B型肝炎ワクチンが10月から定期接種に

10月1日からB型肝炎ワクチンが定期接種となります。
対象:平成28年4月1日以降に生まれた乳児で。
接種期間:生後2か月から1歳の誕生日の前日まで。0か月から定期接種は可能ですが、特別な事情(家族にB型肝炎ウイルスのキャリアーがいるなど)がない限り、2か月からがお薦め。接種票は2か月になって送られてきます。特別な事情がある方は、保健センターに連絡して接種票を取り寄せて下さい。
接種回数:3回接種となります。1回目から2回目の間隔は4週以上。1回目から3回目の間隔は20週以上です。
注意:平成28年4月生まれの乳児は、1歳の誕生日までに3回の接種を終わらせなくてはなりません。接種間隔を考えると、10月になってできる限り早く接種を開始する必要があります。その点を十分に考慮して下さい。
「上のお子がまだ接種していない」と言われる方も。いつかは接種しなくてはならないワクチン。自費になりますが、この機会に一緒に接種はいかがでしょうか。
B型肝炎ワクチンについては、診療時間内のいつでも接種可能です(本院も「すぎなみ」分院も)。