カンピロバクター腸炎の増加

中国で賞味期限切れの鶏肉の加工が、問題となっている。鶏肉と言えばカンピロバクター。7月に入って、カンピロによる食中毒が、急に増えてきた。ほとんどが鶏肉。鳥刺し、バーベキュー、焼く鳥屋などでの感染が中心。戸外でのイベントが増える季節。鶏肉の扱いや、食べ方には十分に注意してほしい。
触ったら手を洗う。必ず加熱する。子供には生肉は接触させないことが基本。下痢が続く時、発熱と下痢の組み合わせ、食べた物に思い当たる点がある場合には、必ず医療機関を受診してほしい。下痢には注意は必要だ。