イチロー

日米通算ではあるが、イチローがローズの記録を越えた。私は日米の差などは気にしない。文句なく大きな拍手を送りたい。レギャラーではなく、年齢的にも体力的にもピークを越えている条件での記録。自己管理という意味でも、素晴らしい記録だと思う。
スポーツ選手の選手寿命は短い。最近では十代選手の活躍が目覚ましく、30歳では高齢選手と呼ばれる。その状況でのイチローの活躍はうれしい。逆に芸術家の、仕事の寿命は長い。作家や画家なども、70歳でも活躍している。私の仕事はどちらかと言えば、作家や芸術家に近い。
筋肉や関節の可動性は、30歳ぐらいから低下してくる。その低下を、いかに少なくするかがテーマ。手ごろにできる運動はウォーキング。1日6000から8000歩、20分ぐらいの早歩きが推奨されている。やり過ぎも関節に悪い。座っている仕事で、通勤もないので、歩数はカウントしている。1日に8000から1万。仕事がら、視力と聴力の維持にも神経を使う。森の中を歩くのが最適。緑の葉を見ながら、鳥の声を聞いて、虫を探しながら歩くのは好きだ。