溶連菌感染症に注意

学期末に増えてくる溶連菌。この2週間で増えてきた。今週がピークになる予定。発熱、ノドの痛み、嘔気や嘔吐が主な症状である。年齢的には小学生の世代が中心。インフルエンザはほとんどいない。
アデノが増加、RSが減少、嘔吐下痢の胃腸炎は横ばいというところか。昨年に比べると、病気の流行は少なく静かな12月。
今日は当院は通常通り午前中の診療。「すぎなみ」は都合により午前中は休診で、午後からの診療となる。午前中は当院、午後は分院の利用を。