み中に予防接種をお薦めしたい。

金魚

今朝は雨の音で目が覚めた。予想外の雨?昨日と今日は、上北沢の桜祭り。昼には一旦止むとの予想だが。今夜から明日のかけて、雨の予報。春休みですべての病気は終息し、私も春休み気分だ。昨日の桜祭りで金魚すくいのイベントがあったらしく、ハルが金魚を1匹持ち帰ってきたらしい。昨夜遅くに帰宅すると、容器に金魚が泳いでいた。水槽に移してエサを与えた。夜店の金魚は弱っていたり、傷ついていることが多いので、一晩リハビリ。今も元気に泳いでいる。
当分は予防接種と健診がテーマ。春休みで子供たちがいないし、保育園児は新しい環境で、保護者の方も予防接種に連れてくる余裕がないかもしれない。数日で学校も始まり、入学式がある。新学期の健診も始まるため、少し忙しくなるはず。
この時期は仕事中に、本を読む時間ができる。数秒から5分ぐらいの切れ切れの時間に、読みかけの本を斜め読み。ベストセラーとされる石原さんの「天才」や、小保方さんの「あの日」を読んだ。どちらも面白い。自伝的な本はほとんどが嘘か、都合の悪いことは省略されている。しかし、「あの日」は意外に説得力があった。科学者と呼ばれる人の言葉が、とても真実みを帯びて書かれている。
読んでいるうちに、何だか中年男性陣と若い女性の恋愛小説を読んでいる感覚になった。口説き文句としか思えない言葉が多い。小保方さんが若い女性でなかったら、今回の事件は起こっていないはず。むさ苦しい男性であったら、足を引っ張られて、成果は横取りされていただろう。だいたい、あれほど優遇されるはずはない。STAP騒動は本人の意図的な物ではなく、誰かの人為的な産物であるという内容は、おそらく正しい。
(春休みの宿題の、私が最も嫌いな読書感想文を書くつもりはないのだが、)「天才」も面白かった。努力して栄耀栄華を極めた人間の一生が、幸福であったのか?と考えさせられた。50代で失脚し、病に倒れ、最後は1人で死んでいく。ドラマチックで第三者から見ると興味深い。
色々雑談が書けたのも、春休みのお陰?最近は軽い本がいい。頭を休めるには最適である。気持ちを休めるには、隣で泳いでいる新参者の金魚を眺めることかな?

蘆花公園の桜

夜遅くに家内と散歩に出かけた。八幡山の桜並木を通って、蘆花公園へ。菜の花も桜も満開。少し肌寒く小雨が降ってはいたが、新学期に相応しい景色を見ることができた。
2年前に頂いたノコギリクワガタの幼虫が、昨年の7月に成虫になった。しかし、エサを食べることなく越冬に入った。今日、掘り起こしてみると、元気な姿を見せてくれた。ノコギリは成虫になった翌年の、活動を始めるようだ。先日捕まえたオタマジャクシは、何とかエサを食べるようになった。
生き物を見ると、何だか気持ちが落ち着いて集中力が増す。肌寒いが、気持ちは春本番?