不成功

STAP細胞は残念な結果となった。万能細胞を作成するあたり、細胞の環境条件のpHを変えて実験するのは、ごく当たり前のことであり、どのpHでも不可能という前提で研究がなされていたはず。このような初歩的な実験は、当然論文にもならない。もし、STAP細胞が存在するならば、多くの研究者は物笑いの種になる。そこに、このSTAP騒動の面白さがあった。ひねくれ者の私は、STAP現象に拍手を送っていた。
今回の再現実験は、どんな隠し技があっても、成功するとは思えなかった。小保方氏が詐欺や虚偽のデータを出したとも考えられない。使っていた細胞が、ES細胞という万能細胞にすり替えられていただけ。すり替えることができたのは、限られている。責任を取っていない上司で、ES細胞を保管していて、既に理研にはいないという条件の人物かも。
「科学者は公平であり、モラルがある立派な人物」ではないことを公表した事件。まして、医学論文など話にならない?この歳になると、それが当たり前に思えてくる。それが年の功かな。いや、単なるひねくれ者?