日本脳炎ワクチンの特例措置(追加措置)

日本脳炎ワクチン(以下日脳と略す)は2005年5月から2009年6月まで、接種が中止されていた歴史がある。それを前提に「平成7年4月2日から19年4月1日生まれの方は、不足接種分を定期接種として、20歳未満まで接種できる」という、追加措置がある。今回は、更なる追加接種である。
日脳のⅡ期はおおまかに言えば、日脳Ⅰ期を3回接種している9歳から13歳未満の方が対象である。9歳までにⅡ期の問診票が送られてくる。さあ、Ⅱ期をと思って母子手帳を見ると、Ⅰ期が完了していないことに気づく。つまりⅡ期の接種の対象にならない。そこで、
1)平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方が対象。
2)経過措置予診票を取寄せることによって、不足分の接種を定期接種として接種できる。
3)接種可能の期間は、「9歳の誕生日の前日から13歳の誕生日の前々日まで」。
ここで注意してほしいポイントは、3)の接種可能期間である。この特例接種は「9歳を過ぎた方」が、接種の対象となる。この特例に当てはまる方は多くはないだろう。
ヒブや肺炎球菌ワクチン、ロタワクチンなど多くのワクチンが接種でるようになった。接種可能期間や接種間隔などの誤りが起きやすい環境にある。我々も十分な注意をしているつもりだが、人間のやることは100%ということはない。予防接種の説明書を十分に読んでいただき、年齢と接種間隔をもう一度確認して頂きたい。そうすることによって、接種ミスの可能性を減らすことができると思う。