28週目の走行

皆さんに支えられて、今日で27年間の診療を、無事に終えることができました。本当に有難うございました。明日から28年目。28周目の走行が始まります。これからも宜しくお願いします。
27年前は携帯は普及しておらず、車の固定電話がステイタスでした。テレフォンカードを使って電話をしていました。携帯が普及し、パソコンメール、ガラケイ、ブログ、ツイッター、スマホ、フェイスブック、アプリ、そしてAI 。日常の変化はスピーディーで高度になってきました。経済もバブルから、失われた20年を過ぎ、再びバブル状態に。震災や原発事故、民主党政権から小泉政権、安倍政権を経て、憲法9条はもはや風前の灯。医療業界の変化は、政治や経済ほど目まぐるしくはありませんが、確実に変化しています。当時生まれた赤ちゃんが、28歳になるのですから、当然と言えば当然?世代交代が進んでいます。
開業当初は「地域密着型の医療をする」という気持ちは、実感として持っていませんでした。今の若い世代は、車離れが進んでいます。特に震災後は自転車と電車が、移動手段となりました。また、共働きの世代が増え、保育園に通う子供たちが多くなりました。地域密着型の医療がますます必要になったと感じています。28周目はさらに地域密着型になるのでしょう。
28周目の目標は、少しスピードを落としてゆっくり診療することですね。仕事を楽しみたいと思っています。校医や園医の仕事は、神尾と山角の協力を得ています。私と家内、神尾、山角で走っていきますので、28周目の走行、宜しくお願い致します。