少なくなったRSウイルス感染

先週の発症数を見ると、胃腸炎、A型インフルエンザ、アデノウイルス感染、RSウイルス感染の順であった。RSは3週間前にピークを越えたが、今週もまだ散見される。アデノもピークを越えたが、来週までは発症が続くだろう。A型インフルエンザは19名。爆発的な発症には至らず。年齢的には中学生以上が多い。
11月の始めから、このブログでは珍しいことだが、RSとアデノの発症数を記載。今年の11月から12月のテーマは、この2つだと思っていた。予想通りの展開となった。年末にかけて、この2つは終息に向かう予定。
麻疹がほとんど姿を消した今、横綱級のウイルス感染は、RSとアデノである。この2つに比べると、インフルエンザなどは前頭レベル。やたらと出席停止期間が長いだけ。年末までの山登りのルートは、ほぼ頭に入っている。まあ、予定通りに歩むことになるのだろう。