スマホ

電車に乗ると、大人だけでなく、小学生や中学生もスマホをいじっている姿を見かける。私はレトロ人間(というより、時代について行けない)なので、スマホは使えないのだが。ある会社のスマホの利用時間の調査で小学生は1.5時間、中学生で2時間、高校生の男子で4時間、女子で7時間という結果がでていた。小学生や中学生でも長いと思うのだが、高校生の利用時間と男女差には驚いた。
ラインやツィッターが主な利用目的のようだが、これだけの時間を使う目的や内容があるのだろうか?意味のない悪口や、憂さ晴らし的ないい加減なやり取り、そして犯罪に結びつくような内容にまで発展していくだろう。実際にそのような犯罪が起こっている。このスマホの利用時間を信じるならば、かなり危険な道具と考えるべきだろう。利用制限をする必要があると思う。
スマホを使ったゲームなども、身体や精神に悪影響が出てくる可能性がある。いずれ視力や白内障なども問題になってくるだろう。1日は24時間。睡眠時間や食事や風呂などの必要最低限の生活時間を除くと、残りは15時間ぐらい。その中には授業や宿題をかたづける時間も含まれる。女子高校生が7時間も利用できることが信じられない。この問題は国レベルで向き合う必要がある。
ひつじぐさ
ヒツジグサ(未草)。尾瀬の池塘(ちとう、湿原の泥炭層にできる池沼)に咲くスイレンの仲間。未刻(14時頃)に花を咲かせるので、この名前がついた。早朝の散歩では、まだ花は咲いていませんでした。
RIMG2892.jpg
尾瀬の希少種である尾瀬河骨(おぜこうほね)も、黄色い花を咲かせていました。