27周目の走行

今日で開業して26年目が終了します。明日から27年目。27周目の走行が始まります。一つの区切り。皆さんに支えられて、26年間を無事に乗り切ることができました。本当に感謝しています。
私の時代は卒業後に国家試験があったので、仕事開始は6月からでした。勤務医生活が11年、開業医生活が26年なので、医師生活が今日でちょうど37年(正確には37年と1か月)。この間、大きなトラブルがなかったことは、幸運だったと思っています。
開業して25年が終了した昨年の7月1日に、母が他界しました。ちょうど1年前になります。この1年は、心の区切りとなりました。いよいよ私の番?「今やらなければならないことは」と、どうしても考えてしまいます。切り捨てるべきところは切り捨て、必要なものだけ残すという感覚。やはり面白いのは仕事ですね。「これをやっておけば」という後悔が残らないように、残りの人生を送っていきたいと思っています。
残りの2つのスイッチを入れるには、まだ早すぎる。今は静かに人生を楽しむ時。27周目の走行は、肉体的には無駄なアクセルを踏まない無理のない走行、精神的にはエコドライブというところでしょうか。27周目の走行、お付き合いの程宜しくお願いします。

日本脳炎ワクチンの18歳への定期接種勧奨について

保健所より、以下の通知がありました。
平成28年度に18歳になる人(世田谷区6384名、平成10年4月2日から平成11年4月1日生まれ)を対象に、日本脳炎ワクチンの接種票1枚を6月27日に送付したとのことです。
平成20年から22年に、日本脳炎ワクチンの接種が中止されていました。上記の対象の方は、母子手帳で確認をお願いします。日本脳炎ワクチン1期3回(2回+追加1回)と2期1回の接種を終えている方はOK 。接種できていない方は、接種の対象となります。お知らせまで。

雨の音

今朝はかなり激しい雨が降っています。例年ならば7月の初旬に流行のピークを迎える手足口病やヘルパンギーナは、ほとんど姿を見せていません。待ち時間は0から15分ぐらい。予防接種がお薦めです。
5月に相模湖の近くで見つけたアゲハの幼虫は、無事に蛹になって、クロアゲハが出てきました。雨が上がったら、外に放そうと思っています。混迷する世界経済、都知事選、参議院選などを、いろいろな問題があるのですが、今のところはのんびりとした生活を楽しんでいます。

神奈川県立生命の星・地球博物館

昨日から友人との会合で小田原へ。用事を済ませて、箱根湯本にできた生命の星・地球博物館へ出かけました。以前に患者さんから、「恐竜、昆虫、動物などの展示が面白い。先生にはピッタリの博物館」と言われ、この博物館の存在を知りました。慌てて行ったため、着いたのが今日の3時半近く。閉館まで残り1時間と知って、焦りました。
地球や動物の進化や、恐竜の骨、私の大好きな昆虫の標本や石と化石が展示されていました。ゆっくりと解説を読む時間はなく、とても残念に思いました。この博物館は1日遊べますね。いつか時間をかけて、展示を見たいと思っています。最新の博物館はすごい。

無風状態の6月

溶連菌、流行性耳下腺炎、アデノなどの感染症はわずかに見られますが、ほとんど無風状態の6月です。この時期に予防接種はいかがでしょうか。予防接種は予約制ではありません。この時期は土曜日でも予防接種はOKです。
B型肝炎ワクチンの定期接種化が決定しました。10月1日から開始で、対象は平成28年4月1日以降に生まれた乳児です。
カブトムシが羽化してきました。キリギリスも鳴き始めて、いよいよ夏ですね。

生後6か月から3歳未満での日本脳炎ワクチン

定期接種である日本脳炎ワクチンは、法律的には生後6か月以上から接種は可能です。世田谷区では接種票は3歳で送られてきます。3歳以上と3歳未満での大きな違いは接種量です。3歳以上では0.5ml、3歳未満では0.25ml。杉並区では接種票は、生まれた時に1冊の冊子として送られてくるため、3歳未満でも希望があれば、手間なく接種可能です。一方、世田谷区では3歳未満の方は、保健センターに申し出て、接種票を送ってもらうという手間がかかります。
夏休みを九州の実家で過ごす方や、東南アジアに赴任や旅行する家族には、3歳未満でも接種してきました。3歳未満の方で接種を希望される方は、当院でも「すぎなみ」でも対応は可能です。日本では日本脳炎の発症は夏季に限られていますので、その点も考慮して判断して下さい。

