水痘ワクチンと同時接種

10月から水痘ワクチンが定期接種となります。定期接種になるまで待っていた方も多いのでは?「9月末で1歳になるので、MRワクチンを接種したいのですが、水痘ワクチンは?」という質問を受けました。優先順位はMR、水痘の順です。別々に接種すると、4週間は間隔を置く必要があります。水痘ワクチンは副作用は全くありませんので、MR+水痘ワクチンを接種しても、麻疹ワクチン単独接種と副作用的には同じ。また、水痘ワクチンはかかってしまえば、接種の必要がなくなるワクチンです。MR+水痘ワクチンの同時接種がベターではないでしょうか。ついでにオタフクカゼ(ムンプスワクチン)も希望される場合は、それもOKということで。
10月になると、インフルエンザワクチンが開始されます。水痘ワクチンが優先だと思っています。どうしてもという場合には、同時接種しますが。インフルエンザの2回目は、4週間後になります。
なお、当院も「三宅小児科すぎなみ」も、予防接種は予約制ではありません。診療時間内については、いつでもOKです。新型インフルエンザワクチンとヒブワクチンが配給制であった時のみ、予約制にしました。予約制は私の性格に合わないので、その点はご了解下さい。

再掲載(10月1日からの水痘ワクチンの定期接種)
23区、狛江市、調布市、三鷹市の方が対象。「三宅小児科すぎなみ」は23区、三鷹市、武蔵野市の方が対象。
1)接種日が1歳の誕生日の前日から3歳の誕生日の前日(おおまかには1歳以上で3歳未満)の小児が対象です。水痘に罹患したことがないのが前提です。
2)基本的には2回接種することが出来ます。但し、3ヶ月以上の間隔を開ける必要があります。2回目の接種も、3歳未満の限ります。
3)既に1回接種している場合には、公費で2回目の接種できます。だたし、3歳未満に限ります。

特例(2015年3月31日まで)
1)3歳以上で5歳未満で、水痘にかかったことがなく、水痘ワクチンを1度も接種したことがない小児が対象です。
2)定期接種として(公費で)、1回の接種が可能となります。