マイコプラズマとインフルエンザ

近隣の小学校でマイコプラズマの患者さんがパラパラ。高熱とセキが主な症状である。また、小学校でA型インフルエンザによる学級閉鎖の噂がある。当院では今のところ2名。昨日「すぎなみ」でA型1名との報告を受けた。インフルエンザも高熱とセキが主な症状なので、マイコプラズマと臨床的に鑑別が難しい。周りで何が流行っているかが、大切な情報となる。
10月1日からはインフルエンザワクチンと、0歳児のB型肝炎ワクチンの定期接種が始まる。来週も予防接種がテーマとなるだろう。