インフルエンザの流行

午後の強風の影響もあって(?)、ノンビリした診療となった。夜に家内と買い物に出かけたのだが、風が強く目が痒い、と言うより重くなってきた。この風に乗ってスギ花粉が飛んできたのだろう。春一番ではないのだが、いよいよ嫌な季節の到来である。そろそろ治療の準備が必要かな。
毎年のように、同じテーマでブログを書いている。単なる情報提供。
この1週間で、インフルエンザと診断した患者さんは111名であった。報道されている通り、流行が始まっている。検査に時期が早すぎて陰性という例も、おそらく10例ぐらいはあったのではないか?A型インフルエンザが55名、B型が56名。この近隣での流行は、AとBはほぼ同数。通常はA型が流行した後にB型が流行するのだが、今年は最初から平行して動いているのが特徴である。
他に流行している(発熱と咳の)病気はないので、インフルエンザの検査が陽性になる確率はかなり高い。他に嘔吐下痢症が散見される。ロタが4名。姿を見せていなかったロタが出てくるのか?ここ数年のデータを考えると、例年並みか、やや静かな1月というところか。終了間際を除けば、待ち時間は0から15分ぐらいと予想している。