一人の生活

家内が帰省する事があるため、珍しく一人で生活することが多くなった。多くなったといっても、年間で10日ぐらいかな?結婚してから、ほとんど一緒にいるため、一人の生活が何だかなじめない。昔は一人で生活する事に憧れ、一人の生活を楽しんでいた。人間、慣れや習慣は恐ろしいものかもしれない。
食事の問題から洗濯、片付けから火の用心まで、やることが多いのには驚かされる。昔は平気でやっていたのに。夫婦はどちらかが先に旅立つ。どちらかが一人暮らしをする運命?そのような一人暮らしの方は、もっと増えていくだろう。最も気を使うのは火の用心。火をつけて忘れる危険性がある。風呂を沸かすのも、気を遣うし面倒。
孤老のトレーニングと思って生活しているのだが。北陸や東北では、雪かきが加わる。もっと大変だろうと、勝手に推測している。明日の夕方に家内は帰ってくる。義父母には申し訳ないのだが、早く帰ってほしいと思っている。