10年目に突入?

2007年9月23日にこのブログを始めました。今日で9年が終了し、10年目に入ります。内容はともかく、書いた記事は2000を超えています。付き合っていただいて本当に感謝しています。
この9年で心に強く残るのは同時多発テロ、震災と原発事故、母の他界、孫4人、新型インフルエンザ騒ぎ、待機児童問題、「すぎなみ」の開院などですね。この9年間、政治も経済も、そして医療もかなり変化しました。幸いなことに、少し身体にガタがきていますが、私も家内も大きな病気を経験せず、何とか仕事ができています。これは有り難いことです。
一億総活躍社会となって、何だかリタイアしにくい雰囲気になっています。地方は過疎になり、東京に人が集中し、一時的な現象かもしれませんが、保育園不足が問題となっています。この9年でも保育園に預けて、働くお母さんが増えましたね。これからの10年は高齢化と介護の問題が本番に。私も社会を支える一員として、できる範囲で働くつもりです。
生きていく上で必要なものは3Kと書いてきました。健康、お金、家族です。次にあげるとしたら、コニュニティーでしょうか。いわゆる村社会。地域社会、学校、同窓会、医師会、趣味の会など、すべてコミュニティー。この村社会、いわゆる連携がないと、精神的に衰えていきます。認知症になりやすい?このブログのつながりも、1つのコミュニティーだと思っています。情報が一方的で申し訳ないのですが。ラインやツイッターを使った村社会は、私は遠慮したいと思っていますので。
これからも一方的な意見や情報を発信していきます。お付き合いの程、宜しくお願い致します。