イヌ派?ネコ派?

今日は寒い1日であった。明日も寒そう?インフルエンザワクチンの接種も、2回目の方が中心となってきた。今週に入って、予想通り(?)RSもアデノも少なくなった。嘔吐下痢の胃腸炎が少し増えてきた。ウイルス性ではなく、細菌性の食中毒も増えてきたため、点滴が活躍することに。今週のテーマは胃腸炎と、2回目のインフルエンザワクチンである。
全く話は変るのだが、私は生き物は何でも大好き。「一番嫌いな生き物は人間」と宣言していた。しかし、性格やコミュニケーションという意味では、最も変化のある生物は人間だと思う。その意味では人間が最も面白い。私はネコを飼ったことがあるし、床下には子分のノラ犬が住みついていた。ペットブームの時代、イヌ派とネコ派に分かれる。つまり、イヌが好きか?ネコが好きか?という問題。個人的には、意外かもしれないがネコの方が好きだ。
人間を犬タイプと猫タイプに分けてみると面白い。どちらかに分けることができるはず。私は猫タイプ。おそらく家内も猫タイプ。人にこびない。悪く言えば協調性がないタイプ.。私のような個人店主向き。一方、犬はオオカミの仲間で、群れを作って、上下関係がはっきりしている。チームワークで生活するDNA。協調性があり、上下関係の中で生活できる。企業や官僚社会向き。一般的にはイヌ派はイヌ派とつるみ、ネコ派はネコ派つるむ。波長があうから。人間をイヌ派とネコ派に分けて眺めて見てはいかが?