月明かりの中の散歩

予想通り(?)比較的静かな仕事始めとなった。午後は用事を済ませて、昨年他界された友人のお墓参りに。京王線に乗って、タクシーでお寺に向かったのだが、時間が遅くなって、お寺に人影はない。満月に近い月明かりの中、家内と友人のお墓を探した。多くのお墓があり、暗くて文字が読めない。それでも、家内が見つけてくれた。ゆっくり手を合わせて、冥福を祈った。帰りは月を見ながら、ノンビリと徒歩で駅まで。
帰って食事をしていると、相続税対策で高価な仏具が売れているとの報道。仏具には相続税がかからないので、金の仏像?信仰と高価な仏具。何と俗っぽい話で、意味が分らない。静かに冥福を祈る。それだけで心が休まった。
孫2人
高尾山の稲荷山コースの途中。切り株に座って一休みのカイとハル。
注:7日、8日は臨時休診です。