敬老の日

先日、夏休みを利用して、次女はハルとナツを連れで空路にて、家内の実家の広島に1泊で帰省した。今朝は三女一家が、1泊の予定で空路で広島に向かった。明日(土曜日)は昼から、家内は帰省する予定。名古屋で長女と合流する手はず。人生でノンビリできる時間は短いと思う。
1)明日(土曜日)は通常通りの診療。家内は12時まで。早めの来院を。
2)日曜日は私が急病センターで勤務のため休診。
3)月曜日(敬老の日)は7時半から11時まで診療。家内は不在。
昨日、日光から帰ると、ハルとナツの保育園から敬老の日恒例のレターが。ハルとナツの写真と作品が入っていました。子供の成長は早いと思いますね。ついでに、歳をとるのも。
長者原
8月に帰省した時の写真。由布岳に登り、やまなみハイウェイを使って長者原へ。タデ原湿原のヒゴタイを見るために。紫色の花がヒゴタイ。タデ原湿原を一周して、写真の後ろに見える、長者原ビジターセンターに立ち寄った。そこで、前に立つ人に見覚えが。思わず、「I君」と声をかけた。高校時代の生物部時代の仲良し。社会人になって会うのは3回目?福岡に住んでいて、家族で長者原を訪れたとのこと。偶然とは本当に面白い。少し立ち話をして、家内にツーショットを撮ってもらった。その夜、生物部の三人組の一人で、水族館の館長をしているT君に連絡を取った。「出会ったのは奇跡だよ。僕もその場にいたかった」という言葉が胸にしみた。