組体操

春の運動会シーズン。隣の上北沢小学校から、大きな音楽と歓声が聞こえてくる。運動会の花形はリレーと組体操。組体操での事故が報告され、中止する自治体もある。私は組体操には反対である。
四肢の擦過傷は日常茶飯事。落下や潰されての捻挫や骨折も多い。体重別に組みこまれるので、差別やイジメのきっかけにもなる。チームワーク精神を育てるとか、観客にアピールするという目的はあるのだろうが、運動になるのかは、大きな疑問。関節などへの負担を考えるならば、身体には大きなマイナスである。つまり、百害あって一利なし。日本の悪習としか思えない。
早く「組体操中止」の議論がなされ、全国的に中止になることを願っている。子供たちの安全と健康のために。