豊洲市場

築地から豊洲への市場の移転問題。とうとう暗礁に乗り上げてしまった。新鮮で安全な魚介類を入手できるならば、個人的には市場がどこでも構わないと思っていた。東京ガスの敷地に、市場を移転させるには、もともと安全面で無理があった。ベンゼンなどの有害な化学物質は、土壌に残っているはず。そこで、全面的に土を取り除き、汚染されていない土と入れ替える方法を。ところが、盛り土を行わずに、空洞にしたままで、その上に市場を建設。安全面でも衛生面でも、もう一度検証のやり直しになるのだろう。
「誰が勝手に」「誰が建築許可を出したのか」という問題が表面化。せっかく都民の税金で作った建物が、無用の長物にならないことを願っている。今までのお飾り知事のもとでの、やりたい放題。過去3代は何も仕事をしていなかった?私は現都知事にエールを送っている。待機児童の問題にしても、保育士不足の問題にしても、今までになく対応が早い。東京に必要な事は、素早い行動力と、迅速な判断。個人的な好き嫌いの問題ではない。