ノロ警報

ノロ警報がでた。ノロかどうかは別にして、嘔吐を主訴とする胃腸炎の発症数は、この2週間異常である。保育園や幼稚園、小学校に至るまで嘔吐が広がって、時に学級閉鎖に追い込まれた。家族全滅というケースもある。下痢や発熱を伴うことは少ない。そこに溶連菌や食中毒が混在してくると、話がややこしくなる。点滴に至る症例は少ないのだが、発症数が多いため、1日に何例かは点滴になっている。
今週に入ってまだ2日だが、胃腸炎の発症は少なくなっている。ピークは越えたようだ。冬休みに入る時期なので、次第に減ってくるとは思っているが、クリスマスなどの人の集まるイベントで、流行が再燃する可能性はある。イベントはできる限り避けてほしいのだが。