3兆円

東京オリンピックの当初の予算は8000億弱であった。その予算を考慮して、東京オリンピックが開催されることを喜んだ。もしも、3兆円の予算を提示していたら、おそらくオリンピック不要論が展開され、オリンピックは誘致されなかっただろう。ほとんど詐欺まがい行為だ。組織委員会のトップは予算の高騰を棚上げにして、工事を進めようと知事に圧力をかけている。都民が納得するはずはない。
工事費の高騰の背景には、人件費の増加と資材の高騰をあげている。人手が足りなくて、賃金が4倍になっているなら、納得がいくのだが。しかも、オリンピックの開催が決まった当初より、今は20円ほどの円高であり、多くの輸入資材の価格は低下している。3兆円になる根拠は全くないと思うのだが。意図的にかかる費用を低く見積もって、悪く言えば国民を騙した。挙句にお金の垂れ流しで、節約感覚が全くない。この2点に集約されるのだろう。華美な建物は、後で維持費がかかる。税金の無駄遣いは止めて、既存の施設を利用してはいかが?知事の手腕に期待したい。