流行の病気

今週もRSウイルス感染が11名と多く、流行が続いている。RSは1歳から2歳が中心である。マイコプラズマは4名、5歳から11歳で、RSとは年齢層が異なる。特筆すべきは水痘で7名。年齢は4歳から7歳で、予防接種2回接種した患者さんが2名。1回接種組も軽症だが、2回接種組はさらに軽く、発疹自体が数個で、水疱形成には至っていない。2回接種しても、完全に予防することはできないが、2回接種する価値はある。
季節外れの手足口病が7名で、ヘルパンギーナが4名。かなり派手な手足口病である。溶連菌はわずか7名で、嘔吐下痢症が14名。アデノとインフルエンザは0。
乳幼児ではRS、学童期はマイコと水痘に注意というところか?10月から定期接種となったB型肝炎ワクチンは、予想通り接種対象者は多くはない。MRワクチンの接種は何とか継続できている。