マンション建設ラッシュ

日本の人口は減少に転じているが、世田谷区は人口が増えている。子どもの人数も増加傾向にある。人口増加の点では、置いてけぼりの感がある上北沢も、新入学児童は増えている。近隣の小学校も、部屋数が不足する事態に陥っている。その背景には、利便性の良い場所への回帰と、マンション建設ラッシュがあるのだろう。
先日食事した友人が、「30年前に世田谷の子どもの人口が増えると予想していたら、三宅は天才だよ」と真面目に言われた。「ああ、予想していたけどね」と軽く答えたが、後で「冗談だよ」と付け加えるのを忘れなかった。桜上水や芦花公園でも、巨大なマンションが出来ている。上北沢は平和(?)な町だと思う。近くのコインパーキング(NTTルパルクの駐車場)が、今月で閉鎖となる。何ができるのか?
急激な人口増加や減少は、インフラの面で困ることが多い。子供たちが増えて、活気がでることは良い事だとは思うのだが、幼稚園や保育園の不足が、さらに問題となるだろう。
11月1日は日曜日。幼稚園の申し込みと面接が解禁される。土曜日の夜から列を作るお父さんの姿を見ることになるのだろうか?