参議院選挙始まる

この1か月のテーマは、参議院選挙と都知事選。仕事の面では、手足口病やヘルパンギーナなどのいわゆる夏カゼの流行と予防接種と言いたいところだが、夏カゼの大きな流行はないと思っている。九州の大雨と、関東の水不足が大きな問題である。
18歳からの参政権。私は喜んでいるのだが、選挙結果にどのような影響が出るのだろうか?これを機に、20歳から30歳の若者の選挙へのさらなる参加を望んでいる。今の選挙では、すべての世代の意見を反映しているとは思えないので。

オタフクカゼ(流行性耳下腺炎)ワクチンの接種を

先日も書いたのだが、オタフクカゼが増えてきた。先週は3名で、昨日2名で今日の午前中に1名。今週の3名の診断については、血液検査の結果待ちだが、オタフクカゼで間違いはないだろう。人数的には少ないように感じられるが、予防接種をしている割合が増えていることを考えるならば、このペースはすごい。この10年で最も多いのではないか?
ワクチンで予防は十分にできている。繰り返しになるが、未接種の方はぜひ予防接種を。

予防接種がお薦め

今日は父の日。娘たちからケーキの差し入れがありました。昨日はカイの誕生日。誕生祝いは虫グッズ。昆虫図鑑やクワガタ(おそらくコクワ)の幼虫、オンブバッタにキリギリス。子供は喜びますが、母親は?ですね。
待ち時間は0から15分と予想しています。溶連菌とアデノ、オタフクがパラパラ。静かな6月です。予防接種と健診がお薦め。

永福町

今夜は娘の誕生会。本人の希望もあって、永福町のイタリアンで。永福町で食事をするのは初めて。井の頭通りを歩いて永福町へ。新しい店と古い店が混在している。久しぶりのイタリアン。
どうしてもパスタやピザが中心になる。できる限り炭水化物を控えようとしているのだが、全く実行されていない。「あれ、ロカボでは?」と茶化されている。おいしく食べることができれば、私は満足。家内とのんびり井の頭通りを歩いて帰った。蒸し暑く、夏らしい気温。空には満月に近い月が浮かんでいた。

イチロー

日米通算ではあるが、イチローがローズの記録を越えた。私は日米の差などは気にしない。文句なく大きな拍手を送りたい。レギャラーではなく、年齢的にも体力的にもピークを越えている条件での記録。自己管理という意味でも、素晴らしい記録だと思う。
スポーツ選手の選手寿命は短い。最近では十代選手の活躍が目覚ましく、30歳では高齢選手と呼ばれる。その状況でのイチローの活躍はうれしい。逆に芸術家の、仕事の寿命は長い。作家や画家なども、70歳でも活躍している。私の仕事はどちらかと言えば、作家や芸術家に近い。
筋肉や関節の可動性は、30歳ぐらいから低下してくる。その低下を、いかに少なくするかがテーマ。手ごろにできる運動はウォーキング。1日6000から8000歩、20分ぐらいの早歩きが推奨されている。やり過ぎも関節に悪い。座っている仕事で、通勤もないので、歩数はカウントしている。1日に8000から1万。仕事がら、視力と聴力の維持にも神経を使う。森の中を歩くのが最適。緑の葉を見ながら、鳥の声を聞いて、虫を探しながら歩くのは好きだ。

ヘルパンギーナもどき?

