この1年を振り返って

昨夜は我が家の忘年会を企画した。しかし、3女夫婦とカイとリクは、用事があって参加できず、私も他の会議と重なったため、家内と長女、次女夫婦とハルとナツの忘年会になってしまった。9月から、この3ヶ月以上、休んだ記憶はない。ゆっくり考える時間がなく、家内と議論する時間も少なかった。昨日の診療を終えて、流石に疲れが出た。疲れ過ぎて、なかなか寝付けず、珍しく徹夜状態でこのブログを書いている。今は午前4時。
この年で仕事があるのは嬉しいことなのだが、最近は限度を越えていると思う。まあ、必要とされる間が華?仕事は生きる糧を得るためももの。それが人間の掟である。生物は生きるために獲物を狩り、命を繋ぐ。人間と他の動物との差は、高度に発達した言語と文字、それにお金というツールである。言語と文字によって、コミュニケーションや思考が発達して文化が生まれ、お金というツールで生活が豊かになった。小学生でも知っている、この人間の特性を、ゆっくりと味わいながら生活している。健康も病気も、偶然という概念も、言葉が生み出したものである。
私も家内も60歳を過ぎている。年金の手続きが必要な年齢。やっかいな手続きを、時間に追われる生活の中で家内はやってくれた。現役である我々が、年金生活者になる資格はなく、手続きだけに終わった。予想された事なのだが、手続きはやらなくてはならない。65歳でもらえるのか?70歳までもらえないのか?それまで生きているのかという、笑えない話になった。
世界的に見ると、この1年も激動の年であったと思う。国内では自然災害の多発、ノーベル賞、STAP問題、円安、エネルギー問題、アベノミクスなどがあった。個人的には1月に孫が増え、3女夫婦が近くに転居してきた。何人かの友人は他界し、人との繋がりは、年齢的には先細りである。家内は特に忙しかったと思う。忙し過ぎる以外は、何とか平穏な1年であった。
仕事の面では、皆さんに大変お世話になった。この場を借りて、御礼申し上げたい。大きなトラブルはなかったのだが、時間に追われる日々で、患者さんのニーズに、十分に答える事ができなかったのではと推測している。その点はお詫び申し上げたい。
明日からは心機一転、仕切り直しで生活していきたいと思う。来年もお付き合いの程、宜しくお願いしたい。最後に、「良いお年を!」