ハトバス

今日で61歳になった。東京に24年以上も住んでいるが、観光地はほとんど行ったことがない。というより、行く時間がない。ディズニーシーに1度行ったことがあるぐらい?別府という観光地で生まれ育ち、学生時代も観光地の京都。どうも観光する気になれない。
集団行動が全く苦手な私は、バスツアーや集団での観光旅行も、大の苦手。修学旅行など意味が分らないと思っていた。バスから降りて、勝手に行動していた。この歳になって、「それではいけない」と反省。集団観光を試みようと思った矢先に、家内が「ハトバスに乗らない?」と誘ってきた。渡りに船と賛成。時間がないので、「サンセットークルーズ&スカイツリー」コースを選んだ。
先週の木曜日は時間があったので、先週に行く予定だったが、台風直撃で中止。1週間の延期に。家内は「ちょうど誕生日。ピッタリね」よ大喜び。天気予報は雷雨。今日は午後の用事を済ませて、3時過ぎに東京駅。ハトバスツアーとなった。
幸い、雨も降らず、船も揺れず、スカイツリーも人も少なく、まさに絶景。9時半に東京着で、10時半に帰宅となった。
集団行動はペースがゆっくりで、どうも調子が出ない。家内も「ペースが合わないわ。いつもバタバタ、ゴリゴリ歩くから」と。しかし、家内とゆっくり話が出来た。「楽しい、記念の誕生日になったわね」と言われて、「記憶に残る誕生日だね」。おそらく二度と行く事はないだろうスカイツリーの最上階まで上ったのだから。私も家内も、集団生活には適さない事を実感した1日でもあった。でも、企画してくれた家内に感謝かな?