小児かかりつけ診療料

今年の4月に、2年に1度の保険の改正が行われる。診察や検査、薬剤の料金や価格が見直される。話題となる薬価は、財政事情を考えて5%前後のダウンに。多くの医療機関にかかる無駄をなくすため、「かかりつけ医」の普及を目的とした政策が採用されている。その中の1つに「小児かかりつけ診療料」という、いわゆる診察料が設定される予定である。
従来の診察料より割高の料金。対象は継続的に受診している3歳未満の患者さんである。「病気になった時に、最初に受診する医療機関である」ことについて、患者さんの保護者の同意を得ること。この料金は1カ所だけで算定する。つまり、保護者の同意をえた上で、「ここだけですよ」と念を押す必要がある?もう1つは24時間、または午後6時から10時の時間帯に、患者さんからの問い合わせに対して対応することが求められている。私はゆっくり風呂に入りたいし(といってもカラスの行水なのだが)、夕食ぐらいはゆっくり食べたい。携帯が鳴りっぱなし状況は、いささか困る。
という訳で、現状では「小児かかりつけ診療料」をいただくことは無理だと思っている。家内と「すぎなみ」の神尾に相談したが、「ドクターショッピングは問題だが、患者さんの選択権を奪うので、この診療料は取らないでしょう」との返答。今のところ、当院や「すぎなみ」には縁のない診療料である。