野生の栗

昨日は予定がなかったので、家内と一緒に6時前の京王線に乗りました。靴は登山靴。鈍行しかない時間帯なので、初めて各駅停車しながら高尾まで。途中の待ち合わせがないので、結構早いのに驚きました。高尾から中央線で鳥沢駅へ。「まるで鉄ちゃんだね」と冗談を。座って本を読みながら(鉄ちゃんは本を読んだり、勉強はタブー?)。7時41分に鳥沢駅着。そこから扇山の頂上を目指しました。1100Mくらいの山。
この時期は栃の実が落ちているはず。子供たちに栃の実を見せたいと思ったのですが、扇山には栃の木は1本もありませんでした。その代わりに、野生の栗の木がいっぱい。落ちた栗の実を、イノシシが食べたようで、栗の木の下は獣の足跡だらけでした。イノシシのエサを奪ってはいけないのですが、食べ残しを少しばかり持って帰りました。入り口に飾ってありますので、見て下さいね。欲しい方は、自由に持って帰って楽しんで下さい。野生の栗は小さいので、食べるのには適しませんが。
扇山の頂上は、あいにくの曇り。富士山は見えませんでしたが、色々な楽しみがありました。イノシシの糞が落ちていました。いつもの癖で棒でひっくり返すと、きれいなセンチコガネがゾロゾロ。「センチコガネが一杯いるよ」と家内に声をかけたのですが、10Mぐらい離れて、近づこうとはしませんでしたね。
今年は少し早めに、ギアチェンジしています。明日は木曜日で午前診療です。週末は天気は崩れそう。バタバタしますが宜しくお願いします。