リンゴ病(伝染性紅斑)警報

都内でリンゴ病が増えているため、東京都が初めての警報を出した。リンゴ病はヒトパルボウイルスによる感染症で、世田谷では4月から流行が始まっていた。すでにピークは越えた感じ?今週は3名の来院があった。
症状は頬が斑に赤くなって、上腕と大腿部に斑な(レース状と呼ぶ)発疹が出る。子どもでは発熱はなく、発疹に軽い痒みがある。大人は微熱が出て、関節痛を訴えることがある。妊娠初期の方の感染は要注意。
発疹がでた時には伝染性はほとんどないと考えられており、登園や登校はOKである。ということは、感染を防ぐ手立てはない?日差しが強い時期なので、日光に当たると発疹の赤みが増したり、一旦消えた発疹が再出現することがある。強い日差しは避ける方が好ましい。