ミッションコンプリート(mission complete)

昨日は予想より静かで、午前中は12時過ぎに、午後は6時に仕事は終了した。土日が睡眠不足で、時間に追われる生活であったため、忙しくても通常の生活は有り難いと思う。
昨夜、友人から突然のメール。退職の知らせであった。突然のことで驚いたのだが、その業界で40年働き、業務の区切りがついたのだろう。退職しても、おそらく引く手あまた。今までの経験を生かして、まだまだ活躍するはず。第二の人生に拍手を送りたい。
その突然のメールの中に、「ミッションコンプリート」という言葉が。任務完了。彼らしい言葉であり、その中に含まれる意味を、私なりに感じ取っていた。この1年で、彼の最後の大きな仕事が終わったのだろう。次の指令が、すぐに来るはずなので、つかの間の休養を取って欲しい。
60歳を過ぎると、退職の話が多くなる。勤務医の退職は65歳が多いので、これから益々増えてくる予定。残念ながら、いや幸いなことに、自営業の私の退職は自分で決めるしかない。これは、本当に困った問題である。体力と知力と、人生に対する考え方の問題とも言える。
昨夜散歩しながら、「僕もミッションコンプリートかな?」と真面目に言ったのだが、家内は「20年早いんじゃないの」と全く相手にしてくれなかった。「まあ、必要とされる間はね」と私。帰って、友人に「ご苦労様でした」とメールを送った。