コクサッキーA16型

7月は雨で始まりました。この時期は手足口病とヘルパンギーナが流行しますが、今年は少ないと感じています。
ヘルパンギーナはコクサッキーウイルスでおこります。手足口病はエンテロ71、コクサッキーA16型、コクサッキーA6型が知られていますが、今年はほとんどがコクサッキーA16型によるもので、A6 型が10%ぐらい混入というところでしょうか。昨年は見られたエンテロ71は、姿を見せていません。コクサッキーA16型は手掌、足の裏、口内炎だけでなく、肛門の周囲や膝頭、肘の外側にも発疹が出ます。
混種の待ち時間は、0から15分ぐらい。予防接種と健診がお薦めです。