ヘルパンギーナが西日本で流行しているとの報道がある。先週は3名、今週は1名ほどヘルパンギーナらしき(?)症例は経験している。ヘルパンギーナはコクサッキーウイルスによっておこる、高熱と喉の潰瘍を特徴とする病気である。6月から8月に流行するため、夏カゼと呼ばれることもあるが、別にハナやセキが出るわけではない。ヘルパンギーナもウイルスの型によっても、また個人差の範囲でも、症状はピンキリである。派手な潰瘍ができて食事がノドを通らないケースもあれば、これって潰瘍かな?というレベルのケースもある。今は後者で、診断が正しいかは自信が持てない。
話は全く違うのだが、やっと辞職となった。これは仕方がない。金曜日の午後から、週休2.5日で休んで、湯河原の別荘暮らしでは、弁解の余地はない。まともな人材はいないものか。

ダジャレ

「巻き添え知事」というダジャレは、笑うに笑えない。都議会は停滞している上に、ホテルの会議の相手も明かさず、プロ野球観戦をオリンピックをいう言葉を使って仕事と言い張る。あまりに責任感がなく、いい加減な発言をする。これで選挙でもなれば、何億というお金が浪費される。それがすべて自分の責任という感覚はないのだろう。言外に「不信任決議を出すと、議会を解散するぞ」という脅し。都議会選挙でも膨大なお金がかかる。議会が進展しない。膨大な税金の無駄使い。この人災を最小限の食い止めるためには、早く切り捨てるしか方法はない。本人はリオ五輪を無料で観戦したいと思っているのだろうが。
私はアスペ族は嫌いではない。むしろ好きである。アスペにもたちの悪いアスペと良いアスペがある。相手がどう思うか?が判断できず、暴言を吐き続けるのは、たちの悪いアスペである。「病気だからしかたがない」と考えるのか、「病気の人間に任せられない」と考えるのか。ふつうは後者である。

今週の待ち時間

明日は雨の予報。ヘルパンギーナやアデノウイルス感染がわずかに見られますが、無風状態の診療です。待ち時間は0から15分ぐらいを予想しています。予防接種と健診がお薦めです。
昨夜は友人の奥様とお嬢さんとの食事。家内や娘も合流して、楽しい時間を持つことができました。子供の成長をみると、時の流れが速と感じますね。年をとるはずです。
早朝、家内の代理として、娘たちとハルとナツが、空路で広島に向かいました。広島は雨模様。義父と食事をしたり、お墓の草むしりをしたり、ハルやナツも大活躍だったようです。家内のスマホに多くの写真が。最終の飛行機が遅れているようで、空港で足止め状態のようです。無事に帰ってくるといいのですが。

地震の影響

熊本地震の影響の1つがワクチン。昨年にいろいろな問題を提供した化血研は、熊本に工場と本社がある。アステラス製薬に吸収されるという報道があったが、地震で仕切り直し?化血研はB型肝炎ワクチン(ビームゲン)を製造している。地震の影響で、現在も製造ラインは止まったまま。このままだと、10月からのB型肝炎ワクチンの定期接種に影響がでるのでは?と危惧していた。現段階ではいずれ製造ラインは復旧し、定期接種に影響はないと厚労省も判断しているようだ。
次の問題はインフルエンザワクチン。受精卵を製造に使うため、化血研の減産は避けられない。そのため、国はデンカ、ビケン、北里に増産を指示。ビケンと北里が作っていたチメロサールフリーのワクチンは、すべて製造中止に。つまり、地震の影響で(国の指示で)、今年はチメロサールフリーのインフルエンザワクチンは製造されないことになった。妊婦の方やチメロサールフリーを希望される方は、今年はインフルエンザワクチンを接種できない。
B型肝炎ワクチンの定期接種化も、インフルエンザワクチンの接種も10月から。まだ先の話だが、とりあえずお知らせまで。

オタフクカゼ

この2週間で、珍しくオタフクカゼ(流行性耳下腺炎)が4例。共通していることは、予防接種をしていない、両側の耳下腺が腫れていること。前にも書いたが、耳下腺が腫れた場合には血液検査が必要だ。本物のオタフクカゼは多くはない。この4例とも、血液検査で診断がついた。
この6年で経験したオタフクカゼの症例は、すべて予防接種をしていなかった。予防接種で100%予防できるとは思わないが、現在の日本では95%以上は予防できる。先日もオタフク髄膜炎も経験している。任意の予防接種ではあるが、合併症の多い病気であり、予防接種をお薦めしたい。

ニホニウム?

