インフルエンザの終息

先週のインフルエンザの患者数は66名。10名がA型であった。これで終わり。インフルエンザの終息宣言である。今年は花粉がまだ飛んでいないので、とても静かな3月。病気のテーマはない。アレルギー検査は例年よりも早めに消化している。今年は何だか気分的に楽かな?
残り3週間で、今年度が終わる。テーマは病気ではなく、健診と予防接種、来年度のアレルギーの指導、転居される方への生活指導の3つだろう。最後の山は、春分の日。今回は土曜日に当たっている。
4月の上旬に、日本小児科学会総会が名古屋で行われる。還暦を過ぎて、リタイア気分の私なのだが、最後のけじめで出席すべきか?未だに迷っている。学会で居眠りするより、患者さんを診察する方が楽しいし、有意義だと思うのだが、これが最後のチャンス。お別れを言うべき人もいるだろうし。でも、面倒だな?と思うところが、私らしい。その時の気分次第。行き当たりばったり。まあ、この性癖は一生治らないのだろう。