インフルエンザ患者数の低下

昨年に比べて、今年はインフルエンザの患者数が多い。理由はB型インフルエンアの流行にある。今もB型優位が続いている。2月の始めをピークに、少しずつ患者数が減少してきた。気温がまだ低いので、3月下旬までは、流行は続くと思っているが。
スギ花粉は雪と気温が低い状態が続いているため、東京では症状は軽い。気温の上昇とともに、症状は強くなってくるだろう。私も薬を飲み始めた。患者さんの転勤の話もチラホラ。まだ、雪が残っているが、春は近い?