今年のインフルエンザワクチンは腫れやすいのか?

今年のインフルエンザワクチンはA型2種とB型2種(昨年までは1種)となり、ワクチン価格が上昇したため(正確には1.7倍から1.8倍に)、接種価格も↑。4社で生産されていたが、1社がトラブルのために出荷できず(いつ出荷されるかは不明)。接種者が少ないために、大きな影響は出ていないが。
ワクチン内容の変更に伴い、接種部位の腫れが強く出るのでは?という懸念がある。10月に発売されたばかりで、全くデータがなく、さらに複数の会社で作られているため、単純に比較が出来ない。「去年より腫れた」という訴えはあるものの、科学的な根拠にはならない。季節的な接種でもあり、データを採る気にはならないのだが。
今日は運動会日和。事故や怪我のないように。