25周目の走行

11時半に新宿まで家内を迎えに行く予定なので、30分ほど時間がある。1日早いのだが、「25週目の走行を書き始めた。1時間ほどで日付が変るので、このフライングをお許し願いたい。
1990年7月1日に開業したので、今日で24年目が終わり、明日から25年目が始まる。24年間、大きなトラブルもなく仕事ができたことは、多くの患者さんのお陰である。改めて、感謝の意を伝えたい。
1日中椅子に座って仕事をしているが、学校の勉強とは違って、受け身の立場ではなく、頭と感性は能動的に動く。その意味では、山登りやマラソン、昆虫採集などと通じる点が多い。その点で、仕事は楽しいと思う。座っていても、身体と頭を動かしている感覚かな?辛いことは、患者さんを待たせることだけ。待合室に人がいない、待ち時間が0の診療が理想なのだが。横にカルテの山ができるのは、本当に流石にストレスになる。今の季節は、ほとんどストレスがなく、幸せである。
予約制にすると、この問題は少しは解消されるかもしれない。前にも書いたが、私は予約制が嫌いである。「受付時間内に来られた患者さんは、基本的に断ってはならない」というのが、私の考えである。予約制にして、上限をなくすという方法もあるかな?とは思うのだが、来院された方を診察するというスタイルが私流である。冬場は待ち時間が長くなって、大変申し訳ないと思っている。
この24年で、体力や集中力は衰えていない。老眼も進行していないし、聴力は問題ない。「最も衰えたのは歯かな?」と言うと、家内は「伏兵ね」と。歯は再生ができない。最近では心を入れ替えて、歯の手入れをしている。記憶力は少し低下したかなと思う。思考力はおそらくレベルアップしている。
意味のないブログに付き合っていただき、大変感謝しているが、テーマを決めて書くという作業は、思考力の低下を防ぐ効果がある。頭の体操で書いているようなブログにつきあっていただき、その点も感謝している。介護を含め、多くテーマは残っているが、それも人並みかと思う。
少子化対策として、女性と老人の活用がテーマとなっている現状を考えるならば、役に立てる間は、しっかり働くべきだと思っている。「役に立つ」との判断は、私の主観でしかないのだが。その点は棚上げにして、私は25週目を責任を持って走りきりたいと思っている。25週目の走行、お付き合いの程、宜しくお願いしたい。