幼稚園の面接

今日で10月が終了。明日は11月1日の土曜日。幼稚園の面接、試験の初日。世田谷や杉並は人口の増加の影響で、私立の幼稚園の入園は、厳しい状態となっている。つまり、倍率が高く、入園出来ない子供がでてきた。特に、この3年ぐらいは、不合格になるケースが多くなった。
その影響もあって、プレ(4年保育)に通う子供が増え、プレの子供だけで、定員オーバーという幼稚園もある。幼稚園側も全員合格という訳にはいかないので、プレ優先とか、兄弟枠などの理由付けが必要となる。今年は特に厳しそうだ。私は公立の2年保育で十分だと思うのだが、ほとんどが3年保育である現状から、遊ぶ友達がいなくなるのがつらいところ。3歳児の保護者の方は、明日は大変忙しい1日となるだろう。今夜から順番待ちということも?
いわゆる有名私立幼稚園の試験も、私立の小学校の入試も、明日から本番となる。幼稚園の合否は保護者の影響も大きいので、保護者の方のストレスも大きくなる。「何を基準に合否を決めるのか?」という問題もある。私は「気持ちをすぐに切り替えること]と話す。不合格になると、自分の子供を否定されたような気持ちになる。傷つくのは親の気持ちであり、子供はさほどではない。しかし、傷つく親を見て、その姿に傷つくのは子供。その点を十分に理解すべきだ。気持ちを引きずらないこと。
幼稚園の合否は時の運?私は全員合格を願っているのだが。