将軍池公園のカラス

松沢病院に隣接している将軍池公園。奥の方にポンプ式の井戸がある。その周りは大きな広葉樹の森。その中にカラスの巣があるようで、近くを歩くと威嚇してくる。頭上に飛んできたり、足の爪で頭をひっかいたりすることもあるようだ。夕方にハルとナツを連れて散歩したのだが、夫婦とおぼしきカラスが、木の上から見張ってる。
昨年も数羽のカラスが巣立ちをした。石原都政の功績は、カラスを減らしたこと。再び、カラスが増えてきた。松沢病院で普通に見られたカタツムリの全滅。バッタなどの昆虫も、ほぼ全滅している。生態系のトップにいるのは、人間ではなくカラス。将軍池公園を昼間に散歩する時には、頭上に注意が必要である。