負荷試験?

新学期や入園に備えて、食物アレルギーの指導表を書く作業が続いています。年齢とともに、色々な食品(アレルゲン)を食べることができるようになります。指導表における「除去の解除」は、家で摂取できることを確認してもらうのは当然。保育園で始めて食べさせるという訳にはいきません。
最近、「負荷試験をしましたか?」と聞かれることが多いようです。「入院して、少しずつ食べさせる」というイメージの負荷試験。血液検査や年齢や皮膚の状態、既往歴などを考慮して、「ヨーグルトを1さじからどうぞ」と指導するのも負荷試験です。負荷試験という言葉に惑わされず、医師の指導で除去を解除するというスタンスは大切です。
食べることができても、本人が嫌がって食べない時には、私は強要はしませんね。アレルギーがあって、嫌いで食べない場合は、無理に食べなくてもいいのでは?と思っています。無理に食べさせて、学校で全身に蕁麻疹がでると、数年間は除去することになりますので。