ニホニウムの発見というより作成。日本の名前を関した元素はうれしいのだが、何の役に立つのか?現実的でロマンを持たない私は、どうしてもこういう思考になる。いつか、きっと役に立つのだろう。
今日は梅雨らしい雨。雪が少なかった影響で、ダムの水量は30%前後。このままでは子供たちのプールは禁止になる。今年の梅雨は、少し多めの雨が望ましい。
仕事はいたって静か。入口のヤブキリが鳴き始めた。キリギスが鳴くのは、7月になってから?

クレヨンしんちゃん

今日は雨のおかげ(?)で、とても静かな1日でした。予防接種や健診が適しているのですが、雨は子供連れの方には負担が大きいですね。
違法性はない、給与返上、資産の売却など、小手先でいろいろやってきますが、根本的なことをごまかしているところが問題。確信的でやったか否か?これは当人しか知らないこと。第三者に任せる問題ではありません。私は都民の安全や生活を、全く考えていなかったこと、その責任感のなさと、それを恥じる気持ちがないことに驚いています。これではトップは務まりません。部下も言うことを聞くはずがないでしょう。
面白かったのはクレヨンしんちゃん。「悪い言葉使いの勉強のため」という言い訳は滑稽です。揚げ足をとるつもりはありませんが、この感覚が問題。言い訳せずに謝った方が、まだましっだったと思いますね。私はクレヨンしんちゃんの漫画もテレビも見たことがないのですが。

梅雨入り

梅雨入りしたのですが、今日は曇り。昨日はハルとカイを連れての山登り。朝は雨模様だったので、川釣りを2時間楽しみ、山に向かいました。下山後に3人で温泉に。カタツムリ、アリジゴク、サワガニ、ヤゴ、アゲハの幼虫、センチコガネなど30種類以上の生き物に出会うことができました。やっと、ハルとカイとの約束を果たせたかな?
今朝は校庭から子供たちの声が聞こえています。川場村の出発ですね。何とか天気は持ちそうです。

爽やかな風

家内と松沢病院の周りを散歩。気温も湿度も低く、風が爽やかに感じられた。行方不明のお子さん、無事に保護されて良かった。7日間を水だけで生き延びるのはすごい。
いよいよ参議院選挙。アベノミクスで失業率も改善し、有効求人倍率もアップし、個人所得も税収も増えたという話。そこで一転して、いつリーマンショックのような事態になってもおかしくないと展開して、消費税は据え置き。話としては、全くつじつまが合わない。通常はアベノミクスの果実が実ったので、消費税を10%にするか、アベノミクスは失敗したので、消費税は据え置きというのが正しい論法?据え置きの是非はともかく、論理的に矛盾している。
4年後の東京オリンピック。ここで辞任すると、オリンピック開催中に選挙となる。これはまずい。9月ごろまで延命するしかないと考えたのか、保守勢力も追及の鋭さは欠ける?
何とも平和な6月である。仕事も平和?予防接種と健診がお薦め。

静かな6月の始まり

溶連菌が散見されますが、流行とよべるような病気の流行はありません。静かな6月の始まりです。上北沢小学校の横の歩道に植えられたヤマボウシが、白い花を咲かせています。この花を見ると、初夏、梅雨、6月という言葉が浮かんできます。待ち時間もほとんどありません。このまま9月まで続くと期待しています。
明日(金曜日)は川場前健診のため、1時から2時まで不在となります。山角が代診となります。宜しくお願いします。新緑の川場は楽しいでしょうね。

しつけ

しつけは必要だと思う。子供に社会生活上のマナーや、他の人に迷惑をかけない言動を教えるのがしつけである。言うことを聞かない時に罰則があり、時に体罰となる。しつけとお仕置きは似ているが、違うものだ。しつけは必要だが、お仕置きや体罰は必要とは言いがたい。
娘が「言うことを聞かない時に、家の外に出されたよね」。私は記憶にないのだが、家内が「私は反対だった」。ということは、私が「家の外に出なさい」と言ったのだろう。私はいたずらをした時に、祖母から「押入れに入れるよ」と言われた記憶がある。押入れに入れられた記憶はない。子供を家の外に出したら大泣きをして、近くのお年寄りが警察に通報し、警察に虐待を疑われたというお母さんもいた。お仕置きも限度を越えたら虐待になる。しつけーお仕置きー虐待は紙一重?無事に発見されるといいのだが。