クビキリギス

先日の夜、次女の神尾と松沢病院の周りを散歩していると、病院の草むらから「ジージー」という虫の声。「何の声?」と聞かれて、「アオマツムシかな」と答えたのですが、アオマツムシが鳴くのは6月。はまだ早すぎます。昨夜、散歩をしていると、鳴き声の主が姿を現してくれました。キリギリスより少し細め。口は口紅をさしたように赤。
名前はクビキリギス。車にひかれそうなので、捕まえてカゴに入れました。暗くすると「ジージー」と鳴いていました。キリギリスの仲間で、成虫で越冬する虫です。この季節に鳴く虫は成虫越冬組ですね。キリギリスの仲間は雑食で凶暴。噛みつくと首がとれても離さないことから、この名前が付いたようです。