百条委員会

インフルエンザは先週は73名で、本当に少なくなった。ほぼ流行は終了といったところか。アレルギー検査が多く、この1か月半は診断書を書く作業に追われることになるのだろう。ワクチンの不足もほぼ解決し、問題なく接種ができている。MRワクチンの不足も解消されたが、入手できるワクチンの有効期限が短い?という印象を受ける。出荷制限減がかかっていた影響ではないのか?問題なく、有効期限内に消費(?)できる予定だが。
今日は急病センターの出務が入っていたが、私は用事があり次女の神尾に代行を頼んだ。「点滴あり」との連絡を受けたが、嘔吐で点滴が必要という症例も、先週は数例あった。立川で集団食中毒の騒ぎもあったが、「良く加熱する」「生肉に触らせない」ことが基本。
東京都の百条委員会が開催されるかも?そこまで行くのは珍しいことだが、早く移転問題を決着するには、百条委員会の踏み絵は必要だろう。立ち往生している多くの関係者にとって、時間の無駄であり、税金の無駄でもある。経緯を明らかにして、一歩でも前に進めるといいのだが。