ジャポニカ学習帳

娘達のノートはジャポニカ学習帳を使っていた。表紙には虫や花の大きな写真があり、虫好きの私は、綺麗な蝶や甲虫の姿を楽しんでいた。ところが、2年前から虫の写真が消えたらしい。最近は学習帳を見る機会がなかったので、全く知らなかったのだが、あの大きな虫の写真が無くなったのは寂しい。
子供たちや先生の、「気持ち悪い」という意見を取り入れた?信じられない話だ。かわいいと思うか、気持ち悪いと思うかは、個人の主観である。その主観をすべて採用するなら、花の写真もボツである。学校で「彼奴の顔は嫌いだ。見たくもない」という意見を容認するのだろうか?虫好きは写真を楽しみ、虫嫌いな子供は、写真を見て慣れれば良い。自然には多彩な生き物が存在し、その色合いや形には、進化の歴史の重みがある。もうすぐ選挙が始まるが、選挙会場となる学校の前に、候補者の写真を並べるのは可で、学習帳から虫の写真を削除するのは、普通は逆ではないのか?主観を認めるのは差別であり、教育的にも良くないと思うのだが。
感染症のピークは、この1週間になると思っていた。この1週間のデータを見ると、胃腸炎が38名、アデノが31名、RSが10名、溶連菌感染が15名、A型インフルエンザが5名、水痘が4名であった。月曜日が振り替え休日であったことを考えると、なかなかの症例数である。あまり喜ばしくはないし、時間に追われて困るのだが。今週は(報道の影響で)インフルエンザワクチンの接種と、アデノウイルス感染を中心に動いていく予定。まあ、年末の最大の山は越えたのかな?と思っている(期待を込めて)。