尾瀬ヶ原

先日は大雨+強風+ガスの悪天気の中、鳩待峠(はとまち)から尾瀬ヶ原を目指した。アヤメ平から富士見峠をへて、八木沢道から尾瀬ヶ原の見晴に入った。このコースをたどる人はほとんどいない。尾瀬ヶ原に人影はなく、貸し切り状態。私も家内も雨は全く気にならない。
悪天候のお陰で、尾瀬を独り占め?小雨の中、尾瀬ヶ原をノンビリ縦断して、至仏山の麓の尾瀬ロッジを目指した。尾瀬ロッジの周辺を散策して、尾瀬ロッジに宿泊。窓からは至仏山が見えた。翌日は至仏山に登る予定であった。ところが、翌朝、頂上はガスの中。ロッジのご主人が「人のほとんどいない尾瀬は、滅多にありませんよ。尾瀬ヶ原を楽しんで下さい。尾瀬は小雨が一番似合います」。家内と相談して、尾瀬ヶ原を1周することに。人に会わないのは、本当に気持ちが良く、楽しい散策ができた。
欠点は携帯が繋がらないこと。近くのビジターセンターには、衛星を経由した公衆電話があり、神尾から「すぎなみ」の申し送りを受けた。今年は雨ばかりでしたが、人が少ないという意味では、私は楽しめます。「夏の思い出」で知った尾瀬を、ゆっくり堪能する事ができました。2日で7万歩。
至仏山
至仏山(日本百名山)に到着。夕方には雲間に頂上が。麓に目指す尾瀬ロッジが。
尾瀬ヶ原2
早朝の尾瀬。東北の最高峰である燧ヶ岳(ひうちがたけ、日本百名山)が見える。尾瀬ヶ原独り占め?